仕事を辞める時の言い方と口実!こうすれば簡単!

091096

今の会社を辞める決断は出来たが、上司へ伝える決断が出来ない。

退職を伝えるタイミングを間違えたらどうしよう。

会社を辞めるって異性に告白する時みたいに色々気を使っちゃいますよね(´・ω・`)

言い方、タイミング、直属の上司が1人でない場合、誰に伝えるべきか。

失敗したら会社を辞められないんじゃないかと心配になりそうです。

だからといって、仕事を続けるという選択をしてしまうとストレスが溜まってしまいます。

適切な伝えるタイミングっていつなのでしょうか?

辞めるときの口実ってどうすれば良いのでしょうか?

1つずつ解決させていきましょう!

Sponsored Link

会社を辞めるなら、誰に言う?

会社を辞めるときまず会社の誰に言いますか?

大半の人は「同僚」と答えるでしょう。

同僚に相談して会社を辞めるべきかどうか考えてみるという人は多いと思います。

誰かに話をすることで自分自身が冷静になりますし、まだ頑張ってみようという気持ちになるかもしれません。

しかし、その同僚は信頼できる人ですか?口が堅い人ですか?

人の口に蓋はできません。

同僚が悪気はなくとも上司にちらっと言ってしまうかもしれません。

もしかしたら相談内容を他の同僚に話してしまうかもしれません。

自分で上司に伝える前に話が伝わってしまうとこじれる可能性が出てきます。

まずは同僚に話す前に上司へ話しましょう。

どうしても相談したいなら、信頼できる同僚や先輩に「内密にしてください」と一言話してからにすると良いですね。

Sponsored Link

会社を辞めると伝えるタイミングとは?

会社を辞めたいと思ったらすぐ伝える。

実はこれ…NGなのです。

今すぐ辞めたい!という気持ちもわかりますが、会社にも都合があります。

繁忙期や人事異動後、特大イベントやプロジェクト途中で「辞めます!」と言えば、トラブルの原因になってしまうことも。

「忙しいから後にして!」と話すら聞いてくれない場合もあります。

また、辞めたい人は辞めればそれまでですが、会社としては後任とたてなければいけません。

引継ぎ作業などを怠ると円満退社はのぞめないのです。

せっかく今までお世話になった会社なのですから、しっかりと後任をたてる時間を作っておきたいですね。

そのようなことを考慮すると、閑散期や人事異動の内示直後、イベント等が終わった後がタイミングとして適切と言えるでしょう。

上司にもゆとりができますから、そのスキを狙って退職することを話してみてください。

遅くとも会社を辞める2か月前までには直属の上司と話ができるのがベストです。

言いにくいのですが、口頭で「自分の今後について話があります。お時間をいただける日はございますか」と言いましょう。

 

では、直属の上司が忙しそうにしていた場合はどうすればよいのでしょうか?

ここで他の上司に話をしてしまうと直属の上司の立場がなくなってしまいます。

どんなに忙しそうにしていてもタイミングを狙えば話せるはずです。

しっかりと直属の上司に伝えるようにしましょう。

辞める原因が直属の上司にあっても同じことが言えます。

組織に属しているという意識を持って話してみましょう(^^)/

NGな口実

164398

辞める時の口実って難しいですよね。

その上司が原因の場合もありますし、会社に不満が募って辞めることもあります。

しかし、それをそのまま会社に伝えるのはよろしくないとされています。

なぜなら、会社は辞める人を引きとめたいから。

「~が不満なので辞めます」と言えば、

「では、~を改善するので辞めないでほしい」

と返してくるでしょう。

「~さんと合わないので辞めます」と言えば、

「今はプロジェクトが解散しているから、次のチーム組で~さんと同じにならないようにするよ」

 

「実は、今~さんと同じチームで働いてもらっているけど、君には他にやってもらいたいことがあってチーム編成を変えようと思っていたんだ」

などと言ってくるでしょう。

会社は次の人を雇うとなると、大変な工数がかかることを知っています。

ですので、まずは引きとめられるかどうかを見るのです。

・会社のやり方が不満
・仕事環境に不満
・仕事仲間への不満
・給料に対する不満

こういった会社に関する不満を話したところで「改善するよ」という返答しかないといっても過言ではありません。

「この会社に君が必要なんだ!」と言われて嫌な気分になる人はいないと思います。

そのまま上司の話にズルズルと引きずられて、いつの間にか同じ仕事を続けている……なんてことも実際あるのです。

また「あなたと合わないので」なんて言ったところで、お互いの気分を害するだけです。

「会社のせいで辞めます」という口実は基本NGと覚えておきましょう。

Sponsored Link

辞める時の口実

辞める時の口実として適切なのは「個人的な理由」です。

・ステップアップを考えたい
・親の介護が深刻になってきて仕事を変えないといけない
・若いうちに別業種にもチャレンジしてみたくなった

前向きな理由を話すと、応援してくれる上司が多いです。

「会社のせいで辞めるのではなく、会社のおかげで次のステップへ進める」という感謝の言葉と一緒に話してみましょう!

今の仕事は楽しいけど、叶えたい夢があるといった将来のビジョンを話しても良いでしょう。

前向きな理由を話せば円満退社に近づけます。

 

また、前向きな理由でなくても辞められる口実があります。

・精神的に限界がきた
・体調を崩す頻度が増えてきたので、体を休めたい

などといった、「体調面」に関する口実です。

体力の限界を感じている、これ以上続けると周囲にも迷惑がかかる、お世話になった会社だからそうなる前に辞めたいといった「自分の体調と一緒に会社のことを考えた」発言も効果的です。

自分のことばかり話すと「こいつ冷静じゃない」と判断されがちです。

そうなると「もう少しよく考えてみてくれ」と言われて話が終わる可能性もあります。

自分のことを話した上で会社のことも考えているような発言ができればベストです。

深くつっこまれるような理由は止め「それはしょうがないね、残念だね」と同情される口実を話し、円満退職をしましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください