人の話を聞かない人 特徴

neta-life【ネターライフ】

人の話を聞かない人の特徴や心理!対処法は?

読了までの目安時間:約 7分

047409

 

なんど注意しても、人の話が最後まで聞けなかったり理解してくれない人っていますよね。

 

最初は「あれ?」と思いつつも笑って見過ごすことができるのですが、それが何回も続くと「もういい加減にして!」とイライラしてしまうことも。

 

でも、こういった人の話が聞けない人の特徴や心理はどのような感じなのでしょうか?

 

中には職場の人で関係を断ち切るのが難しいという人もいますので、その対処法や付き合い方なども今回はご紹介していきたいと思います。

 

また、あまりにも人の話を聞けない場合、実は病気が隠されていることも!

この辺りも詳しく説明していきますね。

 

Sponsored Link

 

人の話が聞けない人の特徴や心理

では早速、人の話を聞けない人の特徴やその心理を順番に見ていきましょう。

 

①共感することができない

相手が今こういう風に思っているからこんな話をしてくれているんだな、ということが想像できずに共感することができないというタイプは、人の話を聞くことができません。

 

人と人との会話が円滑に進むひとつの方法がこの「共感」だからなんですね。

 

あとは自分の考えていることが一番正しいと思っている人も共感能力が低く話を聞くことができない傾向にあります。

 

②理解力がとぼしい、集中力がない

相手の話している内容をイマイチ頭の中で整理ができずに混乱してしまい、最後にはなんだか話を聞くのが面倒になってしまう集中力が続かないタイプもいます。

 

少しだけ話が長くなっただけでもう頭の中はぐちゃぐちゃになっているので、そんな人に何を話しても無駄ということですね。

 

相手の話を理解できないということは、相手がどんな気持ちで話しているか、そして自分に何を求めているかなんて到底理解できないので、やはり話をしても無駄な時間を使うばかりになってしまいます。

 

③そもそも最初から聞く気がない
これは本当にムカつきますよね(笑)

 

最初から人の話を聞く気がない!

 

これは相手がもしかしたら「君の話を聞いていても何にもこっちに得をすることなんてないから無駄なんだよね」などと上から目線で見下している可能性があります。

 

あからさまに話を聞いているときに面倒くさそうな顔をしていたら、きっとはじめから話を聞く気なんて更々ないのでしょう。

 

Sponsored Link

 

対処法や付き合い方

 

結構人の話を聞けない人と付き合うのは労力が要りますよね…。

 

普通の友人などであれば徐々に疎遠にしていけば良いのですが、これが職場の人間だったりするとなかなか関係を断ち切ることもできずモヤモヤしたままになってしまいます。

 

そこで話を聞けない人と付き合うにあたっての対処法やうまい付き合い方を説明していきます。

 

一番に言えるのは話を最初から聞けないのだから、いくら説明したって無駄だということです。

 

むしろ説明している時間がもったいないですし、その分他のことをやっているほうが有意義です。

 

はじめから「この人は話を聞けない人だから、最低限の報告や話しかしなくてもいいや」と諦めながら開き直ってしまってください!

 

正直、そんな人が近くにいるだけで疲れてしまいますし迷惑なので、職場にそんな人がいたらプライベートでは全く関与しないことです。

 

わたし自身、面倒な人だなと思ったら割とすぐに関係をバッサリ切ってしまうタイプなので、自分が一生懸命話しているのに真剣に話を聞いてくれない人はもう二度と話したいとも思いませんからね。

 

うまく付き合う必要はなく、最初から諦めていれば割とストレスは溜まりませんよ♪

 

Sponsored Link

 

人の話が聞けないのは病気の可能性も?

310959

 

でも、人の話が極端に聞けなかったり理解ができなかったりする場合は、もしかしたら「ADHD」という脳の病気が隠れているかもしれません。

 

ADHDは脳の先天的な障がいで、注意力が散漫だったり集中力がなかったり、相手の気持ちが理解できないといった特徴があります。

 

一番顕著なのは、目線だけで会話をするいわゆる「アイコンタクト」ができないということです。

 

相手の表情を見ても、何も感じないので話を聞くどころのレベルではないのです。

 

幼少期からなんだか生活をしづらくてそのまま生きてきて、大人になってはじめて実はADHDだったという話もよく聞きます。

 

今までは「人の話を聞けない、ちょっと変わった人」というだけだったのが、研究の進歩とともに「ADHD」という発達障がいだということが判明したケースはとても多いのです。

 

よく他人から「相手の気持ちを全然考えていないよね」とか「人の話くらいきちんと聞けるようになったら?」などと指摘を頻繁に受けるようなら、精神科などの医療機関を受診することも選択肢に入れてみると良いでしょう。

 

人の話を聞けないというのは、その人の性格もありますが、実は発達障がいだということも可能性としては考えられるのです。

 

でもなかなか素人には判断がつかないデリケートな問題なので、まずは医師に相談をしてみるのが良いでしょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: