受かる履歴書の書き方!注意点やポイントを紹介!

0171-132709
「希望する企業で働きたい!」誰もがそう思って就職活動を行っています。

実は、企業側も「希望する学生が欲しい!」そう思って募集活動を行っているってご存知でしたか?

就活は実は学生にとっても企業にとっても、最高の出会いのために本気になっている活動だってことを頭に入れれば、採用されやすい履歴書に近づきます。

でも、そもそもなんで私がこんなことを知っているのかって?

それは某上場企業で努めていた過去もあり、人事の経験があるからです!(ドヤっ)

今回はそんな私が就活を応援する、企業が欲しくなる履歴書の書き方のポイントをご紹介します。

Sponsored Link

【準備編】履歴書を書く前に!~相手(企業)のことをとことん調べる~

さぁ、早速就活を始めよう!

そう思い突然履歴書用紙を買ってきて、いきなり名前を書き始めていませんか?

でもちょっと待って!その前に履歴書ってどういう役割を果たすか分かっていますか?

履歴書は自分をアピールするものです!

そう、ただ自分の経歴を書くだけの自己紹介ではないんです。

ここを履き違えてしまうと 自己PRがうまくいきません。

まずはこのことを十分理解しましょう。

そうは言っても、ただやみくもにアピールすればいいものではありません。

就活はよく恋愛に例えられますが、履歴書も同じです。

ちょっとイメージしてみてください。

10人の違う相手に、恋愛マニュアルに書かれた告白の仕方を、同じようにやって全員からOKの返事をもらえるでしょうか。

もしかしたら誰か1人くらいひっかかってくれる人もいるかもしれませんが、相手のことを考えて想像して、相手が喜んでくれるように告白の仕方を考えますよね。

就活も同じです。企業側も必死なんです!

だって新入社員の募集に大規模なお金をかけているんですから、自分の企業にマッチングする学生に巡り合いたいのです。

そこで、履歴書1つとっても相手(企業)をとことん調べて相思相愛になれるポイントを見つけましょう。

例えば、営業に力を入れている企業へ応募するときには

志望動機に学生時代に行った部活動でのコミュニケーション能力について書くとか、

事務系の仕事へ応募するときにはきっちりとした美しい字を見せるために手書きで書くとか、

はたまた企業が海外進出を検討しているようであれば、自身のグローバルへの興味を自己PRに載せるとか…。

自分が企業側の目線で、こういう人だったら一緒に働きたいなと思える要素を入れることが大事です。

もちろん自身の本当の体験談にしてくださいね。

Sponsored Link

【実践編】手書き?パソコン?履歴書の書き方

今では企業側から指定されたフォーマットに書くパターンもありますが、自分で用意した履歴書に書く場合はA3サイズ2つ折りのA4サイズが一般的です。

A4用紙の表裏印刷をしてしまうと、実際に面接に進んだときに裏の情報を見るために用紙をいちいちひっくり返す必要があるため、広げられるもののほうが面接官としてやりやすいからです。

B5サイズ指定の企業もありますので、指定サイズがある場合は事前に調べておきましょう。

手書きかパソコン入力かについては、正直企業側の人事の人の好みで分かれます。

準備編でも書きましたが、事務系の仕事の場合には手書きの美しさ・整然さが見たい場合もあります。

営業系・IT系の場合は基本的なパソコン操作ができるかを見たいがため、パソコン入力が求められる場合もあります。

入力方法も事前調査をもとに決めるといいでしょう。

手書きで書く場合には先に鉛筆などで下書きをした上にボールペンで書いてから下書き鉛筆を消しゴムで消すようにしましょう。

定規を使って線を引いておくことで、より美しく書くことができます。

消しゴムをかけるときにはしっかりボールペンが乾いてからにしてください。

せっかく書きあげたのにボールペンがにじんでしまったら書き直しです!

ここでも就活生に伝えたいのが、これが仕事の場合だったらと考えてみてください。

大切なクライアントへ提出する書類をボールペンがにじんだ状態で提出されたら、上司は困ってしまいますよね。

仕事をきっちりできるか=履歴書をしっかり書けているかにもつながります。

パソコン入力の場合には、プリントアウトする前にレイアウトを確認してから出力しましょう。

一行だけ次のページにいってしまったりというミスを防げます。

たくさんの企業に出す際にも1社1社違う内容で出すほうがより良いでしょう。

そもそも同じような内容で送ることが間違いだと思います。

それは企業によってPRポイントは変えるべきだと思っていますから。

このときには、送る際に間違わないよう気をつけましょう。

Sponsored Link

【注意点】就活生にありがち?履歴書作成で気をつけること

先ほども述べましたが、履歴書を1つの仕事と考えてみたら自ずと気をつけるポイントが見えてくると思います。

・日付を西暦・元号とごちゃまぜにしていないか

・パソコン入力の場合、数字を半角・全角とごちゃまぜにしていないか

・写真の裏に氏名は記載しているか

・写真は好印象なものを選んでいるか

・誤字脱字はないか

※写真にうつる髪形・メイクも、送る企業・職種によって変えるのもいいでしょう。

もし可能ならば、第三者に履歴書チェックをしてもらうと自分では気づかない間違いが見つかることもあります。

 

履歴書は、入社までの就活生にとっての武器です。

正直企業側もたくさんの就活生と面接していきますが、どの学生を選ぼうかという話をしているときに履歴書を見て記憶を呼び戻します。

そのため、写真・文字・全体の整然さなどが良ければプラス評価につながるのです。

欲しいと思わせるために、履歴書の作成は準備が肝です!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.