十五夜2018年の日付はいつ?何をする日なの?

プリント

最近ふと夜空をみていたら綺麗な満月が出ていました。

満月がきれいだなぁと思って見ていたのですが、ふとあることを思い出しました。

十五夜っていつだっけ?というより十五夜ってなんだ?

皆さんは十五夜って何をする日なのか知っていますか?

正直私も良く分からなかったので、今回は十五夜について詳しく調べてみました。

そして2018年の十五夜はいつなのかも紹介します。

Sponsored Link

2018年の十五夜はいつ?十五屋ってどんな月?

では早速ご紹介していきたいと思います。

まず2018年の十五夜は9月24日(日)にやってきます。

本来十五夜というと満月のことなので年に12回または13回巡ってきますが、特に旧暦の8月の月が一年で一番空気が澄み渡り、月がきれいに見えるので平安時代からお月見の宴が催されていました。

その後、江戸時代から収穫祭として親しまれるようになり、十五夜と言えば、旧暦の8月15日を指すようになりました。

旧暦の8月15日を新暦に置き換えて、9月15日に十五夜の行事をするところが多いのですが、正確には9月中旬から10月上旬の間に旧暦の8月15日はやってきます。

Sponsored Link

実際に十五夜は何をするのでしょうか?

0352-otsukimi_family

日頃は月を見る余裕さえないのが現代の日本人かもしれません。

しかし、月が出ていること収穫があること、そのほかいろんなことに対して感謝をしながら、月の光に照らされてみてはいかがでしょうか。

普段は味わえない、贅沢な時間が過ごせるかもしれません。

十五夜を楽しむための方法をあげておきます。

《お供え物》

月は風雅の対象だけでなく、信仰の対象でもあったため、お供え物をするようになりました。

一番おなじみなのは、やっぱりお団子でしょうか。

定番の月見団子があげられます。

月見団子が丸いのは、満ち欠けをする月が満ちる姿を表そうとしているからです。

豊作祈願や収穫祝いだけでなく、物事の成就、健康、幸せも表しています。

お供えする数には2つの説があって、満月の数である12か、十五夜から由来した15という説です。

大きさは、一寸五分(約4.5センチ)の大きさが縁起がよいとされています。

丸く作るのですが、まん丸だと、死者の枕元に備えるだんごと同じになってしまうので、ほんの少しつぶすことをおすすめします。

月見団子はちょっとという方はどらやきでも、月餅でもご自分が月見ムードを盛り上げてくれると思う

丸いものならなんでもいいと思います。

ほかには、芋やこの時期にとれた野菜や果物をお供えするといいと思います。

《ススキも飾る》

ススキは神様の依り代と考えられています。

ススキの鋭い切り口が魔除けになるとされています。

《飾るポジション》

月見台というものを作ります。

月を眺められる場所があれば、そこがベストポジションです。

 

形式にこだわらず、月や月の明かりを十分に楽しめる場所を探しましょう。

日本人はとても自然を愛し、自然を楽しむ人種です。

ゆっくりと月の暖かさ、清さを楽しみましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.