赤ちゃんの海水浴はいつから入れる?注意点は?

030-085710

夏が近づいてくると海に行きたくてソワソワする人もいるんじゃないでしょうか。

ましてや子どもが産まれたら一緒の思い出作りをしたいですよね。

「でも赤ちゃんっていつから海に入れるの?気をつけることは?」

私も初めての子どもとの海遊びには疑問や不安がいっぱいでした。

私の体験談も踏まえて赤ちゃんの海水浴についてご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

赤ちゃんはいつから海に入れるの?

まずは月齢がいつの赤ちゃんから海に入れるのかという疑問です。

これは正直言って正解はありません。ママ友たちに聞いてみてもバラバラです。

兄弟がいる赤ちゃんはかなり小さいときから連れていく(むしろいかざるを得ない?)人もいますし、2~3歳になって初めての旅行で海に入ったという人もいます。

ただし、育児書など一般的には腰のすわりはじめる7カ月の赤ちゃんから入れるとされています。

もちろん、腰がすわったからって波打ち際に一人でおすわりさせてはダメですよ!

保護者がしっかり後ろから腰を抱っこした状態でパシャパシャ楽しむ程度です。

見た目以上に波の力は強いのでここは必ず気をつけましょう。

Sponsored Link

赤ちゃんを海に入れるときに気をつけることは?

波の力の話もしましたが、赤ちゃんを海にいれるときに気をつけることはたっくさんあります。

想像以上に長い… 長時間の移動に備える!

日差しを侮っちゃダメ!紫外線対策はバッチリと!

水分補給はしっかりと!

などなど…

まず、海の目の前に住んでいる人なら別ですが、大体海水浴場までの移動はかなりの長時間になる人が多いと思います。(私はかなり近いですが…)

車にしろ電車にしろ、まず海に着くまでにかなりの体力を消耗することを念頭に置いておいてください。

冷房の風も赤ちゃんにとってはあまり良くないので冷房対策もお忘れなく!そして紫外線対策は万全に!

夏の日差しは思っている以上に強いです。

赤ちゃんの皮膚はとっても薄くて弱いので大人が日焼けする日差しはヤケドくらい肌に影響すると思ってください。

また塩がついた肌・髪は紫外線の影響を強くうけるので潮風・海水をあびたら、しっかり真水で落としてくださいね。

日焼け止めクリームを活用するのもいいのですが、日焼け止めクリーム自体も赤ちゃんにとっては刺激の強いものになります。

赤ちゃんが使える低刺激タイプのものをこまめに塗るようにして長袖を着るなど肌を隠すようにしましょう。

また、日差しの強い日中は避けるようにしたほうがオススメです。

 

そして一番といっても過言ではないほど大事なのが水分補給

夏というだけでも汗かくのに海にいき潮風・海水をあびるだけでもどんどん水分が身体から奪われてしまいます。

こまめな水分補給を行い熱中症対策をしてください。

水分補給の観点からすると母乳だけの月齢の低い赤ちゃんを連れていくのはかなり厳しいと思います…。

この他にも気をつけることはたくさんあります。

砂浜にレジャーシートをしくのか、海の家を利用するのか、授乳場所はどうするのか、おむつ替えの場所などなど…

海水浴って海だけじゃないですよね。

事前に海水浴場をしっかり調べて一日のシミュレーションをするのがオススメです。

オススメの海水浴場は?

0302-odekake_umi

さぁ、それではどんな海水浴場がオススメでしょうか。

今ではインターネットで「海水浴場 赤ちゃん」などで調べれば乳幼児向けの施設がある海水浴場を検索することもできます。

条件としては

海の家があること

シャワー・トイレ完備であること

監視・救護室があること

などでしょうか。

駐車場からビーチが近い、ビーチに岩がごろごろしていない、などその他にも気になるポイントはたくさんあります。

移動時間もしっかり計算してくださいね!

準備万全で、赤ちゃんとの海の思い出が素敵なものになりますように!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください