顔が大きい男に似合うファッション!注意点とおしゃれな着こなし方!

顔が大きいのがコンプレックスだという男性が多い日本。

顔が大きいだけで、スタイルが悪く見えて自分に自信がなくなってしまったり、おしゃれができないとお悩みの方も多いでしょう。

しかし、顔が大きくてもおしゃれな人はいっぱいいますし、かっこいい人もいっぱいいます。

そこで、今回は顔が大きい男性が洋服を選ぶ際に注意するポイントや、おしゃれな着こなし術をご紹介します。

Sponsored Link

洋服を選ぶときのポイント

顔が大きい人はハイネックや首のつまった洋服を選ばないように注意しましょう。

首元がつまった洋服を着用すると、どうしても顔の大きさや輪郭が際立ってしまいます。

余計に顔が大きく見えてしまいますので、できるだけ避けた方が無難です。

小顔効果を得るためには、首元の開いたVネックの洋服を選ぶのがポイントです。

首元を見せることで顔周りがすっきりとして見え、すらっとした印象を与えることができます。

しかし、Vネックのトップスが小顔効果があるとはいえ、Uネックやハイネックの洋服を避け続けるのは嫌ですよね。

そこで、顔の大きさが気になる男性が首つまりの洋服を着こなす方法をご紹介します。

首つまりの洋服を着こなすには、「ネックレス」が必要不可欠です。

首元に収まるような小ぶりなネックレスではなく、長めのネックレスを選びましょう。

ネックレスを身に着けることによって、視線をずらすことができます。

さらに、Vネック効果が期待できますので、首つまりの洋服を着用しても顔の大きさが強調されにくくなります。

また、冬などの寒い時期に首元の開いた洋服を着用する場合には、インナーにVネックを選んで上からアウターを羽織り、首元にマフラーを巻くことをおすすめします。

マフラーは少しボリューム感のあるものを選ぶことで、顔周りをカバーすることができます。

首元が隠れていても、マフラーであれば顔の大きさが際立つ心配もありません。

なお、洋服だけでなく小物を取り入れることによって顔の大きさをカバーすることができます。

例えば、大き目の伊達メガネやサングラスをかけるだけで顔の面積が小さく見えます。

顔のサイズに合ったメガネを選ぶと顔が大きく見えてしまいますので、オーバーサイズのものを選ぶように気を付けてくださいね。

Sponsored Link

顔が大きい男性におすすめ!人気ファッションアイテム

上記では着こなすポイントをご紹介しましたが、ここからは具体的にどんな服装を着ればいいのかご紹介します。

顔が大きい男性におすすめの人気ファッションアイテムや着こなし方と共にご紹介していますので、是非参考にしてみてください!

Vネック長袖Tシャツ

まず1着目は、Vネック長袖Tシャツです。

無地のカットソーで、シンプルなワントーンカラーとなっています。

フライス生地を使用し、丁寧な裁縫でつくられたTシャツは、毎日の着回しに活躍すること間違いなしです。

胸元がVネックになっていますので、顔の大きい男性も小顔効果が期待できます。

冬場でもインナーに使用するなど顔デカ男子に必須アイテムです。

また、ネックレスと組み合わせることで、よりスタイリッシュな印象に仕上がります。

ジャストサイズも良いですが、少しゆったりとしたサイズ感を選ぶことで全体のバランスが整いやすくなります。

顔の大きさをカバーするのであれば、ワンサイズ上のシャツを選ぶのもおすすめですよ。

ボトムスは、ロールアップデニムやチノパンを履くことでスタイルアップ効果が期待できます。

なお、シャツは明るい色よりも落ち着いたシックな色味を選ぶことで、より顔全体がすっきりと見えます。

明るい色のシャツを着用するときには、ボトムスの色やアクセサリーを落ち着いた色にして全体をまとめると良いでしょう。

クルーネックケーブルニット

顔が大きい男性におすすめの人気ファッションアイテム2着目は、ネックデザインが選べるクルーネックケーブルニットです。

UネックとVネックの2種類のタイプから選ぶことができます。

豊富なデザインとカラー展開から幅広い世代の男性から人気を集めている1着です。

ワントーンのシンプルなニットや細ボーダー柄、太ボーダー柄など、様々な種類のデザインがありますので、着用シーンに合わせて選ぶことができます。

Vネックは小顔効果が期待できますし、Uネックもアクセサリーを組み合わせることで顔周りをカバーすることができます。

清潔感のあるニットは、ライダースジャケットでカジュアルに仕上げるも良し、チェスターコートで大人な印象に仕上げるも良しです。

ニットをアウターとして着回し、中にシャツを着用するのもおすすめです。

なお、顔の大きさをカバーするには、大きなフードやファーの付いた防寒アウターを合わせるのはNG。

首元がつまっていないアウターを合わせてコーディネートしましょう。

ボトムスはデニムやダークカラーのパンツでシックに仕上げるのがおすすめです。

ダボっとしたデニムやパンツを選ぶと太って見えてしまいますので、全体のバランスを見ながらコーディネートしましょう。

ダミエ柄のプレートネックレス

顔が大きい男性におすすめの人気ファッションアイテム3つ目は、ダミエ柄のプレートネックレスです。

プレート部分が長方形にデザインされているため、首周りがすっきりとして見えます。

長さもちょうどよく、Uネックを着用してもネックレスが洋服の中に隠れてしまう心配がありません。

肌触りの良いスネークチェーンが使用されており、つけ心地も抜群です。

なんにでも合うシンプルなデザインですので、ワントーンカラーの洋服や柄の入った洋服まで様々な服装に合わせることができます。

コーディネートのアクセントにもなりますし、ワンポイントがおしゃれな印象を与えてくれます。

小顔効果もありながら、おしゃれなスタイルに仕上げてくれるファッションアイテムです。

VネックやUネックとの相性が良いため、Tシャツやニットに合わせるのがおすすめですよ。

パナマ織りチェックシャツ

顔が大きい男性におすすめの人気ファッションアイテム4着目は、パナマ織りチェックシャツです。

顔の大きさにコンプレックスを抱いている男性の中には、シャツの着用を避けているという人が多くいます。

その多くが「襟のついた洋服は顔が大きく見えるから」という理由です。

しかし、それは大きな間違い!シャツは着こなし方によって小顔効果が期待できるんですよ。

シャツの着こなし方の最大のポイントは、「シャツのボタンを一番上まで留めないこと」です。

シャツのボタンを一番上まで留めると、首が完全に隠れてしまい顔の大きさが際立ってしまいます。

シャツを着用するときは、一番上のボタンは外しましょう。

そして、シンプルなワントーンカラーのシャツではなく、縦にストライプ柄の入ったシャツを着るのがポイントです。

縦ラインはスタイルを細長く見せる効果がありますので、全体がスマートに見えます。

また、シャツ1枚でコーディネートするだけでなく、シャツをアウターとして着用するのもおすすめです。

シャツのボタンを全部開けてアウターとして羽織り、中にVネックのシャツを着用すると、顔周りがすっきりとした大人な印象に仕上がります。

さらに、ニットの中にインナーとして着用することもできます。

ニットの下に着るときにも、1番上のボタンを外して着用することで、顔の大きさも気にならなくなります。

Vネックのニットであれば上から2番目のボタンまで外して首元を見せることで、大人っぽくセクシーな印象に仕上がります。

シャツは着回しのしやすい万能なアイテムですので、1着持っておくと重宝すること間違いなしです。

顔が大きくて悩んでいる人も着こなし方を工夫してファッションを楽しみましょう!

顔が大きい男性でも、着こなし方を少し工夫するだけで、小顔効果抜群のスタイルに仕上がります。

何と言っても、首回りをすっきり見せるのが顔の大きさをカバーする最大のポイントです。

着回し力のあるアイテムを持っておくと、季節を問わず着用することができます。

トップスをアウターとして着用したり、洋服を組み合わせて重ね着をしたり、様々コーディネートに挑戦してみてくださいね。

小物を組み合わせながら、小顔効果抜群のコーディネートを楽しみましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください