夫が仕事を辞めたいと言ってきた時の対応は?

177795

ある朝、いつもなら仕事のために起きてくる夫がいつまでたっても起きてこない…。

どうしたのかと尋ねると「もう会社を辞めたい…」と力ない返事が。

こんなとき妻としては、どうしていいか一瞬思考停止してしまいますよね。

でも現実問題、夫が仕事をしてくれないとせいかつすることができなくなってしまうのです。

そこで今回は、

・夫が仕事を辞めたいと言ってきた場合の対応の仕方

 

・辞めさせたほうがいい場合と辞めないほうがいい場合との線引き

 

・そんな場合のの夫の精神的なケア

これらを3つについてご紹介します。

Sponsored Link

夫が仕事を辞めたいと言ってきた場合の対応!

夫が仕事を辞めたいと言ってきたとき、一体どんな対応をしていいのか悩んでしまいますよね。

でも、学校を卒業してから毎日今まで頑張ってきた夫が仕事を辞めたいという悩みを抱えているということは、相当な問題だとまず思った方が良さそうです。

おそらくほとんどの人が夫からこうした報告を受けたら「どうしたの?」と聞くと思います。

会社で何か重大なミスでもして降格させられてしまったのか、はたまた上司からパワハラに遭っているのか…。

もしかしたら会社には何も問題はなくて夫がただ怠けたいために言っている場合もありますし、新しいことを何か始めたいと思っている場合もあります。

どちらにせよ、まずは会社を辞めたいと言い出した場合はとにかく緊急家族会議を開くようにしてください。

夫婦二人暮らしで共働きならまだ当面の間妻の収入と失業保険で生活はできますが、子どもがいて妻が専業主婦である場合は早急に対応しないと死活問題です!

とりあえず辞めたいと言ってきたら翌日やその日は体調不良だということで会社を休ませて夫婦でしっかり話し合うようにしてください。

もしかしたら、会社で何かトラブルがあるときには男のプライドも邪魔してなかなか話してくれないこともあるかもしれません。

でも、ここは会社を辞めたいと思った原因をしっかり特定しなければなりません。

多少無理にでもしっかり話してもらわねばなりませんし、夫にはその義務があります!と妻は強めな態度に出てしまったかまいません。

Sponsored Link

辞めさせたほうがいい場合と辞めさせない方がいい場合

先ほど会社を辞めたいと思った理由をいくつか挙げてみましたが、その中でも会社を辞めさせたほうがいい場合と辞めさせないほうがいい場合に分けてみましょう。

辞めさせたほうがいい場合

会社を辞めさせたほうがいい場合は、夫が会社から何かしらの精神的圧力を受けていて心身ともに体調を崩してしまっているときです。

もちろん休職して体調が回復してからまた職場復帰する方法もありますが、これはあくまで大規模な会社で部署異動などの人事的な融通が効く場合に限られます。

小規模の会社では、復職したところでまた同じことを繰り返すでしょう。

夫の体調不良が続くまま無理に仕事を続けさせて、重度のうつ状態となってしまったらそれこそ完治がかなり難しくなり、転職すら厳しい状態になってしまうのです。

そう考えたら、夫の年齢にもよりますが潔く転職をしてしまったほうが良いと思いますよ!

辞めさせないほうがいい場合

逆に辞めさせないほうがいい場合もあります。

それはズバリ、夫の怠け癖や飽き性な部分がある場合です。

これは仕事に行きたくないからといってそのまま辞めさせてしまうと、また新しい会社でもすぐに怠け癖が出てきてすぐに辞めたいと言ってくるに決まっています。

また新しいことを始めたいという場合や資格を取りたいという理由で辞めたいと言ってきた場合も、安易に会社を辞めさせないほうがいいでしょう。

新しいことを始めて成功する保証はどこにもありませんし、家族を持つ夫が新たなことをやりたいから仕事を辞めるというのは身勝手すぎます。

資格もわざわざ仕事を辞めなくても勉強なりの時間は取れますよね。

もちろん妻がフルタイムで働いて生活費を稼ぎ、しっかり夫を支えるつもりなら応援しても良いとは思いますが、小さな子どもがいたり妻が専業主婦の場合は現実的ではありません。

Sponsored Link

夫の精神的なケアの方法

夫が会社を辞めてしまいたいくらい精神的に疲弊してしまっている場合は、夫の精神的なケアをしっかりおこなって、うつ状態がひどくならないようにしなければなりません。

まずは精神的に参ってしまっていて体にも不調が出ている場合は、素人ではどうにもならないので早めに心療内科などを受診して抗不安薬や場合によっては抗うつ剤などを処方してもらいましょう。

まずは体調不良を治していくことが先決です。

精神的なものでからだの不調が出た場合は、薬でないとなかなかコントロールができません。

そして家庭ではなるべく夫を責めることはしないようにして、夫が安心できるような空間づくりをすることが大切です。

夫が少し動けるようになってきたら、だんだん家のことを手伝ってもらうようにします。

できたら「ありがとう、助かったわ」と笑顔でお礼を言うようにすると、夫は自分が肯定されていると感じるので精神的な疲れが少しずつ改善していきます。

一家の大黒柱である夫が仕事を辞めたいと言ってきたということは、とにかく家族のピンチだと考えて真剣に夫と向き合うことが大切です。

また深刻な問題なのか、単なる夫の怠け癖なのかをしっかり見極めることも妻としては重要なことになります。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.