ハロウィンっていつ?日にちは何月何日?期間と意味をご紹介!

秋口になってくると渋谷や六本木などでハロウィンの仮装が年々盛り上がりをみせていますが、ハロウィンの正しい日にちやまた、いったいどういうイベントなのか知らない方もとは多いのではないでしょうか?

イメージとしては子供は仮装をして家を周り、若者は仮装をしてパレードに参加し、大人はBarなどで楽しむといった程度の認識だと思います。

そこで今回は、ハロウィンとは本来どういった行事なのか、そして正しい日にちなんかをご紹介します。

Sponsored Link

ハロウィンってそもそもどんな行事?何月何日?

ハロウィン(Halloween)とは、古代ケルト人が起源で毎年10月31日に行われるお祭のことをいいます。

正確に言うと、万聖節の前夜祭です。

万聖節とは毎年11月1日に行う、あらゆる聖人を記念する祝日です。

ハロウィンとは本来はその万聖節の前日に秋の収穫をお祝いし、悪霊などを追い払う宗教的な意味合い強い行事です。

日本でいうお盆に近いものがありますね。

悪霊や死人たちの魂が戻ってくるという日ということで、カボチャの中身をくりぬいて作る「ジャック・オー・ランタン」を外に飾り魔除けにしたり、

子どもたちが魔女やドラキュラ、お化けなどに仮装して近所の家にお菓子をもらいに訪れるという風習が今では一般的です。

今では特にアメリカでは一般的行事として普通に行い、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどありません。

アメリカではビッグイベントとしてハロウィンの一ヶ月前から家のデコレーション、衣装そしてお菓子の準備をするようです。

Sponsored Link

ハロウィンの歴史

今ではアメリカをはじめ、当たり前の行事となったハロウィンですが、いつからハロウィンが定着したのか歴史を見ていきましょう。

ハロウィンがアメリカの祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降で、ニューイングランドのピューリタンはハロウィンに強く反対します。

しかし、19世紀になりアイルランドとスコットランドからの移民によってアメリカにハロウィンの文化が定着しました。

それまでは、特定の移民コミュニティだけの行事として行われていましたが、1950年代「トリック・オア・トリート」という台詞が製薬会社や映画会社、テレビ局などの影響もあり普及し今ではアメリカ全土に普及しました。

ハロウィンはキリスト教の行事ではない?

ハロウィンは古代ケルト人の風習であり、決してキリスト教の行事ではありません。

現代のキリスト教会はハロウィンの慣習がキリスト教のものではないという認識は、ほぼ一致しています。

中にはハロウィンの行事がキリスト教の信仰に悪影響があるという認識もあります。

ポーランドのカトリック教会では首都大司教は信徒へのメッセージに「ハロウィンは子供たちによの悪魔や闇を『楽しみ』として謝った方向に導くもの」と批判しており、「ハロウィンはオカルトである」といっています。

このようにハロウィンは決してキリスト教に支持されている行事ではありません。

Sponsored Link

ハロウィンの風習

それではハロウィンはどのような風習があるのでしょうか。

1.トリック・オア・トリート

ハロウィンの決めゼリフ「トリック・オア・トリート」ですが、一体どのような意味なのでしょうか。

「Trick or Treat」は「お菓子をくれないといたずらするぞ」という意味です。

Treatは「いいもの、ご馳走」という意味でお菓子という意味ではありませんが、子供にとってはいいもの=お菓子ということになったようです。

仮装をしてお菓子をもらうために家をまわる風習は、古代ケルトの「ソウリング(Souling)」というケーキを乞う風習からきています。

死者の魂が天国に導かれるよう祈り、この祈りの儀式で「ソウルケーキ(Soul Cake)」が使われていました。

子供たちは仮面をつけて歌を歌いながら家を回り儀式のためにソウルケーキをもらう為に家をまわります。

その後アメリカの文化にと融合しながらハロウィンのトリック・オア・トリートへと変化していきました。

2.ジャック・オー・ランタン

ジャック・オー・ランタンは、「ランタン持ちの男」という意味で元々スコットランドやアイルランドにつたわる「鬼火」でした。

生前堕落した人生を送り死んだ者の魂が死後の世界への立ち入りを拒否されました。

そして悪魔からもらった石炭を火種にして、萎びて転がっていたカブをくりぬき、それを入れたランタンを片手に持って彷徨っている姿だとされています。

元々カブのランタンでしたが、移民したスコットランド人やアイルランド人の移民によりアメリカでの生産が多かったカボチャのランタンに変化しました。

今でもスコットランドではカブを使っています。一般的には毎年10月31日のハロウィンの日にカボチャをくりぬいてロウソク立てをジャック・オー・ランタンと呼び、善霊を引き寄せ、悪霊達を遠ざける意味合いがあります。

3.ダック・アップル(Duck Apple)

または「アップル・ボビング(Apple Bobbing)」といい、リンゴ食い競争のことです。

ダック・アップルはハロウィンイベントに行われる余興で水を入れた大きめのタライにリンゴを浮かべて、手を使わないで口でとるというゲームです。

ここでなぜ「リンゴ」なのかということですが、ローマの「ポーモーナ祭」の流れからきています。

ポーモーナとは、樹木と果実を司るローマの女神のことで、「リンゴ」や「果物」を意味しています。

リンゴは人間と神を結びつける重要な果物です。

さらに10月末はリンゴの収穫の時期でもあり、海外ではハロウィンにリンゴ料理がふるまわれることもあります。

カナダやアメリカの一部では、ハロウィンで人気のお菓子の1つ「キャラメルアップル」を「ハロウィンのりんごちょうだい」と言って回る地域もあります。

日本におけるハロウィン

最近は若者達が仮装をして町をねり歩くなど日本でも盛り上がりを魅せているハロウィンですが、日本ではいつ頃から一般的になったのでしょうか。

アメリカで行われる娯楽的要素が強いハロウィンと同じように日本でもクリスマスなどと同様に、ハロウィンのイベントは宗教的な意味合いはあまりありません。

それでは日本ではどうやってハロウィンが定着したのか時系列で見ていきましょう。

日本ではキデイランド原宿店が1970年代にハロウィンに関するものを販売開始したことに始まります。

そして1983年10月にキデイランド原宿店が日本で初めてとされるハロウィン・パレードを開催しました。

1997年10月31日には東京ディズニーランドのイベントである「ディズニー・ハッピー・ハロウィーン」が初めてハロウィンのイベントとして開催されるようになりました。

2000年そして2000年には400名の仮装した入園者とディズニーのキャラクターが園内をパレードする「Happy Halloween Twilight Parade」が開催されるなど次第に恒例にイベントになっていきました。

2011年からはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でも「ハロウィーン・ホラー・ナイト」(Halloween Horror Nights)というハロウィンのイメージしたホラーイベントを開催しています。

そしてお菓子メーカーなどがハロウィン商戦に参入したことによって、ますます一般的になっていき、仮装はしないけれどハロウィンのお菓子を買うというのは珍しくないことになりました。

さらに最近ではソーシャルネットワークサービスにより仮装の写真やイベントの情報が拡散したことにより、近年ますます人気のイベントにまで成長しました。

 

その一方で、ハロウィンイベントに参加した仮装者の非常識で迷惑行為が問題になってますよね。

近年、20代の若者達が渋谷や六本木などで仮装をして盛り上がり、事件事故にまで発展したケースも多数あります。

2007年には日本のJRに数十人が押し寄せ車内の蛍光灯を外し、他の乗客とトラブルを起こし電車が遅延する事態になるなど暴動化した事件もありました。

2014年には渋谷で多くの仮装した若者が集まり混乱状態となったため、機動隊が出動し逮捕者が2名でるなどの騒ぎにまで発展しました。

またハロウィンの仮装の為に更衣室が不足してごみが捨てたままになっていたことが問題になりました。

不足した更衣室を増やし、ゴミ拾いを呼びかけるなどハロウィンイベントへの批判や非難に対して対策もとられているようです。

まとめ

いかがでしたか。以上ハロウィンの風習や歴史についてご紹介しました。

最近ますます盛り上がりをみせているハロウィンイベント。

人に迷惑をかけてしまうと悪いイメージがついてしまいます。

これまで仮装したことがない方も常識を守って是非仮装やパレードなどに参加してみてはいかがでしょうか。

子供から大人まで楽しめるハロウィンがこれからますます日本にも普及するといいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA