子供の箸は何歳から?練習方法や矯正方法を紹介!

0991-015814

大人になっても箸の持ち方がキレイじゃない人を見ると、なんだか残念な気持ちになってしまいますよね。

箸をうまく持てるということは食事のマナーができているということです。

マナーとはつまり「礼儀作法」のこと。

マナーがしっかりしていることが、食を楽しむことにつながり、自身の成長につながるということです。

子供にしっかり箸の持ち方を教えることで食に対する礼儀作法を伝えるということになります。

箸をうまく持てないだけで「しっかりした躾(しつけ)をされていない」と思われてしまうことも全然あります。

ましてや現代では外国人のほうがうまく箸が持てたりなんて悲しい現実もあるぐらいです。

そうならないためにも、子供のときからしっかり箸の持ち方を教えておきたいものですね。

では、いつから子供に箸の持ち方を教えればいいのでしょうか。

今回は子供に教える正しい箸の持ち方・箸の選び方から、実は親が正しく持てていない?そんな時にとっておきの箸の持ち方の矯正方法をご紹介します。

Sponsored Link

子供に箸の持ち方を教える方法!

まず、これから子供に箸の持ち方を教える場合の方法です。

実際何歳から箸の持ち方を教えて、どのように練習したらいいのか解説していきます。

それでは見て行きましょう。

箸の練習は何歳から?

箸の持ち方を教えるのに何歳からという決まりはありません。

ただトレーニング箸やエジソンの箸などで見ると、対象年齢は2歳~となっているようです。

0歳はママが食べさせて、1歳はスプーンやフォークで、2歳から箸という流れかと思います。

ただ3歳だから遅いというわけではなく、成長のスピードも人それぞれなのでまずは2歳を過ぎてから、箸に興味を持つようになったら持たせてみるというところから始めるのがいいと思います。

またはスプーンやフォークを鉛筆を持つように下から持てるようになったら、箸をもつようにすすめてみるのもありです。

このように箸の持ち方を教えてもいいタイミングが来たら始めてみましょう。

箸の持ち方の正しい練習方法

箸を持たせる年齢はタイミングを見て行わせるのがベストでしたが、練習をするのはどんなタイミングがいいのでしょうか。

一見、食事の時に合わせて教えてしまいがちですが、食事の時間に箸の持ち方を教えるのは避けた方がいいでしょう。

『食事=楽しくご飯を食べる時間』であり、躾が優先になってしまうとご飯を食べること自体嫌がるようになってしまうかもしれません。

ですので、おままごと遊びの中で取り入れたり、鉛筆持ちのやり方をしたり、箸を持って何かをつまむ遊びをしたりなど、箸の持ち方を教える時間を設けると子供もすすんでやるようになります。

また、日常の絵本の読み聞かせの中で箸の持ち方絵本を取り入れたり、知育系アプリを使ったり、うまくできたときのためのご褒美シールを活用したりするのもおすすめです。

どんな箸で練習する?

基本的には子供が好きなキャラクターのお箸を購入することです。

これで子供も箸に飛びつくこと間違いなし!

そして、子供に箸を購入するときには長さも重要なポイントです。

子供の手の大きさには個人差があるので、大体親指と人差し指を直角にしてL字型にしたときの、親指と人差し指を結んだ線の長さ×1.5がちょうどよい長さと言われています。

ちなみに、トレーニング箸やエジソンの箸を使うことに対しては、賛否両論あるようです。

箸の持ち方を分かっていなくても物がつまめるので、感覚を知るのにはとても良いものですが、それに慣れてばかりいると本物の箸で物をつまむ上達にはならないという声もあるようです。

気になる方は試してみてはいかがでしょう。

Sponsored Link

箸の持ち方の矯正方法は?

子供に箸の持ち方を教える方法は分かったものの、実は教える側の親が正しく箸を持てていない場合もよくあります。

そこで、今からでもできる箸の持ち方矯正方法をご紹介します。

1.まずは箸を1本用意し、親指・人差し指・中指だけで持ちます。
親指を添えるだけの状態にして、その箸を上下に動かす練習をします。

 

2.1の状態で、親指と人差し指で作った輪っかの中に下の箸を挿入し、薬指で支えます。
下の箸は固定したままで動かさないのがポイント。

この2つだけです!

イメージとしては人差し指と中指だけ動いているという感覚でしょうか。

親指と薬指は添えてあるだけで力は入れないことです。

おいでおいでと手招きをするときに薬指と小指を動かさずにやるような感じです。

最初はいろんな部分に力が入ってうまく持てないかもしれませんが、すぐに箸と箸をぴったり合わせることができるようになります。

矯正することができたら、その感覚をそのまま子供に伝えることができ、より子供も分かりやすいはずです。

ぜひ頑張ってみてください!

まとめ

箸の持ち方は、大人でもきれいに持てている人が少ないくらいなので、子供がマスターするのもなかなか大変なものです。

ちゃんと持てないからといって「なんでできないの!」と怒るのは絶対NGです。

「すごい!今日は上の箸を動かせたね!」「今日はティッシュをつまめたね!」とおおげさなくらいに褒めて伸ばしましょう!

親の演技力がきっと箸の上達につながります。

上手な箸の持ち方で、美味しくご飯を食べてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.