里帰りの荷物リスト!産後の洋服や下着はどんなもの?

082289

頼れる実家が遠方の場合、出産後に助けてもらうために里帰り出産をすることになります。

しかし里帰り出産は、実家に帰る前と後で自分の置かれている環境が大きく変わってしまうことが最大の特徴です。

里帰りする際に必要な荷物はなんなのか、そしてそれを最低限に抑えて荷物をなるべく軽くしていかないと妊娠後期のお腹で移動するのは厳しいですよね。

また帰りは赤ちゃんがいるので、余計に大変になります。

そこで今回は、里帰り出産に必要な荷物と産後の洋服や下着などはどうしたらいいのか、そして荷物を最小限に抑えるコツをご紹介します。

Sponsored Link

里帰りに必要な荷物リスト

では早速、里帰り出産に必要な荷物リストをご紹介していきましょう!

入院準備グッズ

・母子手帳

・診察券

・保険証

これらの入院する際に必要になるものです。

兎にも角にもこれがないと始まらないので、最初に荷物に入れるようにしてください。

入院出産費用にかかる大金をおろすキャッシュカードもしっかり用意しておいてくださいね。

実家について臨月に入る前にお金をおろしておいて、実家の両親に預けておくのが良いでしょう。

赤ちゃんのグッズ

赤ちゃんが着る肌着などが当てはまります。

季節によりますが、暖かい季節であれば短肌着とコンビ肌着5枚ほどがあれば十分です。

おしゃれな可愛いカバーオールなどを着せたい気持ちもわかりますが、正直産後はそこまで神経が回りませんので必要ありません。

冬場の場合は帰りのカバーオール一枚のみで十分でしょう。

オムツやおしりふき、お風呂グッズなどは、里帰りをしてから調達するようにすると、荷物が軽くて済みます。

持っていく段階では赤ちゃんのものは主に着るもののみと考えれば良いでしょう。

自分の洋服や下着

自分の洋服や下着に関しては次の項目で詳しく説明しています。

産後につける骨盤ベルトはあると便利ですので、一着持っていきましょう。

また悪露用の生理用ナプキンなどは、里帰り後に購入すると良いです。

そして気になる哺乳瓶や粉ミルクは、実際に赤ちゃんが産まれて母乳の出を見てから購入したほうが無難です。

わたしも様子を見てから購入しようと思っていたのですが、思いの外母乳の出が良くて、子供も飲みが良かったので哺乳瓶や粉ミルクは一切使いませんでした。

値段的にも安いものではないので、赤ちゃんが産まれてから親に頼んで必要なら買ってきてもらうといった方法を取るほうが良いですよ!

Sponsored Link

産後の洋服や下着はどういったものを用意してけばいいのか?

産後はもう赤ちゃんを産んだのだから妊娠前の洋服が着れると思っている初産婦さんは割と多いです。

わたしもそうで、普通に妊娠前着ていた洋服を用意していました。

しかし実際は違って、お腹は出産後でもまだ大きくて6ヶ月くらいのお腹なんです。

そのため、マタニティ服を行き帰り同じものを着る形にすれば荷物にならずに済みます。

また下着も、同様の理由からマタニティ下着を5枚ほど持っていきましょう。

産後は悪露などで不意に汚してしまうことも多々あります。

下着は多めに持っていくのが良いですよ!

あとはパジャマですが、産後はほとんど一日中パジャマで過ごす日々が1ヶ月ほど続きます。

そのためパジャマもできれば親のものを借りたり、現地で購入したりするのがオススメです。

わたしはお腹が苦しくないように、また授乳がしやすいようにネグリジェを親が何着か用意してくれていました。

正直、パジャマに関しては悪露で汚してしまったり、母乳があふれて濡れてしまったり、下半身の筋肉の緩みから尿意が我慢できなくて漏れてしまったなんてことは日常茶飯事です。

実家には帰る前に連絡をしておいて、パジャマを多めに用意しておいてもらえるか聞いておいてください。

母乳育児をする場合は、必ず前開きのボタン式のパジャマでないとあげづらいのでそこも確認しておきましょう!

Sponsored Link

大量の里帰り荷物を抑えるコツ

387378

里帰り出産となるとかなりの長期間実家に帰ることになるので、何かと物入りとなり荷物が気がつくと膨れ上がってしまうものです。

そんなときには、赤ちゃんの洋服や下着、パジャマなどを先に実家に荷物として送ってしまいましょう。

こうすることで、里帰り出産で帰るときには荷物がほんの少しで身軽になるので、お腹が大きくて動くだけでもしんどい状態が改善されますよ!

おそらく妊娠9ヶ月に入ったくらいで里帰りする人が多いと思いますが、やはり重い荷物はかなりの負担になりますからね。

先に送るものだけ送ってしまって、自分は小さなバッグに母子手帳や保険証、お財布や携帯くらいを入れて身軽な状態で移動しましょう。

実家には、先に荷物を送らせてもらうことと自分が帰るまでダンボールを開けないでほしいということを伝えておくと良いでしょう。

下着なども入っている荷物のダンボールを勝手に開けられてもいい気持ちはしないですからね。

実家に帰って臨月に入るまでにオムツやおしりふき、チャレンジする人は布おむつを購入しておいたほうが良いでしょう。

また新生児のお世話には、これでもかというほどタオルが必要になりますので、柔らかいガーゼをたくさん購入しておくと良いですよ!

まとめ

準備万端で、出産まで穏やかな気持ちで実家で過ごすことができるといいですね。

元我が家でも、一度結婚して家を離れると意外と気を遣ってストレスがたまるという妊産婦さんも多いのです。

わたしは実家が近かったので1週間で帰ってきちゃいました(笑)

快適に過ごせるように、自分なりにのびのび過ごせるようにしておきたいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください