夏フェス2018はいつ?始めていく際に気をつけることは?

113729
音楽好きな人なら一度は行ってみたい夏フェス!!

でもどんなフェスがあって、いつやってるの?何を気をつけた方がいいの?と分からないからなかなか踏み出せない…そんな人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方にぜひ今年こそ夏フェスに参加できるよう夏フェスについてご紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

どんな夏フェスがあるの?

音楽にジャンルが沢山あるように夏フェスも沢山あります。

そこで今回は一度は耳にしたことがあると思う

代表的な夏フェスと私のおススメの夏フェスをpick upしていきたいと思います!

FUJI ROCK FESTIVAL

2018年7月27日(金)、28日(土)、29日(日)

新潟県 苗場スキー場

日本のロック・フェスティバルの先駆けであり「フジロック」の名で広く知られています。

「ロック」フェスと銘打っていますが実際はロックだけに限らず、ポピュラー音楽や和太鼓、ジャズ、民族音楽等
広く網羅した音楽が売りのフェスとなっています。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL

2018年8月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)

茨城県 国営ひたち海浜公園

通称「ロッキン」の名で知られる国内最大の野外ロックフェスティバルです。

日本で活動するロック・ポップス・ヒップホップなどのバンドやJ-POPの歌手が出演しています。

ロッキング・オン代表取締役社長である渋谷陽一氏の「日本人アーティストだけでロックフェスを行いたい」という考えを実現した形がはじまりとなっています。

SUMMER SONIC2018

2018年8月19日(土)、20日(日)

千葉県 ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪府 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)

通称「サマソニ」で知られる国内で最も代表的な夏フェスではないでしょうか?

ロッキンとは対照的に当初は洋楽ロックを中心として始まりましたが、現在は音楽ファンの趣向変化・多様性に合わせてジャンルレス化しつつあります。

中高生向きのアーティストから高齢のベテランアーティストまで出演するような様々な年齢層の人が楽しめるようなフェスとなっています。

氣志團万博2018

2018年9月15日(土)、16日(日)

千葉県 袖ヶ浦海浜公園

ヤンキ―系ロックバンドである氣志團が主催するロックフェスですがこちらはバンドだけでなくアイドルや豪華歌手も参加します。

なんと今年もモモクロやゴールデンボンバーをはじめ豪華ゲストが満載!

非常にバラエティーにとんだロックフェスです。

イナズマロックフェス2018

2018年9月23日(土)、24日(日)、25日(月)

滋賀県烏丸半島芝生公園

T.M.Revolutionこと西川貴教さん主催のロックフェスです。

彼が「音楽を通じて地元に」恩返しをしたい」ということからはじまりました。

イナズマの由来は滋賀県の「滋」の一部が稲妻に見えることが由来だそうです。

Sponsored Link

夏フェスでのマナーって?

基本は炎天下の中での公演なので一人一人のモラルがとても重要になってきます。

助け合い精神が非常に大切なのが夏フェスです。

自分の目当てのアーティストではない場合は前を譲る

会場にもよりますが基本的に夏フェスは座席指定なしのスタンディングオベーションです。

そのため、混み合っていなければ自分の好きなアーティストの時には前に行ってもOKだという暗黙の了解があります。

ただし、割り込みはや目当てのアーティストさん以外での前の占領は禁止ですので自分の好きなアーティストさんの前に交渉してみるのもいいでしょう。

私の友人はなんと花道の前を譲っていただきアーティストさんを目の前で見ることができたそうです。

水分補給は小まめに!お茶はNG

夏フェスは野外で長時間にわたり行われますので水分補給はとても大切です。

なぜお茶がNGなのかといいますとお茶は利尿作用があるため逆に体から水分を排出してしまう恐れがあります

ただのミネラルウォターですと塩分が取れないため体内の電解バランスが崩れ、熱けいれんを起こし痛い思いをすることになります。

そのため、一番良いのはスポーツドリンクをおススメします。

突然の雨にも大丈夫なように合羽の準備!

野外は屋根がなく、傘は周りの人の迷惑になります。

また、ライブの途中で突然の通り雨になることも多いので合羽は持って行きましょう!

また、タオルや着替えも念のためあると安心です。

私もあるアーティストさんの野外ライブで富士急まで行ったのですが雨に濡れてなおかつ周辺が山なので少し肌寒い思いをすることになりました。

着替えがあったのが唯一の救いでした。

トイレは混むので余裕を持って行こう

基本的にロックフェスはあまり立地的には不便な場所が多くトイレの数が少ないこともあります。

トイレに並んでいる中目当てのアーティストさんのライブが始まってしまったらショックですよね。

ただでさえ、暑い中水分補給をとりトイレに行きたくなりやすいので余裕を持ちましょうね。

帰りの切符やICカードのチャージの準備はしておこう

フェスは基本的に大掛かりなものなので来客も沢山います。

電車で帰宅される方は駅に人が混雑するので事前に購入しておくことをおススメします。

特に遠方から来ていて終電までに帰れるか心配という方はこんなところでタイムロスするのはもったいないので
しっかり準備しておきましょう!

 

今回は私の好きな音楽の話なので結構熱く語ってしまいましたがいかがでしょうか?

この記事をきっかけに夏フェスに行ってみよう!という読者の方がいましたら嬉しいです。

私も実はいくつか候補に入れているフェスがあります。

お互い最高にROCKな夏を送りましょう!!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA