後輩に好かれる人 特徴

neta-life【ネターライフ】

会社・職場の後輩に好かれる人の特徴は?

読了までの目安時間:約 8分

109996

 

会社である程度の期間働いていると、必ず後から入社してきた後輩ができます。

 

ここは先輩として頑張って良いところを見せなくちゃ!と張り切っている人も多いのではないでしょうか。

 

でも、やっぱり先輩後輩の関係も人間ですから「苦手な先輩」「話しやすい先輩」と別れてしまうのです。

 

どうせなら、後輩から頼りにされるカッコいい先輩を目指しませんか?

 

そこで今回は、会社で後輩に好かれる人の特徴を男女別にご紹介するのと同時に理想的な先輩についてお話ししていきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

会社の後輩に好かれる人の特徴!【男女別】

会社に勤めていて、仕事もできて後輩からも慕われている!となると、より毎日のやる気がアップしますよね。

 

でも、会社での先輩となると「誰からも好かれていてとっても頼りになる先輩」「誰からも嫌われていて、絡むとこっちまでとばっちりを受けるような先輩」と二分化する傾向にありませんか?

 

では誰からも好かれて、一緒に仕事をしていてとても気持ちがいい先輩とは男女別に見たら一体どのような特徴があるのでしょうか。

 

まず男女共通で言えることは、朝や仕事中での挨拶を新人だろうと誰であろうと気持ちよくしてくれる先輩は、やはり人気が高くなります。

 

ちょっと仕事で失敗しちゃって憂うつな気分で出社しても、先輩が笑顔で「おはよう」「お疲れさん」と言ってくれるだけで勇気付けられる気がするんですよね!

 

Sponsored Link

 

女性の場合

女性の場合は、性格がサバサバしていて細かいことでネチネチ言わない、過去のことをほじくり出さないようなサッパリしたタイプが後輩に好かれる傾向にあります。

 

女性の先輩というとどうしても偏見からかドロドロした印象がありますが、そこを払拭することで安心して後輩が話しかけることができるのです。

 

後輩が失敗した場合でも、ピシャリと注意した後はさりげなく気持ちを切り替えるために普段の盛り上がる会話を交えながらフォローしてあげられるような気配り上手な女性が素敵な先輩と言えるのではないでしょうか。

 

わたしも15歳くらい年上の先輩がいて、とても厳しくて正直怖かったんですけど注意された後は帰りにお茶に誘っていただいて仕事の話以外でも様々な話で盛り上がりました。

 

叱られてた時はへこんでいたけれど、それを翌日まで引きづらない先輩の心遣いを感じる瞬間でした。

 

それを気にとっても仲良しになり、帰りに食事したり出かけたりするくらいの仲になりましたよ♪

 

男性の場合

男性の場合は、まずは仕事がきちんとできること!これが一番重要です。

何か指摘するにしても、仕事ができる人に言われた方が説得力がありますからね。

 

また感情的にならずに冷静でいるタイプだと頼り甲斐があるので、後輩に好かれるタイプは普段は物静かな人も割と多いです。

 

もちろん話好きで、どんどん後輩とコミュニケーションを取るタイプも人気はありますが普段は静かに後輩の動きを見守っていていざというときに助けてくれるといった姿勢がとても信頼できるのです。

 

まだ会社に入って新人だった頃、みんなよそよそしく「〇〇さん」と話しかけていたときに、ある男性の先輩がいきなり「〇〇!」と自身でつくったあだ名で呼んできたんです。

 

普段は物静かで少し怖いイメージもあった方だったのですが、それからその親しみやすいあだ名がまかり通ってみんなと打ち解けることができました。

 

こうして、積極的に後輩のために動いてくれる先輩は頼りになりますよね!

 

Sponsored Link

 

理想的な先輩になるには?

 

理想的な先輩になるには、やはりいくつかのステップがあります。

 

①しっかり目を見て挨拶をする

後輩が挨拶してきたら、仕事の手を止めて相手の目を見てきちんと挨拶を返してあげましょう。

 

やはり、挨拶は1日のはじまりですから、気持ちよくおこないたいものです。

 

後輩も先輩から挨拶されたことで1日頑張るぞ!とやる気になり、仕事の活性化にもつながります。

 

 

②後輩にいろいろ頼みごとをする

よく何もできない後輩に「とりあえず今日は椅子に座ってて」と何も指示できない先輩がいますが、それでは後輩は存在価値を見出すことができません。

 

そこで、コピーからゴミ捨てからあらゆることを頼んでいくのです。

 

ここで大事なのは「雑用をやらせる」という気持ちを持たないこと。

 

雑用だって日々の業務をこなすために必要不可欠なことですから、後輩のサポートは必ず仕事がはかどる理由になるのです。

 

後輩が頼んだ仕事を終わらせたら「ありがとう、〇〇さんがコレをしてくれたから仕事が早く終わったよ」と褒めてあげてくださいね。

 

 

③後輩の話を聞くこと

後輩が仕事上で何か失敗をしてしまったときに、頭ごなしに責めることは誰でもできます。

 

ここは叱る前に「どういった経緯でこのような失敗が起きたのか」「この失敗を二度と繰り返さないためにはどうしたらいいのか」をきちんと後輩に考えさせて話を聞きましょう。

 

そこで、ちょっと違うなと思ったら「それはちょっと違うんじゃない?」とハッキリ叱るようにします。

 

後輩の考えていることがわかりやすいように、同性同士ならたまには食事に誘うのもいいですね。

 

仕事中ではなくリラックスした状態で話を聞くと「実はこう思っていたんだ」と新たな後輩の一面を引き出せるかもしれません。

 

 

素敵な先輩を目指して、まずは自分自身をどんどん磨いて誰からも慕われるような人格者に成長していきましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: