neta-life【ネターライフ】

パンツルック女性の心理!きついパンツを履く3つの理由!

読了までの目安時間:約 11分

 

今は割とパンツルックでもゆるふわ系のシルエットが柔らかいものが流行っていますが、同時にきついパンツを履いている女性も多いですよね。

 

パンツルックの女性はクールな印象が強いですが、なぜ女性はきついパンツをあえて履くのでしょうか?

 

苦しくないのかな?脱ぎ着しにくくないのかな?など疑問は絶えませんが、今回はそんなパンツルックの女性の心理ときついパンツを履く理由を3つご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

パンツルックの女性の心理とは?

 

女性のファッションはパンツだけではなくスカートもあるのに、あえてパンツしか履かない人は結構多いものです。

 

しかし、なぜ女性はたくさん選べるファッションスタイルの中でパンツルックを選ぶのでしょうか?

 

それではまず、パンツルックをする女性の心理を見ていきましょう。

 

男に負けたくない

 

パンツルックを好む女性は総じて仕事を頑張っている人に多く見られ、その心理の中に「男性に負けたくない」という気持ちが隠されています。

 

スカートではなくパンツという男性に近い格好をすることで、より彼らと同等の扱いを得られるようにしているのです。

 

そしてより男性的に働くことができ、引けを取らない活躍ができるというわけなのですね。

 

最近では外回りなどがある仕事では、制服私服を含めてパンツルックのスーツスタイルが多くなっています。

 

またパンツルックにすることで性的な目で見られることも少なくなるので、仕事に支障が出るのも最小限に抑えられます。

 

健康的で活動的にみられたい

 

パンツルックの女性の特徴として、アクティブで健康的なイメージがあります。

 

スカートよりも動きやすい服装をすることで、より活動的に見られるのですね。

 

健康的に見られることで仕事での評価や評判もアップし、さらに活躍していくことができます。

 

特に今まで可愛らしいスカート派で弱々しいイメージだった女性がパンツルックに切り替えることで、相当なイメチェンをすることができるのです。

 

女性的というよりは同じ立場になって話せる印象に変化するので、実はとっつきやすくなって逆にモテてしまうといったことも起こり得ます。

 

Sponsored Link

 

パンツルック女性はなぜきついパンツを履くの?

 

パンツルックの女性はいつもきついパンツを頑張って履いているイメージがありますが、男性側から見れば苦しそうで無理をしているようにしか思えません。

 

スカートの方が開放感があって良いのでは?とついお節介な考え方をしてしまいますが、実際女性たちはなぜきついパンツを履き続けるのでしょうか?

 

その理由を3つに分けてご紹介していきます。

 

少しでも細く見せるため

 

きついパンツを履くことで、脚を長く細く見せることができます。

 

スキニーパンツも脚長効果が期待できるファッションアイテムなので、一時期はとても流行りましたよね!

 

またきついパンツは脚を引き締めてくれる効果も期待できるので、さらに脚が細く見えるのです。

 

ダークカラーをチョイスすると色の効果で、より引き締まって見えることからブラックのスキニージーンズがとても人気でした。

 

世の女性たちは脚が少しでも細く長く見えるように、ファッションアイテムを工夫しながら努力しているんですね。

 

体の線をあえて出して体型維持をするため

 

良くミニスカートを生脚で履くと、脚が細くなるということを聞いたことがありませんか?

 

これは人からの視線をあえて浴びることで、より意識が高まって体型維持ができるという理由から言われていることなのです。

 

きついパンツもこの原理と同じで、体の線が良く出るので人の視線を感じやすくなります。

 

このことで「これ以上太ってはいけない!パンツルックが似合う女性にならなければ!」という意識が出てくるんですね。

 

よく脚が太いのがコンプレックスだから、隠すために体の線が出ない服を着ようという思考になります。

 

しかし体の線が出ないことで自身でも体型の変化に気付きにくく、知らないうちに太ってしまうことがあるのですね。

 

女性は人に見られることで、さらに綺麗になっていくものなのです。

 

アクティブに動けるから

 

特に体型などを気にするわけでもなくパンツルックが好きな女性は、ほとんどがアクティブに動けるからという理由で履いています。

 

スカートのように風でめくれたりするのを気にしなくても良いですし、しゃがんだり屈んだりするのも自由自在です。

 

特に体をよく動かす活動的な女性はいちいちスカートを直したりするのはストレスに感じることが多いので、パンツルックしか興味がないという人もいます。

 

仕事で体を動かす人や育児中などは、パンツルックの方が機能的ですし快適ですからね!

 

Sponsored Link

 

男性はパンツルックの女性をどう思ってる?

 

女性側からしてみればパンツルックは楽だし細かいことを気にしなくて済むのでとても馴染みのあるものですが、世の男性たちはどう思っているのでしょうか?

 

女性とは視点が違ったり思わず「そんな風に思ってたの?」ということがあるかもしれませんが、参考にしてみてくださいね。

 

スカートの方がいい

 

男性としては正直な意見だと思いますし、現に7割以上の男性はパンツルックよりもスカートの方が好きだと答えています。

 

理由はパンツルックだと女性らしさが減ってしまう、また気が強そうなど敬遠してしまう男性も多いようですね。

 

ですがいつもスカートなのに、たまにパンツルックの女性を見るとギャップで萌えるという男性が多いのもポイントです。

 

どちらかに偏るのではなく、交互に履いたりたまにパンツルックにすると喜ばれるかもしれないですね。

 

苦しそうで理解できない

 

男性から見れば女性の履いているきついパンツはとても苦しそうで、見ているだけで息が苦しくなりそうという意見もありました。

 

中でもワンサイズ小さいものを履いている時は、しゃがんだり座るたびに太ももの部分が悲鳴をあげているようでいつか破れるのではないかと心配になるという声もありました…。

 

女性のパンツルックについて、男性は結構細かいところまで気にしてくれているんですね。

 

ただこれはきついパンツのスキニータイプに限っての意見で、ボーイズデニムなどは特に苦しそうには感じないので気にならないようです。

 

体の線が出過ぎて狙ってるのかと思う

 

きついパンツはスカート以上に体の線が出るので、逆にそれを狙っているのかと興奮する男性も多いようですね。

 

女性としてはこのように考えることはなかなかありませんが、中には意識しすぎていてあざといと感じる人もいるのが現状です。

 

満員電車だと実はスカートに次いでスキニーパンツも痴漢に遭いやすいといいますから、きついパンツを履く際は少し長めのトップスやアウターを選ぶなど工夫が必要かもしれないですね。

 

 

以上になります!パンツルックの女性の心理ときついパンツを履く理由を3つご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

パンツルックの女性の心理として男性に負けたくなかったり、健康的に見られたいという思いが隠されています。

 

女性たちの考えは脚を細く長く見せないという願望や体型維持、そして単に動きやすいからという意見が多いですね。

 

しかし男性からはスカートの方が良い、体の線を出し過ぎて狙ってるの?また苦しそう…などと心配する声が出ています。

 

パンツルックの場合はイメージがどうしても先行しやすいので、たまにスカートを履いたりしてギャップの魅力を小出しにしていくと良いでしょう。

 

ただやはり体を動かす必要のある人は、きついパンツだけではなくボーイズなどのゆるいパンツも併用していくと良いかもしれないですね。

 

それぞれのライフスタイルに合わせて、最適なパンツを選んでいきましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: