ハロウィンのトリックオアトリートとは?

neta-life【ネターライフ】

ハロウィンのトリックオアトリートとは?意味や言われたらどうする?

読了までの目安時間:約 10分

 

ハロウィンで必ず聞こえる「トリックオアトリート!」という呪文のような掛け声。

 

子どもたちが元気よく「トリックオアトリート」と言っている姿を見ると、今年もハロウィンがやってきたのだなぁとしみじみ感じます。

 

でも、ハロウィンでお馴染みのトリックオアトリートってどういう意味かご存知ですか?

 

なんとなくは知っていても、詳しい意味や言われたらどうするのかは迷ってしまう人が多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、ハロウィンで使われるトリックオアトリートの意味や言われた時の行動についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

トリックオアトリートの意味は英語から読み解こう!

 

トリックオアトリートは、まず英語で表記すると「Trick or Treat」です。

 

では英語表記からそれぞれの意味を見ていきましょう。

 

■Trick
「Trick」はイタズラをしたり、罠を仕掛ける、騙すというネガティヴな意味が込められています。

 

子どもたちが悪巧みをするぞ!というのがハロウィンの中では強い意味となります。

 

■Treat
「Treat」はおもてなしをしたり手当てをしたり、ご馳走をするというポジティブな意味を持っています。

 

広い視野で使われることの多い単語で、大まかに言うと「今よりも良い状況にするために行動する」といった意味なのです。

 

■or
「or」は〇〇または△△、という2つのどちらかを選ぶ際、または比較する際に使用する接続詞です。

 

この他に命令調の意味も持ち合わせており、「さもないと、さもなくば」などの脅迫的な感じにも使います。

 

子どもたちがハロウィンで使う場合には「〇〇しないと△△しちゃうぞ!」といった砕けた表現になることが多いです。

 

これを改めて日本語に訳すると「イタズラかお菓子か選べ!」ということになりますね。

 

ただこれだとあまりに唐突ですし、いきなり言われても困ってしまいますよね?

 

そこで「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」や「イタズラをするぞ!さもなければお菓子をちょうだい!」と言った表現になります。

 

これならいかにもハロウィンっぽいですよね。

 

日本の場合は、トリックオアトリートと言った後にお菓子をくれなきゃイタズラするぞ!と、日本語訳も言う場合が多いです。

 

Treatがなぜお菓子という解釈がされるのかは謎ですが、意味のひとつである「ご馳走する」ということころから子ども向けにお菓子という風に変化した可能性が高いです。

 

Sponsored Link

 

トリックオアトリートという言葉が生まれた由来とは?

 

トリックオアトリートは意外と歴史のある言葉で、古代ケルト人がおこなっていた儀式から由来していると言われています。

 

古代ケルトでは「ソウリング」という風習があって、毎年11月1日にはキリスト教で「諸聖人の日」で翌2日は「死者の日」とされています。

 

11月1日の諸聖人の日には、翌日に死者が天国に無事旅立てますようにといういのりを捧げるのです。

 

このときに一般家庭で登場したのが「ソウルケーキ」という死者の魂を鎮める働きをするケーキです。

 

もしソウルケーキを用意していなかった場合は、死者の魂が彷徨い続けることに…。

 

この「ソウルケーキを用意しないと死者の魂を鎮められないぞ」という風習から、現在のハロウィンのトリックオアトリート「お菓子をくれないとイタズラするぞ」につながったのです。

 

現に子どもたちはお化けなどの格好をしていて、死者の魂をイメージさせる部分がありますよね。

 

元は不気味な風習が、解釈を変えるだけでこんなに楽しいイベントになるとは、アメリカもやりますね!

 

トリックオアトリート!と言われたらなんて答えたらいいの?

 

最近ハロウィンがメジャーなイベントになってきたとは言っても…まだまだ万人に浸透しているかと言われるとそうでもないのが現状です。

 

そこで、街行く子どもたちにトリックオアトリート!と不意に言われた時の応答の仕方をご紹介します。

 

これで子どもたちと一緒に、楽しいハロウィンを過ごせるはずですよ!

 

ハッピーハロウィン!

ハロウィンの本場アメリカでは、トリックオアトリートと言われたら「ハッピーハロウィン!」と返すのが一般的です。

 

言葉の通り「ハロウィンを楽しんでね」「ステキなハロウィンを!」と言った意味を含んでいます。

 

子どもたちはお菓子欲しさにトリックオアトリートと声がけをし、大人はお菓子をたくさん用意してそれを振る舞う…まさしくこれが楽しいハロウィンそのものです!

 

トリート!

トリックオアトリート、つまり「イタズラをされるのかお菓子をくれるのか」と言った問いに対した答えとなります。

 

トリート!と答えた後は、子どもたちにたくさんお菓子をあげて楽しんでくださいね。

 

喜ぶ子供の姿を見て、さらに幸せな気持ちになる…これこそがハロウィンの醍醐味なのです。

 

Sponsored Link

 

ハロウィンでトリックオアトリートの掛け声を楽しむには?

 

ハロウィンというと本当は仮装した子どもたちがトリックオアトリート!と言って各家庭をまわってお菓子をもらうというイベントです。

 

しかし最近の日本では主に大人が仮装をしてどんちゃん騒ぎをする、といったイメージが強いのでなかなか一般家庭にまで浸透してはいないですよね?

 

でも、やはり子どもがいる家庭では本来のハロウィンを楽しませてあげたいと思います。

 

そこで、ハロウィンでトリックオアトリートの掛け声を楽しむにはどうすればいいか見ていきましょう。

 

地域のハロウィンイベントに参加する

各自治体では、子どもたちを対象としてハロウィンイベントを開催しているところが多いです。

 

みんなで楽しく仮装をして、集団で商店街などを巡ってお菓子をもらうという地域の活性化イベントですね。

 

子どもたちが多い地域では大混雑でお菓子をもらうのも苦労しそうですが、中にはショッピングモールの中にスタンプラリーがあってそれを全部集めるとお菓子がもらえるといったスタイルもあります。

 

地域のハロウィンイベントのメリットは、未就園児のような小さい子どもでも参加がしやすいという点です。

 

中には抱っこ紐に包まれてしっかり仮装している可愛い赤ちゃんもいますので、最大限オシャレさせて参加していきましょう。

 

親子で仮装してみても楽しいので、是非地域のイベント情報は見逃さないようにしてくださいね。

 

ママ友たちと計画をして準備する

仲が良いママ友たちと計画をするというのも、楽しいハロウィンを過ごすポイントです。

 

ママ友たちはそれぞれの家でお菓子を用意しておいて、待っています。

 

子どもたちを引率する代表のママに着いていき、本場アメリカのトリックオアトリート!を再現できるようにしましょう。

 

子どもたちもいろんな家に行くことができて、楽しいと思いますよ!

 

まとめ

ハロウィンでよく使われる掛け声、トリックオアトリートについて意味や由来、答え方などをご紹介してきました。

 

トリックオアトリートは日本語で砕けた感じで訳すと「お菓子をくれなきゃイタズラをするぞ」という意味です。

 

これは古代ケルトの風習で、死者の魂を鎮めるためのソウルケーキを用意したことに由来しています。

 

トリックオアトリート!と子どもたちに声を掛けられたら「ハッピーハロウィン!」や「トリート!」と答えてお菓子を渡してあげてくださいね。

 

地域のハロウィンイベントに参加したり、仲の良いママ友たちと計画を立てたりして楽しむのも良いですね。

 

ハロウィンは子どもたちの笑顔と、それを見守る大人たちの楽しいイベントにしていきたいですよね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: