冬の沖縄旅行 おすすめスポット!楽しみ方や海の状況!

めんそーれ!沖縄と言えば、青い空!青い海!

シュノーケリングやスキューバダイビングで海を満喫!

そんな夏のマリンスポーツのイメージが強いですよね。

では、冬の沖縄にはどんなイメージがありますか?

実は沖縄では一年中マリンスポーツを楽しむ事ができるんです。

「でも、さすがに寒いんじゃ・・それに冬の海ってどんな感じなの?」

海の状況など、夏場とはどう違うのか、いろいろ気になりますよね。

沖縄には海以外にもたくさん遊べる場所があります。

さらに夏場よりも冬場に行った方いろいろ得する事もあるんですよ。

今回は、冬の沖縄旅行のおすすめスポットや、冬のマリンスポーツについて詳しくご紹介致します。

Sponsored Link

冬の沖縄は、夏場とどう違うの?

常夏の島、沖縄ですが、どちらかと言うと夏の暑い時期を多い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

まずはおすすめスポットのご紹介の前に夏の沖縄と冬の沖縄の違いをご紹介していきます。

冬の沖縄旅行の参考にしてみてください!

海に入る時はウェットスーツになる

暖かいイメージの沖縄ですが、さすがに冬場はやっぱりそれなりに寒いです。

内地で言えば、秋くらいの寒さになるので、さすがに水着一枚で海に入るのはちょっと寒いです。

暖かい日は気温が25度くらいの時もあるので、運がよければ水着だけでも海に入れる日もありますが、基本的に沖縄でも冬場でマリンスポーツを楽しむ時は、ウェットスーツを着用する人が多いです。

ウェットスーツなら、保温効果があるので、寒さをあまり感じずに、シュノーケリングやバナナボートなど、マリンスポーツを目一杯楽しむ事ができます。

ツアーで行く場合は、ツアー会社が用意してくれます。

海のキレイさは?

季節や時期によって海の透明度って変わってきますよね。

キレイな海を見るのが目的で沖縄に行く人も多いですから、海の透明度やキレイさは気になるところ。

実は、沖縄の海は冬場の方が透明度が高くてキレイなんです。

理由は、夏よりもプランクトンの量が減るため透明度が上がる事と、冬場は台風がないので、海底の砂が上に上がってこないからです。

冬でも楽しめる?

純粋にマリンスポーツを楽しみたいなら、混雑する夏場よりも、比較的人の少ない冬場がおすすめです。

人気のスポットでも人が少ないので、周りを気にする事なくゆっくり楽しむ事ができます。

また、旅行代金も夏場よりも格安になる事が多いので、できるだけ出費を抑えたい人はぜひ冬場に。

台風でマリンスポーツができなくなったり、旅行自体がキャンセルになってしまう可能性もないので、そういった面でもおすすめの次期です。

Sponsored Link

沖縄の海以外のおすすめスポット

沖縄の良いところは海だけじゃありません。

他にも沖縄ならではの、遊べるスポットがたくさんあります。

定番から穴場スポットまで幅広くご紹介してきます。

美ら海水族館

沖縄の定番観光スポットです。

マリンスポーツが目的で沖縄に来た人も、「ついでに行ってみるか」という人が多いので、夏場はとにかく混雑しています。

冬場は比較的落ち着いているのでゆっくり楽しむ事ができ、天気を気にする必要もないのでおすすめです。

美ら海水族館と言えば、なんと言っても目玉は、ジンベイサメとナンヨウマンタです。

世界最大級の水槽で悠々と泳ぐその姿は、壮大で圧倒されます。

【詳細情報】

■:美ら海水族館

■住所:沖縄県国頭郡本部町字石川424番

ガンガラーの谷

Aym Kzさん(@kz.aym)がシェアした投稿

ガンガラーの谷は数万年前まで鍾乳洞だった場所です。

その鍾乳洞が崩れて、現在は自然が残る美しい森に姿を変えています。

谷の中には豊かな自然が残っており、ダイレクトに森の息遣いを感じる事ができる神秘的な場所です。

パワースポットとはまさしくこの場所ではないでしょうか。

これだけの自然に囲まれた空間に、パワーがないはずがありません(笑)

ガンガラーの谷へは、ガイドツアー付きで、1時間半ほどかけてゆっくり散策する事ができます。(ツアー以外での入場はできません)

イナグ洞や、イキガ洞など、太古の歴史を感じる洞窟や、「森の賢者」と称えられるガジュマルの木を身近で観る事ができます。

また、スタッフが作った秘密基地のようなツリーテラスもあり、そこから見る森と海の景色は圧巻です。

谷の入り口には「ケイブカフェ」というオープンカフェが併設されており、洞窟の中がライトアップされていて、何とも幻想的な雰囲気です。

カフェのみの利用はできませんが、ツアーの時にドリンクやスイーツなどを楽しむ事ができます。

大自然の中でカフェなんて贅沢ですよね。

【詳細情報】

■:ガンガラーの谷

■:住所:沖縄県南城市玉城字前川202番地

第一牧志公設市場

せっかく沖縄に行ったら、そこでしか食べられない地元の食材を満喫したいですよね。

そんな人にぜひ立ち寄ってほしい場所がこちらの市場です。

「那覇県民の台所」として親しまれている沖縄の食材の宝庫です。

100店舗ほどのお店が立ち並んでいて、いつ行っても活気があり大勢の地元の人や観光客で賑わっています。

市場には普段内地では目にしない珍しい魚や、南国ならではの果物、ミミガーと言われる豚の耳なども売られていたり、豚の頭がそのまま置かれていたりもするので、見て歩くだけでも飽きません。

パパイヤやゴーヤなどの漬物も売られており、気前の良い店員さんにいろいろ味見もさせてもらえます。

また、市場の二階では、複数の飲食店もあり、ゴーやチャンプルーやヤギ汁などの沖縄料理を食べる事ができます。

さらに、別に調理代を支払えば、一階で購入した食材をお店で調理してもらう事もできます。

自分で買った食材をすぐに調理してもらえるので、新鮮なままで食べる事ができます。

【詳細情報】

■:第一牧志公設市場
■住所:沖縄県那覇市松尾2-10-1

Sponsored Link

やちむんの里

@freesia.y.oがシェアした投稿

沖縄のやちむん(焼き物)の工房です。

伝統工芸の世界に触れる事ができます。

豊かな自然の中にある赤い瓦の工房。

敷地内では、運がよければ職人の釜詰めの様子などを見学する事ができ、出来上がった焼き物を直売所で購入する事もできます。

かわいい小皿やポットなどいろんな種類があるので、お土産にもピッタリです。

やちむんの里にはカフェも併設されていて、かわいい雰囲気のお店ではギャラリーを見ながらドリンクやスイーツを楽しむ事もできます。

また、車で5分の陶眞窯では、職人さんの教えの元、作陶体験をする事もできます。

焼き上がりは一ヶ月後なので、それまでは出来あがりを楽しみに待ちましょう。

【詳細情報】

■:やちむんの里

■住所:沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1

琉球温泉 瀬長島ホテル

あまりイメージがないかもしれませんが、沖縄でも温泉を楽しむ事ができます。

那覇空港から車で15分のところにある瀬長島は、美しいサンセットで有名ですが、この島の高台にあるのが琉球温泉 瀬長島ホテルです。

瀬長島ホテルでは、沖縄一の夕日を見る事ができ、オーシャンビューの天然温泉を楽しむ事ができます。

おすすめは昼間から夕方までの入浴。西海岸に広がる広大な海は、ため息が出るほどの美しさです。

レストランでも、広大な西海岸のロケーションを満喫しながら、沖縄の食材を贅沢に使った多彩な料理を楽しむ事ができます。

スパやエステもいろんなコースから選ぶ事ができ、贅沢な一時を過ごす事ができます。

女性におすすめのホテルです。

【詳細情報】

■:琉球温泉 瀬長島ホテル

■住所:沖縄県豊見城字瀬長174-5

豊崎海浜 公園SUNビーチ

イルミネーションが楽しめる公園です。

4つのエリアに分かれていて、それぞれ違うテーマに沿った空間が演出されています。

100メートルの光のトンネル「光のガーデンイルミネーション」や、10mの光のツリーが出迎えてくれます。

沖縄ならではの、熱帯魚のイルミネーションなども見る事ができますよ。

昼間アクティビティで目一杯遊んだ後、最後にイルミネーションでロマンティックな気分で終わるのもいいですよね。

【詳細情報】

■:豊崎海浜 公園SUNビーチ

■住所:沖縄県豊見城市字豊崎5-1

 

冬の沖縄も楽しいスポットが盛りたくさんです!

外を歩くにはちょうどいい気温なので、いろんな場所に行って沖縄を満喫しましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA