neta-life【ネターライフ】

新宿エイサーまつり2015|日程や場所、屋台などの出店情報

読了までの目安時間:約 4分

084917

 

新宿エイサー祭り!!今年も熱く開催されます。
なんといっても踊りがすごいです。見に行きましょう。

 

エイサーというと沖縄を連想すると思います。

新宿エイサー祭りも沖縄で旧盆に先祖の霊を送り出す、
「家内安全、無病息災、繁栄」を祈る儀式として行われている
伝統行事「エイサー祭り」が2001年に
東京に招かれ東京新宿で行われるようになりました。

 

歴史は浅いのですが、場所が新宿ということもあり、

年々踊る人数も増えて100万人以上がの人出があります。

 

大小ある太鼓の音に合わせて男女の手踊りや三線、地謡、道化役など
様々な役が大きな隊列を組んで町の中を通り回る光景は圧巻ですよ。

特に大きく鳴り響く太鼓の音はおなかに響き、
人間本来のいきるエネルギーのようなものが感じられます。
踊っている人だけでなく、見ている人にも元気を与えてくれますよ。

 

Sponsored Link

日程

 

日程:2015年7月25日(土)12:00~20:00
住所:新宿区  新宿駅東口および西口周辺と歌舞伎町
お問い合わせ先:新宿エイサー祭り運営事務局
03-6416-3533
アクセス:JR都営地下鉄大江戸線・京王線・小田急線「新宿」駅

 

祭りの様子

 

●踊りの様子
踊りの隊列は、旗頭・太鼓・小鼓(パーランクー)、
男女の踊り・三線と歌い手のジウテーと続きます。
道化役と呼ばれる踊り手が出演し、その道化役の踊りには物語があり、
その深い伝統と文化を感じられる踊りになっています。
そんな踊りが大きな隊列となって町を練り歩くのです。
エイサーは太鼓打の中心を回りながら踊る円形舞踊が基本スタイルです。
その隊列が縦になったり横になったり変化していくので、
展開が目まぐるしく、結構激しいものになっています。

 

●観覧場所
車道いっぱいで踊っているので、観覧は歩道で見ることになります。
立ち止まって見ている人がいるので、とても混雑します。
13:00から東口のアルタから伊勢丹を通って明治通りの先まで
たくさんのエイサー踊りを見ることができます。
16:00には昼の部の踊りは終わりです。
夜は東口ではビックカメラの裏・元コマ劇場前・ビックカメラから
靖国通りに抜ける道が会場になり、
西口では小田急ハルク裏、三井ビル前が会場になります。
夜の部は会場が点在していて歩きながらいろんなチームを見ることができます。

 

●屋台情報
このお祭りは屋台は普通のお祭りのようには出ませんが、
普通の飲食店も多い通りなのでそこで食べたり飲んだりとても楽しめますよ。

 

 

とにかく人が多く活気のあるお祭りです。
一緒に行った人たちが迷子にならないように
あらかじめ集合場所を決めておいたほうがいいと思いますよ。
是非、一度新宿エイサー祭を楽しんでください。

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: