仕事 ミス 謝り方

neta-life【ネターライフ】

仕事でミスした時の謝り方!こう謝罪するのが好印象!

読了までの目安時間:約 9分

232127

人間完璧な人はいないので誰しも失敗はします。

 

仕事でミスをしてしまった経験は1度や2度ではないでしょう。

 

私もミスをした経験が何度もあります( ;∀;)

 

しかし、ミスは悪いことではありません。

 

ミスは次への改善策になるためです。

 

ミスした後が重要ということですね。

 

かといって、何度も同じミスをするのは業務上の遂行能力が低いと判断されてしまいます。

 

同じミスを繰り返さないためにできることはなんでしょうか?

 

ミスした後、みなさんはどのようなことをしていますか?

 

ミスした後、責任者に謝る時の言い方や、次への活かし方を見ていきましょう。

 

Sponsored Link

 

仕事でミスしたらやるべきこととは?

仕事でミスをしたら、まずは責任者に報告しましょう。

 

決してミスを隠してはいけません。

 

ミスを隠蔽したのが原因でもっと大きなミスになってしまうこともあります。

 

それを判断するのは責任者です。

 

自分の判断で「このくらいのミスなら修正できる」と思わず、責任者の判断をあおぎましょう。

 

また、謝り方にも適切な言い方があります。

 

謝ったのに許してもらえない、その後責任者との関係がぎくしゃくしてしまう、なんてことにならないよう、適切な謝罪方法を覚えておくと良いですね。

 

もし、自分が部下から「ミスをしました」と報告されたとき、どう思いますか?

 

適切な謝罪方法を知るなら、相手の立場に立ってみましょう。

 

まず、怒りの感情が来ると思います。

 

しかし「ミスをしました」だけじゃ、どんなミスなのかわからないので「どんなミスをしたんだ?」と内容について触れますよね。

 

そこで内容を知り、なぜ起きてしまったのかを分析しながら怒りをおさめます。

 

更に改善できるなら、怒りはおさまってくるでしょう。

 

その過程に謝罪があるのとないのとでは大きく違うと思いませんか?

 

相手に対する怒りを理解した上で謝罪の言葉を口にしたいですね。

 

では、報告と一緒にすべき謝り方をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

適切な謝罪方法って?

適切な謝罪方法はミスによって異なりますが、共通していることもあります。

 

それら共通している謝り方をみていきましょう。

 

声のトーンを暗くする

 

まず、声のトーンを雑談する時のように明るくしていてはいけません。
こいつは雑談をしにきたのか!と相手の怒りを更に買ってしまうためです。

 

しっかりと、謝罪の姿勢を見せましょう。

 

申し訳ないという表情で話す

 

声のトーンだけでなく、表情も重要です。

 

へらへらとしながら謝罪されたらどう思うでしょうか?

 

反省の気持ちがないと大抵思われます。

 

起きたんだから仕方ないでしょう!といった逆切れの姿勢や表情もNG。

 

仕事に対してミスをしたのはあなたです。

 

その責任を、負う姿勢をまず見せることも、謝罪に繋がります。

 

 

このように謝罪する時の声のトーンや表情はとても大切です。

 

表面的な謝罪と、心からの謝罪の違いはここにあると言えるでしょう。

 

せっかく謝罪するなら、心からの謝罪をしたいですよね(´・ω・`)

 

そもそも、謝罪するということは、自分に非があったということ。

 

ですので、自分のミスに対する謝罪と一緒に、ミスの処理で迷惑をかけてしまうことに対する謝罪も必要になります。

 

何に対しての謝罪なのか、はっきりしておかないと、ただ謝って事を済ませようとしていると捉えられてしまうことも。

 

伝える順番は「謝罪状況報告謝罪」

 

謝罪する際は、ちゃんとした順番を意識することも重要なのです。

 

・自分の非を認める謝罪
・ミスに対する責任は自分にあるという軸の説明(状況報告)
・今後、ミスによって迷惑をかけてしまうことに対しての謝罪

 

この3段構成で謝罪するのが適切です。

 

まずは、自分の非を認めて責任があることを相手に伝えましょう。

 

決して、責任逃れのような発言をしてはいけません。

 

責任逃れのような発言をすると「この人に仕事を頼んではいけない」と思われてしまいます。

 

もし、本当に責任がないのであれば、そのことも含めて話しましょう。

 

Sponsored Link

 

NGな謝り方もある!

453346

 

謝り方には、NGなものもあります。

 

それは表面上での謝罪です。

 

たとえば、謝っているつもり発言。

 

「先ほどのお客様にお茶を出せとしか言われていませんが。次からは挨拶もしろと言っていただけますか」言われたことはやったのに、文句を言われたという気持ちが表れての謝罪になっています。

 

謝っているつもりになっているため、お詫びの言葉もありません。

 

一言「社会人としてもマナーがなっていませんでした」と加えてみましょう。

 

責任があることを認めると、だいぶ印象が変わります。

 

また、謝罪に誠意が感じられないのもNGです。

 

でも、誠意って相手によって感じ方が異なるため難しいですよね(´・ω・`)

 

まずは、反省しているという気持ちを前面に出してみましょう。

 

「そうですか、すみません。次から気を付けます」お詫びの言葉もあるし、次への対応も伝えているのに、このような謝り方だと、誠意がないと思われがちです。

 

「この部分が悪かったです、次はこうします」といった具体的な話を出して反省の気持ちを伝えてみましょう。

 

謝る時に付け加えると印象を変えられる言葉とは?

謝罪の言葉を言えたなら、次に考えるべきことがあります。

 

それは先ほど話題にしましたが「今後どうしていくか」です。

 

なぜ、ミスをしてしまったのかを自分なりに分析し、どうしたらミスを防げるのかを考えた一言を謝罪に加えると印象が違います。

 

相手の印象だけでなく、同じミスを繰り返さないためにも、ミスに対する分析を行い積極的に改善していきましょう。

 

ミスは悪いことではありません。

 

ミスを繰り返していくことで、自分の弱点が見えてきます。

 

ミスをしたから逃げよう、という考えを捨てて、ミスをするとこれだけ大変な処理が待っている、と実感してミスを減らしていくのも良いでしょう。

 

今後どうしていくかを明確にすることで、ミスは一気に減ります。

 

ミスをすることよりも、ミスをした後の過程を大切にしていきましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: