赤ゃんの鼻水吸引の正しいやり方!上手くやるコツも紹介します!

all

赤ちゃんはすぐ鼻が詰まってしまって、ゼーゼー、ジュルジュルしがちですよね。

苦しそうな呼吸を見ると、どうにか楽にしてあげたいと思います。

大人であれば鼻をかむことができますが、そうもいかないのが赤ちゃん。

では、赤ちゃんの鼻水をうまく吸引して呼吸を楽にしてあげるにはどうすればいいのでしょうか。

口で吸う、グッズを使う、機械を使うなど、いろいろな方法がありますのでコツを踏まえてご紹介します。

Sponsored Link

赤ちゃんの鼻水吸引方法

赤ちゃんは基本的におっぱいを吸いながらも呼吸ができるように、鼻呼吸です。

そのため鼻が詰まってしまうとおっぱいもうまく吸えず、寝付きも悪くなるので鼻のケアはとても大事です。

まず、鼻水を吸引するには抵抗がなければ口で吸うのが一番早いです。

ほっぺたにチュチュチュとしている隙を見計らってそのまま、ジュっと吸ってあげてください。

口で吸うのに抵抗があるのであれば市販の鼻水吸い器がオススメです。

我が家にも有名な鼻水吸い器があるのですが、これがよく取れます。

ただ、肺活量は必要です。

吸い終わった後はクラクラするのを覚悟しておいてください。

またよく言われるのが鼻水吸い器の場合、赤ちゃんの鼻から出た菌も一緒に吸いこむので風邪などをもらいやすいと言います。

なので、よく鼻水が出る赤ちゃんや持病がある場合にオススメする電動のものが良いです。

私の知人は、電動タイプを購入しましたが、「これは高いけど買う価値あり!」とよく言っています。

彼女の場合、赤ちゃんからよく風邪をもらっていたからだそうです。

Sponsored Link

吸引のコツ

どの方法を行うにしろ、やりすぎは禁物です。

赤ちゃんの鼻の粘膜はとても薄いのですぐ傷ついてしまいます。

粘膜が傷つくことで鼻の内部がはれ上がってしまい、余計に鼻水が出て詰まることもあるので、鼻の入り口に見えるものを取り除く程度に考えるといいでしょう。

また、固くなってしまった鼻くそは吸引器ではなかなか取ることができないので、お風呂あがりなど、鼻くそがやわらかくなっているタイミングで吸引を行うようにしてください。

次にオススメなのはクシャミをさせてから。

ティッシュでこよりを作って赤ちゃんの鼻をこちょこちょしたら、大きなクシャミが出ることがあります。

奥に詰まったものもポーンと出てくることもありますし、このタイミングで吸引するとよく取れます。

ただ、これもティッシュはあまり奥にいれすぎないようにしてくださいね。

奥の手としては大泣きしたときです。

大泣きした赤ちゃんの鼻は湿っているのでこれも吸引のタイミングです。

心を鬼にしてタイミングを見計らわないといけないのでなかなか辛い奥の手ですが。

あと、私もよくやるのが母乳を点鼻した後です。

生理食塩水でやるやり方もあるようです。

水が鼻に入るとツーンとしますが、母乳は浸透度が同じなのでツーンとこず、例え飲んだとしても害はなく、母乳には抗菌作用などもあるようなので母乳点鼻はオススメです。

ただし、絞りたてのものを使うようにしてくださいね。

スポイトなどでそっと垂らしてあげてください。

吸引器の使い方

0222-akachan_smile

市販の鼻水吸引器を例にとって使い方をご紹介します。

といっても、片一方を口にくわえて片一方を赤ちゃんの鼻にあて、息を吸い込むだけです。

ただ、小児科で教えてもらったのですが、小鼻の横の頬骨あたりを優しくマッサージしながらだと吸いやすいようです。

鼻水がたまる場所です。

使い終わったら、流れの強い水道水でパイプを洗って清潔にしておきましょう。

奥の方にたまった鼻水を無理に吸いだそうとしないでくださいね。

鼻水吸引器を使っても、鼻のグズグズがとれないようでしたら病院でみてもらってください。

自己判断で終わらないようにしましょう。

赤ちゃんが気持ちよく過ごせるように、ぜひ鼻水吸引の方法を参考にしてみてください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください