飲み会 お酒 断る方法

neta-life【ネターライフ】

飲み会にて丁寧にお酒を断る方法

読了までの目安時間:約 7分

101040
春は別れと出会いの季節とよく言いますが、4月になると増えるのが新人歓迎会ではないでしょうか。

 

お酒を飲むのは嫌いじゃないけど無理な飲まされ方は好きじゃないと思う方も多いことでしょう。

 

特に4月から新社会人の方は今までの大学の飲み会と違って上司がいるから粗相をしたらクビかも…なんて背筋がひやりとしている方もいるのでは?

 

そこで今回は新人歓迎会にて丁寧にお酒を断る方法を伝授していこうと思います。

Sponsored Link

新人歓迎会の新人のマナー

まずはどうあれ社会人としてのマナーが一番大事です。

目上の方に対してのしっかりとした対応をしていきましょう。

 

●なるべく出席する

何にせよ初めが肝心です。

同期や上司とのコミュニケーションは大事です。

飲み会で仲良くなっている同期などの輪に入れなくなってしまい、やっぱり参加しておけばよかった…とならないためにもなるべくスケジュールに余裕を持つといいでしょう。

 

●遅刻は厳守
社会人としては当たり前のマナーです。

遅刻は悪印象を与えかねないので気をつけましょう!

 

●下座に座る

マナー研修などで上座、下座など学んだと思いますが、上司は上座で新入社員は下座なので間違えないようにしましょう。

 

●グラスの位置

目上の人よりも自分のグラスやジョッキは下になるようにしましょう。

 

●お酌の順番

こちらも目上の方から順に相手の近くに正座し、相手の席にあるものでお酌をしましょう。

慌ててこぼしてしまうことの内容落ち着いて注ぎましょう。

 

Sponsored Link

上司からのお酒を断る方法

 

目上の方へのマナーが分かったら次に上手なお酒の断り方ですね。

中にはお酒を強要したがる先輩や上司もいるので、しっかりとした対策を練っていきましょう。

 

大事なのはお酌をしたり料理を取り分けたりする方にまわるということです。

 

「私より○○さんの方こそグラスあいてますからお酌しますよ。あ、そういえば前から●●の件で聞きたかったのですけど…」などとついでに話を方向転換して気をそらせるのも良い手段です。

 

オーソドックスですが、大抵お酒が入った人は自分の話をすることに楽しみを覚える方が多いので聞き役に徹することがポイントです。

 

とはいえ、いくら聞き役に徹した場合でもお酒を勧められる場合があります。

そんなときはウーロン茶をウーロンハイだと誤魔化す方法があります。

 

よくある手段ですが、ぱっと見は分からないので「あ、私はウーロンハイあるので大丈夫です」と言っておけば大抵の人の目は誤魔化せます。

 

同じ卓でオーダー覚えていたら困るなと思ったらこっそり店員にウーロン茶にしてもらうよう裏で頼んでみたり、ウーロン茶とウーロンハイ両方を頼んでおいてウーロンハイありますよと言いながら挿げ替えたウーロン茶を飲むという方法もあります。

 

そして飲み会もいよいよ終盤、2次会の誘いや次の誘いを断るには酔いつぶれたふりをしてたぬき寝入り

が一番効果的ですね。

 

序盤ではなかなか出来ませんが、お酒もみんないいように周ってきて終盤にお酒を勧める人があらわれるようになったら寝たふりです。

 

しばらく経ったら起きてちょっと頭がぼーっとするお水がほしいなどと演技すれば無理にお酒をすすめようと言う人は滅多にいないでしょう。

 

事前に私お酒飲むと眠くなっちゃう体質なんですよねとか布石を打っておけば完璧です。

 

酒で酔いつぶれにくくする方法

004900

 

「酒は飲んでも呑まれるな」という言葉もありますし、断れなかった時のケースも考えて事前の準備も入念にしましょう!

 

次は酒に呑まれにくくなるポイントをあげていきたいと思います。

 

1.事前に何か食べておく。

空きっ腹にお酒は酔いの元です!

飲み会前に少し胃に何か入れておくとお酒が周りにくくなります。

一緒にウコンも飲んでおくと良いですよ。

 

2.お酒のチャンポンはしない。

飲み放題だし色々飲みたいな…という方も多いかと思いますが口当たりが変わるためついつい飲みすぎて悪酔いの原因なのですよね。

私もちゃんぽんをした結果過去に記憶を無くすほど酔っ払いました。

もちろん翌日は二日酔いになりましたので皆さんはやめましょうね!

 

3.合間にチェイサーをまめに飲む

チェイサーとは何ぞや?という方もいらっしゃるかと思いますが平たく言えば"水"です。

お酒の弱さは簡単に言ってしまえばアルコールの分解速度が速いか遅いかです。

体内のアルコールを尿と一緒に排出しやすくする効果があり、また肝臓の負担も少なくなり二日酔いにもなりにくくなるのでおススメです。

 

まとめ

 

飲み二ケーションなんて言葉が使われるようになったり、飲み会は普段話すことのない方とコミュニケーションをとる絶好のチャンスです。

 

面倒かと思っても参加してみたら意外と楽しかった!ということもあります。

 

そこまでお酒が飲めないという方も、ぜひ今回ご紹介した方法を活用して積極的に参加してみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: