子供 毛染め 影響

neta-life【ネターライフ】

子供の毛染めへの影響!それでも染めたい?

読了までの目安時間:約 7分

 

 

063190

 

時々、街で髪の毛を染めている子どもを目にしますよね。

 

「カラーリングしたヘアは、子どもでもかわいい!おしゃれ!」という意見の大人と「いや、子どもにヘアカラーさせるのは早すぎる。第一年齢に不釣り合い」と考える大人もいると思います。

 

しかし、おしゃれの面では正直価値観の違いなのでどちらでも良いと言えば良いのですが、健康上の観点から子どもへのカラーリングって大丈夫なのでしょうか。

 

実は子どもへの毛染めにより、想定される健康被害って結構多いんです。

 

ここでは、子どもへのカラーリングによってもたらされる可能性のある危険についてお伝えしていきますね。

 

Sponsored Link

 

子どもへの毛染めが危険な理由

子供の髪染めによる健康被害といってもどんな事があるのでしょうか。

 

それは大人の髪染めと同じで髪や地肌へのダメージが一般的です。

 

今回はそんな髪と地肌へのダメージについて詳し説明します。

 

①髪の毛が傷みやすくなる

 

そもそもカラー剤って、たとえ大人でも丁寧にケアしながら塗ったり、タイミングに気を付けたりすることによりダメージの発生を防ぐことはできても、多少のダメージ被害はありますよね。

 

枝毛や軋み感など、カラーリングしないことによって縁のなかったトラブルもカラーすることによって少しずつ発生してくるのではないかと思います。

 

そんなカラーリングを子どもに施すとどうなるのでしょうか。

 

実は子どもの髪の毛は大人に比べ、キューティクルが少ないので、少しのダメージにも過剰に反応しやすくなっているのです。

 

大人の髪の毛の場合は、このキューティクルが幾重にも重なり、うろこ状になっているので外部からの刺激に対しても、跳ね返す力があるのですが、まだ成長しきっていない子どもの髪ではそうはいきません。

 

また、早い時期にこういった刺激を受けると、髪の毛が健康的に生えにくくなりますのでこういった意味でも、少なくとも15歳くらいになるまでカラーするのは待ってあげるのがよいかと思います。

 

②地肌への影響

 

髪の毛同様、子どもの皮膚は大人の皮膚の半分の薄さと言われており、少しの刺激も大人に比べ感じやすくなっています。

 

また、カラーリングの地肌への影響としては、カラー剤に含まれている「パラフェニレンジアミン」という危険な化学物質によりもたらされるトラブルがあります。

 

大人でも、カラー剤をつけることにより、頭皮がピリピリするという感覚を覚える人が多いと思いますが、子どもの場合肌が弱いので、炎症を起こして赤くなったり、湿疹やじんましんをおこすというようなこともあります。

 

さらに、皮脂の分泌量も足りていないのでこうした危険物質が付着すると、体内に侵入し、発がんするという恐れもあります。

 

また、これが誤って目に入ると最悪の場合、失明するという可能性もあるのです。

 

 

とっても恐ろしいですね。

 

こういった危険な行為だということが分かっていても「それでもどうしても染めたい。染めなきゃ」という方、いるかもしれません。

 

しかしながら、敏感肌や髪質に合わせたカラーリング剤は続々開発されているものの、子どもの頭皮に合わせたものはないのです。

 

なので、極論、子どもにとって安全なカラーリング手法(まぁ、大人にとっても安全と言い切れる方法はないのですが)はないのでやらないに越したことはないでしょう。

 

Sponsored Link

 

実は親のカラーリングも子どもにとって危険?

カラー剤は液体なので、当然気化する可能性があります。

 

空気中に混じったカラー剤の危険な成分が子どもの肌についたり、目に入ってしまったらどうなるでしょう。

 

当然危険ですし、上記で説明した影響がないともいえません。

 

ですので、子どもがいる家庭でカラーリングをする場合は、必ず子どもがいない時間に

 

カラー

シャンプーで洗い流す

ドライヤーで完全に乾かす

 

これらのまで工程を済ませるようにしてください。

 

健康被害以外にも、想定される悪影響・・・。

488421

 

このような、子どもの健康にとって百害あって一利なし!なカラーリングを子にさせることによって、世間体が悪くなるという可能性が大いに考えられます。

 

「あんな小さな子にカラーさせるなんて。危険なこと何もわかってない!」というふうに見られ、親同士の付き合いが悪くなるのはもちろん「うちの子と関わらせたくない」という親によって、子どもの交友関係にまで悪影響を及ぼしかねません。

 

まだ自分で危険なもの、安全なものの、守るべきことと守らなくていいことの判別ができない子どもの期間には、カラーリングなどはさせないのが極めて無難かと考えます。

 

 

いかがでしょうか。

 

健康にも、日常の学校生活にも支障を来しかねない、子どものカラーリング。

 

おしゃれさせることは良いことですが、大切なわが子の健康を想うのであれば、まずはやってみる前に、安全か安全じゃないかを調べて行うようにしていきましょう。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: