太っている人の妊娠、出産は大丈夫?肥満による影響と過ごし方!

妊娠は新しい命を授かる大変喜ばしいことです。

しかし、太っている人や肥満傾向にある人が妊娠すると、様々なリスクを伴うと言われているのが事実です。

今回は、妊婦に与える肥満の影響や、妊娠生活中の過ごし方について紹介します。

Sponsored Link

そもそも肥満の基準ってどれくらい?

そもそも、肥満とは「正常な状態に比べて体重が多い状況」のことです。

体脂肪が過剰に蓄積した状態のことも肥満と呼びます。

どうやって肥満体型か否かを判断しているのかと言うと、日本肥満学会の「Body Mass Index(BMI)」と呼ばれる体格指数が基にされています。

体重からBMI数値を計算し、その数値によって判断しているのです。

BMIの計算方法は「体重(キロ)÷身長(メートル)÷身長(メートル)=体格指数」によって求めることができます。

正値は22とされており、25以上が「肥満」、18.5以上25未満が「普通」、18.5未満が「痩せ」と判定されます。

例えば、

身長160センチ、体重67キロだとすると、「67÷1.6÷1.6=約26.1」となり、肥満と判断されます。

身長160センチ、体重50キロの場合は、「50÷1.6÷1.6=約19.5」となり、普通と判断されます。

また、BMIが25を超えると、糖尿病や心臓病・高血圧になるリスクが高まると言われています。

ただし、BMIが適正値だからと言って肥満じゃないかと言うと、残念ながらそうではありません。

中には「隠れ肥満」と呼ばれる人もいます。

BMIと同じくらい重要とも言えるのが「体脂肪率」ですが、隠れ肥満とは、「BMIが低いにも関わらず体脂肪率が高い状態のこと」です。

体脂肪率は成人男性が25%未満、成人女性は30%未満が正常範囲とされています。

これらの数値を超えると、仮にBMIが適正値であっても「隠れ肥満」と判断されてしまいます。

つまり、肥満かどうかを判断するには「BMI」と「体脂肪率」をそれぞれ加味する必要があるのです。

Sponsored Link

肥満傾向にある妊婦の適正増加体重とは?

一般体型の妊婦の体重増加は7キロ~12キロ程度が理想とされており、低体重の人は9キロ~12キロ程度が理想とされています。

一方で、太っている人や肥満傾向のある人はより厳しい体重管理が行われるため、それぞれ個々に体重増加の上限が定められます。

成人妊婦と同量の体重が増加するのは危険とされているため、体重増加が5キロまでと制限されることも珍しくありません。

経験してみなければ分かりませんが、妊婦が体重増加を5キロまでに抑制されるのは非常に辛いものなのです。

かと言って妊娠中にダイエットをすると胎児に十分な栄養が行きわたらない可能性があります。

肥満引き起こす病気とは?

肥満が妊婦に与える影響は様々ありますが、妊娠生活中に与える影響として懸念されるのが「妊娠の異常の病気になりやすいこと」です。

妊婦が発症する病気に「妊婦糖尿病」「妊婦高血圧症候群」「神経管閉鎖障害」などがありますが、肥満はこれらの病気の発症リスクを高めてしまいます。

これらの病気について詳しく解説します。

妊婦糖尿病

妊婦糖尿病とは、妊娠中に発症する糖尿病のことで、糖代謝の異常によって引き起こされます。

高血糖になると妊娠糖尿病と診断されますが、母親が高血糖であると胎児も高血糖になりやすい状態になってしまいます。

高血糖は母親にも胎児にも悪影響を及ぼす危険性があります。

一例を挙げると、母親は「羊水量の異常」「肩甲難産」「妊娠高血圧症候群」、胎児は「形態異常」「流産」「心臓の肥大」などの合併症が引き起こされるリスクが高まります。

妊婦高血圧症候群

妊婦高血圧症候群とは、2005年3月まで「妊娠中毒症」ともいわれていた病気です。

2005年4月、妊娠中毒症の中でも高血圧が認められる場合に焦点を絞り、「妊娠高血圧症候群」という病名が採用されました。

日本産婦人科学会では、妊婦高血圧症候群とは「妊娠20週目以降、分娩後12週まで高血圧が見られる場合または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの 」と定めています。

なお、妊娠高血圧症候群は様々な病気の総称ですが、代表的な疾患として「高血圧」「むくみ」などがあります。

母子共に危険が伴う可能性が高いと言われている「妊娠高血圧腎症」を発症すると、痙攣を起こしたり全身の臓器に機能障害が起こる可能性もあります。

妊婦高血圧症候群も、肥満体型の人が発症する可能性が高い病気のひとつです。

神経管閉鎖障害

神経管閉鎖障害とは、生まれてくる胎児の先天性の疾患のひとつです。

中枢神経の基になる「神経管」の一部がふさがってしまい、脳やせき髄など重要な機能が正常に働かなくなってしまいます。

障害の現れ方には個人差があり、神経管のふさがっている部分によって異なります。

「無脳症」と言う病名を耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、無脳症も神経管閉鎖障害から引き起こされる病気です。

最悪の場合流産や死産してしまう恐ろしい病気です。

Sponsored Link

健康な赤ちゃんを産もう!太っている人の妊娠生活中の過ごし方

太っている人・肥満傾向の人は、妊娠生活中は特に食生活に気を付ける必要があります。

医師から厳重に体重管理を行うよう指導が入りますが、妊娠初期から徹底して食生活を改善することが大切です。

「妊娠初期だからたくさん食べて赤ちゃんに栄養を送ってあげないと!」といつも通りの食生活を送るのはもってのほか!

毎日体重を測って記録する癖をつけましょう。

1週間に500グラム以上体重が増えるようであれば要注意です。

そして、体重が増えていないからと言って安心してはいけません。

妊娠中の食生活は、炭水化物を減らし、その分野菜やたんぱく質など質の良い食事を摂るよう心掛けましょう。

食事の回数は1日3回。回数を減らしてはいけません。

食事の回数を減らしたり食事量を過度に減らすと、身体が飢餓状態に陥り余計に脂肪を蓄えやすくなってしまいます。

また、毎日食べたものをノートやスマートフォンのアプリに記録を付けていくことをおすすめします。

簡単なレコーディングダイエットにもなりますし、何を食べているのか振り返ることができます。

つわりで食べれなかったもの、食の好みが変わったことなどを記録しておくとより参考になるはずです。

食事の記録を付ける方法のひとつとして、食事日記という専用のノートもおすすめですよ。

日付ごとに朝昼晩の項目があり、食事だけでなく日々のスケジュールの記入や管理も一括して行えます。

妊娠中の記録帳として一冊持っておくと良いかもしれません。

1ページ1週間となっており、日付を自分で記入するフリーダイアリータイプです。

日付が書かれていないため、好きなタイミングで始めることができます。

そして、食事だけでなく、食生活の改善・管理に合わせて負担の少ない有酸素運動を行いましょう。

決して無理のない範囲で、身体の状態に合わせてウォーキングを行うのがベストです。

つわりがひどい時期には無理をせず、体調の良いときを見計らって積極的に運動しましょう。

習慣化してしまえば、あとは無理なく続けることができるはずです。

まとめ

肥満による影響と過ごし方は参考になりましたか?

肥満がもたらす妊娠の危険性は、あなたが考えていたよりもずっと重たいものだったのではないでしょうか?

しかし、肥満体型の人皆病気を発症しているという訳では決してありません。

母子共に健康に出産を終えたという人がたくさんいます。

肥満だからと過度に心配するのではなく、今できること、これからできることを考え、行動に移すことが大切です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください