理不尽な人への対応と対処法!理不尽な人に勝つ事はできる?

231069

生活していると「理不尽!」と感じる場面は多々ありますよね(´・ω・`)

でも、職場だったり、近所付き合いだったりすると、その理不尽と思ったことを我慢してしまうことってありませんか?

それは、今後の付き合いを考えてのことだったり、反論することで余計ヒートアップしてしまいそうと思ってのことだったり。

「これは何だ!」

「いえ、それは私の案件ではありません」

「なんだ、口答えするのかー!!」

こんな理不尽な会話、毎回していたら精神的にどうなるのでしょうか。

理不尽に耐えていると、知らず知らずのうちにストレスとなってしまうこともあります。

理不尽な人へ勝つための、何か良い対処法ってないのでしょうか?

理不尽な相手に対してどう接するべきなのか、考えてみましょう。

Sponsored Link

理不尽な人の特徴とは?

理不尽な人って周囲に結構いますよね。

でも、自分が理不尽だって気づいていない人がほとんどなのです。

理不尽な人は自分では筋が通っていると思って発言しています。

また、理不尽な人は自分が1番だと考えて行動しています。

ですので、反論する人のことが気に食わなかったり、人に対してストレスをぶつけて発散したりとやりたい放題なのです。

「私が1番だから、それにあなたは従えば良いの」と、高圧的な態度で迫ってくる人もいるそうです。

理不尽極まりないですね( ;∀;)

たとえば、仕事場にいる理不尽な人の特徴です。

・指示が一貫していない

・言っていることとやっていることが異なる

・自分のミスを認めない

こんな人が上司だったら、仕事に行く気が失せてしまいそうです(´・ω・`)

仕事において、指示が一貫していないことは致命傷です。

「この資料、明後日使うから明日までに作成しておいて」

そう言われたら、「明日が締め切り」と思うのも無理はありません。

しかし、理不尽な上司だった場合、次の日に提出すると、

「なんで君は、こんな提出が遅いんだ!昨日言ったんだから昨日のうちに提出するのが社会人としてのマナーだろう!」

こんなことを言い出します。

「昨日の時点で、明日提出と言っていましたよね」なんて反論すると、相手がヒートアップして取り返しがつかない場合もあります。

その後も、「あいつは仕事が遅い」などのレッテルをはられ、査定に響いてしまったり。

そんなの、耐えられませんよね。

これは、近所や友人との付き合いにも言えます。

・指示に対して後出しがある

・ストレス発散のような発言をしてくる

・自分が知っていることは、他の人も知っていると思い込んでいる

こんな人、周囲にいませんか?

「ゴミ出しは前日の夜からなら出して良いから」と、住んでいるビルの管理人に言われたので夜10時頃にゴミ出しをしたとします。

すると、次の日に、「前日の夜出して良いっていったけど、回収は朝なのよ。それまでにゴミが荒らされて公共の場が汚れたらどうするの?誰が掃除するの?」と注意されてしまいました。

自分の言ったことを棚に上げ、くどくどと文句を言ってくるのです。

しまいには「あのお宅は、マナーがなっていない」といった噂を流してくることも。

そのような人に対して、どのような対策がとれるのでしょうか?

Sponsored Link

理不尽な人への対応と対処法!

イラスト縦

理不尽な人とはできるだけ関わり合いたくないけど、そうも言ってられない現実があります。

理不尽な人を避けるよりは、しっかりと対応策を覚えた方が、良さそうです。

シーン別に見ていきましょう。

職場でできる理不尽な人への対応方法

職場で理不尽な上司がいれば、仕事に支障が出ます。

しかし、いちいち構っていたら自分の同じ穴の狢です。

・報連相をこれでもかというほど行う
・できるだけ残業をしない
・頼まれた仕事を優先的に行う
・発言を受け流す

まず、理不尽な上司へは基本「発言を受け流す」で対応しましょう。

つっかかるという行為は、どんなに腹がたっても厳禁です。

また、へこへこしたり常に謝る行為もNG。

人間的に自分が相手より下だと思われた時点で、理不尽な要求は増えます。

ビジネスパートナーとして接するよう心がけましょう。

そして、理不尽な上司を逆手に取り、報連相をしっかりとしたり、頼まれた仕事を優先的に行うことで周囲からの信頼を得ることができます。

「この人に頼めば安心」という線を張っておけば、いくら理不尽な上司でも自分の評価が落ちるのを気にして、無理難題を押しつけなくなります。

理不尽な上司と接するなら、まずは周囲から固めていくという対処法を試してみましょう。

「これも仕事のうち」と考えれば、難しいことではありません。

Sponsored Link

近所や友人にいる理不尽な人への対応方法

仕事では、ある程度「これは仕事だ」と言い聞かせることで意欲が湧くと言いますが、プライベートにまで理不尽な人と向き合わないといけないと思うと嫌になっちゃいますよね。

特にご近所付き合い。

嫌なことがあると直ぐ引っ越しを検討するという人は極稀です。

多くの人はローンや子どもの学校、自分の職場を気にして我慢してしまうでしょう。

ご近所での理不尽な人の発言は「あー、はいはい。そうですね」と、かわすだけで対処できない場合もあるのです。

「この人、私のこと無視した」「私の言っていることに従ってない」と、被害妄想のような発言をされる可能性もあります。

それが近所に広まって、誤解された状態が続いたら生活しにくくなります。

そうならない前に、相手との関係を築いておくと良いです。

たとえば、一方的に「これやって」「あれやって」と言われる関係だと格下に見られ、要求がヒートアップします。

ですので、こちらからもやってほしいことを話したり、挨拶をしたりと自分から行動するようにしてみましょう。

「この人、私を見てくれている」と相手は安心し、理不尽な要求が減る可能性が高いです。

近所で理不尽な発言を繰り返す人には「不安」や「怯え」があります。

新しく引っ越してきた人が攻撃的だったらどうしよう、横暴な人だったら、と怯えているために強く出てしまっている心理状況の場合が多いためです。

もちろん、元から理不尽な性格の人もいます。

そのような人に当たっても、周囲は誤解せず、理解してくれるので気にしない方が無難です。

ご近所付き合いは1人に固執せず、複数人と関係を築いておくと良いですね(^^)/

理不尽な人に勝とうと思わずに、うまく付き合っていけるのが理想といえるでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA