こどもの日に女の子の場合はどうするの?鯉のぼりは飾らない?

141948
ゴールデンウィークになる前にそろそろ息子の為に鯉のぼりや兜とか出してあげなきゃというご家庭も多いのではないでしょうか。

でも5月5日って男の子の節句ということだけじゃなくてこどもの日でもあるよね…

このようにお気づきになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

女の子の節句は3月3日の雛祭りであるし、特にないのかなと気になりますよね。

そこで今回はこどもの日に女の子はどうするのかご説明していきたいと思います!!

Sponsored Link

こどもの日に女の子の場合はどうするか?

こどもの日と言えば端午の節句のイメージがあるので、男の子のお祝いと言う風に考えている方も多くいらっしゃるかと思います。

実はこどもの日と端午の節句は別物なのです。

こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、
こどもの幸福をはかると共に、母に感謝する。
(内閣府ホームページより抜粋)

つまり男の子の節句が単にこどもの日と一緒であるだけで、こどもの日は女の子もお祝いすることが出来るのです!

鯉のぼりは飾っていいのか?

144048
鯉のぼりを飾るようになった由来は滝を登り切った鯉が龍になったという中国の故事になぞり、男の子の出世と成長を願い鯉のぼりをたてて祝ったとされています。

つまり鯉のぼり自体は男の子のために飾るものなのだと考えられています。

鯉のぼりの大まかな並び順です。

真鯉(黒い鯉)一番上で大きくて父親

 

緋鯉(赤い鯉)真鯉と対になるように母親

 

子鯉(青い鯉)小さめで子ども\

しかし、説によっては緋鯉もこどもを指すのではないかと言われています。

有名な歌詞の中に「おおきいまごいはおとうさん ちいさいひごいはこどもたち」とあります。

お母さんは歌詞の中にいないのです!

何故かと言いますと、お母さんはこの日はお休みを貰って遊びに行っているからというのが一般的なようです。

前述にあげた内閣府の定めたこどもの日は母に感謝をするという意味合いも含まれています。

まとめ

最近では緋鯉はお母さんだとして、他にオレンジの鯉などは女の子を指していたりなどカラフルで家族が沢山泳いでいる鯉のぼりも多数見受けられます。

健やかな成長を願う親心からしたら女の子である娘さんのためにも何かしてあげたいなと思うことはありますよね。

鯉のぼりだけではなく柏餅やチマキ、菖蒲風呂など、せっかくなので男の子の日だから…などと遠慮せずに楽しんでしまいましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください