デブ・太っている男の冬服の着こなし!おしゃれなおすすめコーデ!

太っている男性は、痩せている男性に比べてコーディネートの幅は狭くなってしまうものの、おしゃれに着こなせるアイテムがたくさんあります。

清潔感があって周りから好感を得られるコーディネートを組むことで、健康的な体格の良い男性という印象を与えることができます。

今回は太っている男性におすすめのおしゃれなコーディネートをアイテムと共にご紹介します。

Sponsored Link

まずは体型に合ったサイズを選ぼう!

太っている男性は、自分の体型よりも大きいサイズの洋服を選びがちです。

ここ近年、オーバーサイズのファッションが若者の間で流行の兆しを見せていますが、太っている男性がより大きなサイズの洋服を着用すると、肩幅が合わず不自然に袖が落ちてしまいます。

さらに、半袖シャツにも関わらず、袖口がまるで七分袖を着ているようにひじ下にまで及んでいることがあります。

サイズの合わない洋服は不潔な印象を与えるだけでなく、だらしないイメージもプラスしてしまいます。

中には「体型に合ったサイズを選ぶと太っているのがバレてしまうから」と、大きいサイズを選んでいる人もいるかもしれません。

しかし、大きいサイズを着用すれば体型がカバーできるという考え自体が間違えています。

洋服を選ぶときには、デザインやシルエットも大事ですが、まずは自分の体型に合ったサイズを選ぶことを意識しましょう。

Sponsored Link

身体の細い部分を強調しよう

太っている男性が冬服を着こなすには、身体の細い部分を見せて着やせ効果を得ることが重要です。

身体の細い部分まで隠してしまうと、何を着ても太って見えてしまいます。

着やせ効果を得るためには、「足首」「首元」「手首」を見せるようなコーディネートを意識しましょう。

例えば、ボトムスはロールアップデニムを履く、トップスはVネックを選ぶ・シャツは袖をめくって着用するなどを意識すると、細い部分を見せることができます。

冬の寒い時期に袖をめくることは難しいですが、Vネックのトップスを選び、マフラーなどの小物で防寒をしっかりするなど、ひと工夫することで着やせ効果が得られます。

Sponsored Link

太っている男性におすすめ!おしゃれな洋服4選

それでは実際に太っている人におすすめの服を厳選しました!

今からご紹介する服を参考に着こなしを考えれば割とおしゃれになるかもしれません!

是非ご覧ください!

ローライズストレッチ美脚パンツ

太っている男性におすすめのおしゃれな洋服1着目は、ローライズストレッチ美脚パンツです。

「立ち姿が美しくなる洋服」をコンセプトに作られたパンツで、すっきりとしたシルエットが魅力的な1着となっています。

バックスタイルにこだわってつくられているのも、人気を集めている理由の一つです。

美脚&美尻効果が得られるよう、計算された位置にジップがあしらわれており、視線をヒップのやや上に集めることができます。

視線を上に向けることによって、さらに足長に見え、スタイルアップにつながります。

ジップのカラーは、それぞれパンツとは異なるカラーを採用し、ボディカラーに映えるように使い分けられているのもポイントです。

すっきりしたシルエットですが、ぴたっとし過ぎていませんので、太っている男性が着用しても程よいフィット感を得ることができます。

Vネックニットやシャツ、アウターなどどんなトップスとも合わせやすいデザインとなっていますので、冬の寒い時期にも着回ししやすいですよ。

カラーは6色展開となっており、S~5Lサイズまであります。

モノトーンカラーを選ぶことでより引き締まった印象に仕上がります。

軽量ダウンジャケット

太っている男性におすすめのおしゃれな洋服2着目は、軽量ダウンジャケットです。

DOWN(ダウン)80%、FEATHER(フェザー)20%でつくられたダウンジャケットは、軽くて薄くて温かいという三拍子が揃っており、1年中活躍することができます。

寒い季節にはインナーダウンとしてアウターの下に重ねて着用できますので、防寒対策もばっちりです。

ダウンジャケットと聞くと分厚くてモコモコと厚みのある印象ですが、このダウンジャケットは厚さが僅か1センチしかありません。

コンパクトなシルエットになりますので、体型の気になる男性が着用しても太って見える心配がありません。

お出かけに着用するのはもちろん、部屋着や避暑地の冷え対策としても活用できます。

シンプルなデザインのため、合わせるアイテムによって様々な着こなしができます。

デニムパンツやチノパンとの相性も良く、ボトムスを選ばない点もおすすめポイントのひとつです。

カラーは「ネイビー」「ブラック」「レッド」の3色展開となっています。

同系色でコーディネートを組むのも良いですが、ブラックやネイビーなどのダークトーンカラーには、ベージュなど比較的明るめのカラーのパンツを合わせるとおしゃれになります。

一方で、はっきりとしたカラーのレッドの場合は、ブラックのパンツやデニムなど、落ち着いた色合いのものを合わせるのがおすすめです。

さらに、アウターと靴のカラーを合わせると全体が整って見えますので、靴はダウンジャケットと同系色を選ぶと良いでしょう。

Daniel Dodd(ダニエル・ドッド)のクレージーパターンニットロングシャツ

太っている男性におすすめのおしゃれな洋服3着目は、Daniel Dodd(ダニエル・ドッド)のクレージーパターンニットロングシャツです。

ニットの切り替えが個性的なクレージーパターンニットで、異なる編み方とカラーの組み合わせがおしゃれな1着です。

カラーだけでなく編み方にも変化が加わっていることで、1枚で着ても存在感のあるコーディネートに仕上がります。

アウターとの相性も良く、デニムジャケットやダウンジャケット、コートなど様々なアイテムに合わせることができます。

ニット素材で少しゆとりのあるデザインになっていますので、パンツはデニムよりもテーパードパンツやチノパンなど、スタイリッシュに見えるデザインのものを選ぶのがおすすめです。

カラーは「ネイビー」と「ホワイト」の2色展開になっています。

ホワイトは腕の部分が白く、全体的に明るく見えますので、アウターやボトムスに暗い色を持ってくると着やせ効果が期待できます。

ネイビーは全体的に落ち着いた色合いですので、同系色でコーディネートを組んだり、アウターやジャケットにさし色を加えると良いでしょう。

お値段は少し高めかもしれませんが、着回しのきくおしゃれなデザインとなっていますので、1着持っておくと良いかもしれませんね。

Sartoria Bellini(サルトリア ベリーニ)のバイカラーシャツ

太っている男性におすすめのおしゃれな洋服4着目は、Sartoria Bellini(サルトリア ベリーニ)のバイカラーシャツです。

シンプルなデザインでありながらも、バイカラーが目を引く遊び心のある1着です。

胸元から切り替えになっており、異なる色味のバイカラーでデザインされていますので、胸元に視線を集めることができます。

お腹周りに視線が行きにくくなるため、体型をさりげなくカバーできます。

シャツはマスタードとワインの2色が展開となっていますが、どちらもインパクトのあるカラーです。

そのため、アウターやパンツは柄の入っていないシンプルなアイテムを選ぶと良いでしょう。

中には寒い冬にシャツを着回すのは難しいと感じる人もいるでしょう。

しかし、このシャツは微起毛素材でウォーム感がありますので、寒い冬の時期にもおすすめです。

暖かいインナーを着用してアウターとして着るも良し、ボタンを全部閉じてニットの下にインナーとして着るも良しです。

アウターとの相性も悪くないため、シンプルなカラーのダウンジャケットやコートと合わせるとおしゃれに仕上がります。

どちらのカラーのシャツも、暗めの色のパンツを選ぶことで全体が引き締まって見えます。

一見コーディネートが難しそうに見えるカラーですが、シンプルなアイテムを合わせることによって、ワンランク上のおしゃれな雰囲気を出すことができます。

体型に合った洋服を選んで冬の着こなしを楽しもう!

太っている男性だからこそ着こなせる洋服やコーディネートがたくさんあります。

自分の体型に合った洋服を選んで、全体のバランスを見ながらコーディネートを組んでみてください。

きっと素敵な着こなしができるはずです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.