妊娠から出産まで 費用

neta-life【ネターライフ】

妊娠から出産までの費用!いくらぐらい必要?

読了までの目安時間:約 7分

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

妊娠した!と喜びで満ちあふれている一方で、気になるのが一体出産までにいくらくらいの費用がかかるのかという点です。

 

出産時には、42万円(産科医療補償制度加入)の出産一時金が健康保険に加入していれば支給されます。

 

でも、出産までに何回も通わなくてはならない妊婦健診の費用なども地味に出費が痛いものなのです。

 

特に検査がたくさんある日なんかだと、病院に行く前には重かった財布が帰る頃にはすっからかんということもあります。

 

そこで今回は、妊娠から出産までにかかるおおよその費用と節約方法やお得な方法についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

妊娠から出産までにかかる費用は?

妊娠してから出産までにかかる費用を知るには、まずは妊娠の診断から妊婦健診、出産と3つのカテゴリーに分けることができます。

 

・妊娠の診断

妊娠の診断がされる段階では、まだ母子手帳ももらっていないので各市町村で支給される健診で使える補助券は使うことができません。

 

 

さらに妊娠は病気ではないので、保険がきかずに自費診療となります。

 

そのため心拍が確認されて母子手帳をもらうようにと指示されるまでの費用は1回あたりだいたい5〜6,000円くらいです。

 

ほとんどの人が妊娠に気付いて行くのと心拍の確認をするために行くので2回病院へ行くことになりますから、母子手帳をもらう

までは15,000円程度の費用がかかるということになります。

 

 

・妊婦健診

妊婦健診が本格的に始まる頃には母子手帳と一緒に補助券が付いているので、大幅に健診費用が安くなります。

 

とは言いつつも、地域によってほぼ無料というところもあれば都市部では補助券を使っても1,000円以上は負担しなければならない病院がほとんどです。

 

さらに血液検査など特殊な検査があると補助券を使っても15,000円ほどの負担があり、結構地味に出費が痛いのです。

 

わたしは妊娠中便秘に悩まされていたので、その薬も毎回処方してもらっていたため別途薬代もかかっていました。

 

妊娠後期になるとノンストレステストが始まるので、その分でさらに費用が加算されて補助券を使っても5,000円くらいの会計になります。

 

わたしは計画分娩だったので補助券は余りましたが、予定日を過ぎたら確実に補助券は使い切ってしまいますしね…。

 

そうなると全額実費なので本当に「早く産まれてくれないかな」となりますよ(笑)

 

わたしも補助券内でしたが、出産前にこの毎週の出費は非常に痛かったです!

 

 

・出産費用

これは病院や地域によってもかなり違いますし、一概には言えないのですが都市部では間違いなく42万円の出産一時金から10万円以上は足が出ます。

 

ただ、地方などでは逆に42万円より少なくてお釣りがきたという場合も。

 

わたしは個人病院で無痛分娩を選択したので出産一時金から45万円も足が出てしまいました!

 

これは極端な例としても、事前にしっかり調べて費用面で心配事ができないようにしておきましょう。

 

Sponsored Link

 

節約できるものはある?お得な方法

 

まず、節約と言っても決められた妊婦健診は必ず受けるようにしてくださいね。

 

その点では節約しようがないのでは?と思われがちですが、出産を終えた翌年の2月からおこなわれる確定申告で医療費控除は必ず受けておいてください。

 

おそらく所得によりますが結構戻ってくるお金があると思います。

 

また、医療保険などでも妊娠前に入っておけば自然分娩でも保障してくれるというものがあります。

 

医療保険に入っておけば、妊娠中のあらゆるトラブルで急遽入院!なんてことになっても手厚い保障があるので予定外の出費にも対応できます。

 

わたしは骨盤が狭くて、もしかしたら帝王切開になる確率が高いかも…と言われていたので、やはり医療保険に入っておいて良かったなと思いました。

 

実際帝王切開ではなかったのですが、とても安心感がありましたからね。

 

もしも緊急帝王切開になってもいいように高額療養費制度も早めに主人の健康保険組合に申請しておきました。

 

また、妊娠がわかったら健診を受ける前に様々な産婦人科に問い合わせて、出産費用はいくらなのか、クレジットカード払いは可能なのか?ということを聞いて、なるべく高過ぎない病院で出産をするというのも手です。

 

 

妊娠から出産までにはかなりのお金がかかります。

 

まとめると、だいたい30〜50万円を用意しておけばあらゆる出産方法を選べるだけでなく、病院も好きなところを選ぶことができると思いますよ♪

 

特にこだわらないのであれば20万円程度用意しておけば足りるかなと思います。

 

日本の少子化に歯止めがかかるように、この出産費用の高額な状態をなんとかしてほしいですよね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: