イライラしたとき

neta-life【ネターライフ】

人にイライラしたときの対処法!食べ物や飲み物で解決?

読了までの目安時間:約 9分

 

002989

 

 

なんだか人に対してイライラしてしまうときってありますよね。

 

そうなると自分に対しても罪悪感が出てきたり、あまり良いことはありません。

 

わたし自身はそこまで人に対してイライラすることは頻繁にはありませんが、やはり人間ですから多少はそういった感情が芽生えることもあります。

 

でも、どうして人は他人に対してイライラしてしまうのでしょうか?

またイライラしてしまったときにはどのように対処していけば良いのでしょうか?

 

心の持ち用も大切ではありますが、これが食べ物や飲み物などで解消できたら嬉しいですよね。

 

そこで今回は、人に対してイライラしてしまう原因や対処法、食べ物や飲み物での解消法についてご紹介します。

 

Sponsored Link

イライラしてしまう原因は?

人に対してイライラしてしまう原因は様々ですが、主に3つのことが考えられます。
順番にご紹介していきます。

 

 

①自分と意見が合わない

自分が考えていることと反対のことを相手がおこなったり、意見が食い違った時にはやっぱりイライラしてしまいますよね。
身近なところで言うと男女での考え方の違いなどもこれに当てはまります。
自分はこう思っているのに「なんで〇〇をわかってくれないの?!」というイライラした気持ちになってしまうんですよね。
わたしもこのパターンは良くありますよ。
自分が考えていることと意見が合わない場合はやっぱりイライラしてしまい「なんでわかってくれないんだろう?」「なんでこういう考えになるんだろう?」となってしまいます。

 

 

②行動と言動が一致しない

言ってることとやってることが全く違っていて、一本筋が通っていない人っていますよね。
そんなときには「この前言ってたことと違うじゃないか!」「実際に言ってることと全く違うじゃないか!」とイライラの元となります。
やはり有言実行をするような人でないと、他人からイライラされてしまうので自分自身も気をつけなければと思いますね。
会社勤めをしていた頃は、とにかく上司が昨日と今日で言っていることが違うので毎日イライラさせられたものです。

 

 

③生理的に合わない

もうこれは仕方ないのですが…やはり人間ですから生理的に合う・合わないがありますよね。
例えば、ちょっと話しただけで「うわっ、この人苦手だなぁ」と感じる場合もあるでしょう。
そんな人とずっと一緒にいるとだんだんイライラしてきて、ますますその人のことが嫌いになってしまうことも多々あります。
わたしの場合も、やはり上から目線で高圧的な態度でものを言う人などは、いくら初対面ですぐ他人を評価してはいけないとわかりつつも、イライラしてしまいますね…。
これはもう相性が悪いんだなと諦めています(笑)

 

Sponsored Link

人にイライラしてしまった場合の対処法や解消法

それでは、実際に人と関わってイライラしてしまった場合の対処法や解消法をご紹介します。
うまくストレスを溜めずに、人間関係を築いていくためのアドバイスを3つご紹介します。

 

 

①なるべく深くは関わらない

人付き合いでイライラしたら、あまりその対象者とは深く関わらないことです。
職場での人であれば業務連絡や挨拶以外は特に関わらないこと、友人であれば連絡は年賀状程度にしておくことが大切です。
彼氏や彼女にイライラする場合は…距離を置く前にとことん話し合いましょう。
それでも解決できない場合は別れてしまった方が楽かもしれませんね。
夫婦でイライラしている場合には、一度同じく話し合って距離を置いたりすることが効果的です。
男女の付き合いでカップルや夫婦となると、やはり深い関わりをしないということは不可能ですからね。

 

 

②家族や友人に愚痴を言う

例えば職場などで他人に対してイライラしたときには、その場面について家族や友人など気心が知れた人に話すことでストレスが解消される場合があります。
特に女性は知り合いに話すことで共感を得られてイライラがおさまるでしょう。
ただ、注意点があって職場の人にイライラしている場合に同じ職場の人には愚痴を言わないことです。
何らかの原因で本人に伝わることがあるので、信頼できるイライラする対象者とは全く無関係の人に愚痴を話すようにしましょう。

 

 

③自分がなぜイライラしているのか冷静に考える

他人にイライラしてしまったときには、ちょっと独りになって「そもそも何故自分は相手に対してそんなにイライラしているんだろう?」と冷静に考えてみるのもいいかもしれません。
もしかしたら相手のことを考えるだけでちょっとまたイライラが出てきてしまうかもしれませんが(笑)
相手のどこが嫌でイライラしているのかを考えてみると、もしかしたら次に相手と話したときに「あ、ここが嫌なところなんだよねぇ」と再発見があると思いますよ!
イライラする口癖など面白がってカウントしたりしてみるのも良いかもしれませんね♪

 

イライラに効果のある食べ物や飲み物

イライラしてしまったときに、その湧き上がる感情を抑える食べ物や飲み物があれば気軽に食べたり飲んだりできるのにと思いますよね。
そこで食べ物と飲み物を2種類ずつご紹介します。

 

 

●乳製品

血液中にカルシウムが足りなくなると、筋肉や神経が興奮しやすくなってイライラしやすくなります。
そこでカルシウムを多く含む乳製品をこまめに食べることで神経の高ぶりを鎮めてイライラしにくくなるのです。

 

 

●レタス

実は特に秀でた部分が無さそうにも見えるレタスですが、精神安定作用があるんですよ。
ちょっと舌を噛んでしまいそうな名前ですが、「ラクッコピコリン」という成分がイライラを抑えてくれて安眠作用などもあるのです。

 

 

●ココア

ココアは飲むだけでホッとするような気持ちになりますよね。
ココアのベースとなる牛乳はカルシウムをたくさん含んでいますし、ココアの苦味成分テオブロミンは自律神経のバランスを整えてくれてイライラしやすい神経を抑えてくれます。
またポリフェノールはストレスに対する抵抗力も高めてくれるので是非寝る前にはココアを飲んでリラックスしてみてください。

 

 

●炭酸水

炭酸水は疲労回復効果があり、疲れたからだを癒してくれる効果があるんです。
炭酸の刺激が興奮しそうなイメージですが、リラックスを司る自律神経の副交換神経を優位にはたらかせます。
ただ、甘いものはカロリーが高いので無糖の炭酸水を飲むようにしてくださいね。

 

こうした食べ物や飲み物、そして人との関わり方を見直しながら、他人にイライラしている自分をときには客観視しながら過ごすのもオススメです。
気持ちを楽に、自分が生きやすいように生活していきましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: