2016年 隅田川花火大会

neta-life【ネターライフ】

2016年隅田川花火大会は有料席や協賛席で見よう!

読了までの目安時間:約 5分

0711-030673
毎年、テレビ中継される隅田川の花火大会

 

隅田川の花火大会といえば、日本を代表する花火の一つと言ってもいいでしょう。

 

今年こそは実際に見てみようと思っている方は多いのではないでしょうか。

 

ということで今回は2016年の隅田川花火大会について色々とご紹介します。

Sponsored Link

2016年隅田川花火大会の日程

 

ではそんな2016年の隅田川の花火大会の開催日はいつか?

 

毎年7月の最終土曜日に開催されますので、今年は7月30日(土)ということになります。

 

小雨決行ですが、大雨や台風の時は次の日の7月26日(日)に変更になるようです。

 

時間は19:05~20:30の一時間半。
約二万発の花火があげられるそうです。

 

 

浅草駅やスカイツリー駅からのアクセスが抜群なので、毎年約90万人以上の人があふれ、大変な混雑が予想されます。

 

せっかくおしゃれしていっても人を見に行くようですね。
また、小さなお子さんが一緒だともみくしゃにされるのではないかと心配です。

 

Sponsored Link


有料席や協賛席について

 

では、有料席や協賛席はないのでしょうか?

 

それは...実はあるんです。

 

冷房がきいていて、ゆったり花火が見られる最高の場所は東京スカイツリーです。
花火大会当日は特別営業され上空450メートルからの花火を眺めることができるのです。

 

ただ、残念なことに入場者限定のためチケットはなかなか手に入らないかもしれません。
でもトライしてみる価値は大いにあります。

 

 

もう一つは矢形船です。1名より利用可能ですので、飲み物や食事がついたコースでゆっくりと
見て楽しむのもいいと思います。

 

江戸時代に戻ったかのような気持ちになれるかもしれませんね。

 

どちらの場合も、早くチェックしてみてください。

 

Sponsored Link

穴場スポットは?

 

ではほかに花火を見る穴場を見てみましょう。

 

地元の人が北側公園と呼ぶ浅草小学校脇の公園
最寄り駅は浅草駅で、そこから徒歩3分の場所にあります。

 

 

次に考えられるのが浅草寺です。
見物客の大半が隅田公園や水戸街道側に流れるので、意外に境内の混雑は緩和されています。
早めにいって花火が見える場所取りをなさるといいと思います。

 

 

また、東白髭公園もあります。
人から聞いた話によると、無料でござを貸してくれるそうです。

 

 

銅像堀公園は花火の爆音を楽しみたいという人にはいい場所です。
高速道路の高架下にある公園です。
周辺は工場ばかりなので意外にみなさん知らないのではないでしょうか。

 

 

座ってみたり、家族でゆっくりと見たい人は汐入公園がおすすめです。
花火会場からは少し離れるので、ダイナミックさにはかけるかもしれませんが、花火自体はちゃんと見えます。

ここも早めにいって場所取りをしましょう。

 

 

ちょっと離れますが、有名な両国国技館周辺も混雑が少なく花火が見える場所です。

 

 

いずれの場所も早くチェックして場所取りをされるといいと思います。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: