上の子 赤ちゃん返り 

neta-life【ネターライフ】

上の子が赤ちゃん返りをする原因!対処法や対応策!

読了までの目安時間:約 7分

145252

 

上の子供がまだ小さいうちに二人目の赤ちゃんが産まれると、上の子供が赤ちゃん返りすることがあります。

 

ただでさえ新しく産まれた下の子供にかかりっきりなのに上の子供にまで手がかかるとなるとお母さんも大変です!

 

でも、上の子供にも考えるところはあるようで…。

 

そこで今回は、二人目が産まれたときの上の子供の赤ちゃん返りの原因や対策、またフォローの仕方などをご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

二人目が産まれてから上の子が赤ちゃん返りをする原因や対策!

二人目の赤ちゃんが産まれてから、なんだか上の子の様子がおかしい…。

 

今までできていたことができなくなったり、ひどいかんしゃくを起こすようになったりするようになります。

 

これが上の子の赤ちゃん返りと言って二人目育児で大変なお母さんを悩ませるのですが、そもそも何故赤ちゃん返りをしてしまうのでしょうか。

 

原因としては、兄弟が産まれたという周囲の環境の変化に適応できないでいることへの戸惑いと、大好きなお母さんを赤ちゃんに取られてしまうのではないかという不安や寂しさがあげられます。

 

確かにそうですよね、今までは自分がお母さんの愛情を独占していたのにいきなり現れた赤ちゃんにオイシイところを全部持って行かれてしまうのですから。

 

そりゃあ上の子としては不安や焦りが出てくるのは当然のことだと思います。

 

赤ちゃん返りの対策としては大変だとは思いますが、とにかくお母さんが赤ちゃんばかりに目を向けないで上の子もしょっちゅう抱きしめてあげることが大切なのです。

 

上の子が「大好きなお母さんは赤ちゃんも自分のことも大好き。だから自分も赤ちゃんのことが大好き」だと思えるように態度と言葉で示していくことが重要なんですね。

 

ついイライラして叱ってしまいたくなりますが、ここはグッと我慢!

 

叱ってしまうと、上の子の年齢にもよりますが、何故叱られているかもわからず心に傷をつくってしまうことがあります。

 

よほど危険なこと以外はなるべく叱らずに、心を広く持って対応していくのが良いでしょう。

 

Sponsored Link

二人目が産まれたときの上の子の正しいフォローの仕方!

 

二人目が産まれたときに、上の子に対してうまくフォローできれば赤ちゃん返りを少し和らげることができるかもしれません。

 

例えば、赤ちゃんをお母さんと一緒に可愛がりながら「〇〇(上の子)の時もこうしていつも抱っこしていたんだよ。もう可愛くて可愛くて、みんな幸せな気持ちになったんだからね」などと上の子に声をかけながら、赤ちゃんと同様にあなたのことも大好きなんだよということを繰り返し伝えていくようにしましょう。

 

そして赤ちゃんが寝ているときは上の子とたっぷり触れ合う時間を持ちます。

 

たくさん抱っこしてあげたり、抱きしめてあげたり、たくさん褒めてあげましょう!

 

繰り返しているうちに上の子の気持ちも満たされてきて、赤ちゃんに対する嫉妬などもなくなって赤ちゃん返りも次第に落ち着いてきます。

 

また、まだ上の子の年齢が小さい場合は赤ちゃんに授乳をしていると自分もおっぱいを欲しがる場合があります。

 

赤ちゃんにも上の子にも授乳をすることを「タンデム授乳」と呼びますが、特にお母さんが辛くなければ少しだけ甘えさせてあげるのもアリかなと思います。

 

きっと上の子の気持ちが落ち着いたら、だんだんおっぱいを欲しがるということもなくなってくるでしょう。

 

そこは神経質にならなくても大丈夫ですよ♪

 

赤ちゃん返りは決して上の子がお母さんを困らせるためにしているわけではなく、お母さんの愛情が欲しいだけなんです。

 

だから少しのことは多めにみてあげて、しっかり上の子の精神的ケアを優先していきましょう!

 

赤ちゃんを傷つけようとしたら?

342151

上の子の自我がしっかりしてくると、お母さんに赤ちゃんを取られた!と確信すると赤ちゃんを攻撃対象としてみることがあります。

 

例えば赤ちゃんのことを叩いたり、髪の毛を引っ張ったりすることもあるでしょう。

 

お母さんはきっとその光景をみて、ビックリするのと同時に強い不安が襲ってくると思います。

そんなときには、上の子と向かい合って目を見ながら「どうして赤ちゃんにイタイイタイするの?」と静かに聞いてみましょう。

 

きっと「お母さんを取られたから」と正直に打ち明けてくれる子もいるかと思います。

 

そんなときは「赤ちゃんばっかりになってごめんね」と抱きしめてあげて、ぜひ次のオムツ交換などのお手伝いをしてもらうようにしましょう。

 

最初はオムツを持ってきてもらったり、おしりふきを取ってもらったりするくらいで大丈夫です。

 

慣れてきたらオムツの交換方法などを教えてあげて、上の子が積極的に赤ちゃんに関われるように配慮をしてあげると良いと思います。

 

上の子と赤ちゃんが良い関係を築けるように、上手にエスコートしてあげましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: