ハロウィンの楽しみ方2017!

neta-life【ネターライフ】

ハロウィンの楽しみ方!思いっきりハロウィンを楽しむ方法5選!【2017年版】

読了までの目安時間:約 11分

 

ハロウィンといえば、最近とても盛り上がっているイベントのひとつですよね!

 

でも、正直テレビで見るようなあのテンションにはついていけない…そんな人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、やはりせっかくのハロウィンですから思いっきり楽しみたいですよね。

 

今回は、2017年版ハロウィンを思いっきり楽しむ方法を5つご紹介します。

 

Sponsored Link

 

ハロウィンはお家でできる!自宅で仮装パーティをする

 

ハロウィンというと仮装をして外出し、街を練り歩くといったイメージがあります。

 

しかし中にはお家の中だけで楽しみたかったり、人混みが苦手だったり、小さい子どもがいて外出できない場合もありますよね?

 

そんなときは、ハロウィンをお家で楽しんでしまいましょう!

 

自宅でだって、仮装をして楽しむことは充分できるのです。

 

自宅でなら、身内しかいないのでちょっと際どい仮装だってなんだってできちゃいます。

 

これを機会に本格的なハロウィンメイクに挑戦してみてもいいかもしれませんね。

 

また仲の良い友達を集めて、ホームパーティ的にハロウィンを楽しむのもアリです。

 

この時も、みんなで仮装を見せ合いっこすると盛り上がりますね!

 

みんな集まる時には、ハロウィンで定番のお菓子をたくさん持ち寄ってトリックオアトリート!と掛け声をかけるとより一層イベント感が増します。

 

わざわざ人混みに出かけなくても、ハロウィンは充分楽しめるので仮装もチャレンジしてみてくださいね!

 

Sponsored Link

 

ハロウィンにちなんだ映画鑑賞会を開く

 

ハロウィンにちなんだ映画はたくさんあります。

 

●ナイトメアビフォアクリスマス

 

●アダムスファミリー

 

●チャーリーとチョコレート工場

 

などなど、見て楽しいちょっと不気味な映画をみんなで鑑賞するのも良いですね。

 

こちらはガヤガヤとした賑やかなハロウィンではなく、静かにまったりと過ごしたい人に向いています。

 

特別なことはしなくても、ハロウィンに関連する映画を見るだけでハロウィンを楽しめてる気がしてきますよね。

 

子どもがいる場合はディズニー映画の上映会をすると喜ばれるので、アナと雪の女王なども準備しておくと良いでしょう。

 

もちろん映画のお供にはハロウィンならではのお菓子を準備して、食べながら見るのが良いですね。

 

オススメはミスタードーナツやクリスピークリームドーナツなどでハロウィン限定のドーナツを買うことです。

 

かぼちゃをふんだんに使った季節限定のお菓子は、ハロウィンを楽しむためには必要不可欠ですね!

 

人数が多い場合には、ドーナツは細かく切ってシェアしましょう。

 

家族や友達みんなでハロウィン料理作りにチャレンジする

 

 

ハロウィンといえば、かぼちゃを使った料理を作ることで有名ですよね。

 

普段あまり凝ったものを作らないという人も、ハロウィンというイベントは少しこだわって凝ったものを作ってみてはいかがでしょうか?

 

かぼちゃのサラダ

出典:https://cookpad.com/recipe/4626601

 

かぼちゃというと甘くてあまりサラダとは馴染みがなさそうですが、実はマヨネーズとマスタードを和えればとても美味しいサラダに変身しちゃうんです!

 

乾煎りしたアーモンドスライスをトッピングして、最後にパセリを散らせば彩りも豊かになります。

 

かぼちゃのポタージュ

出典:https://cookpad.com/recipe/4586102

 

かぼちゃを柔らかくなるまでレンジで温めて、皮を取り除いてミキサーに入れます。

 

牛乳と少量の生クリームを投入してミキサーにかけると、なめらかなかぼちゃポタージュになります。

 

そのまま鍋に移して、温めながらコンソメや塩胡椒、砂糖で味を整えればなめらかで濃厚なポタージュが出来ますよ。

 

かぼちゃグラタン

出典:https://cookpad.com/recipe/4632261

 

ハロウィンというと、かぼちゃを丸々ひとつ使った料理に憧れませんか?

 

ハロウィンの時期になると「坊ちゃんかぼちゃ」という少し小ぶりの甘いかぼちゃが流通するので、これを使います。

 

坊ちゃんかぼちゃはそのまま茹でるかレンジにかけてある程度柔らかくし、蓋の部分を切り落として種やワタを取り除きます。

 

中身のかぼちゃを、皮を破かないように注意しながらくり抜いて、グラタンの具に加えます。

 

グラタンの中身をかぼちゃに流し入れて、チーズとパセリをかけてオーブンで焼けば、見た目もバッチリのハロウィン料理のできあがりです。

 

フォトジェニックな料理なので、インスタ映えもバッチリです!

 

かぼちゃのプリン

 

出典:https://cookpad.com/recipe/4447979

 

これも坊ちゃんかぼちゃを丸々使った可愛いスイーツで、子どもにも大人気です。

 

坊ちゃんかぼちゃはそのまま茹でたりレンジにかけて柔らかくし、蓋を切り落として中身をくり抜きます。

 

牛乳と砂糖を混ぜたところに卵を入れ、混ざったらさらにかぼちゃを入れていきます。

 

このときに、一度こすとなめらかな食感になります。

 

卵液が出来上がったらかぼちゃの容器にそのまま移して、湯を張った天板に乗せてオーブンで焼いていきます。

 

「す」がいかないように注意しながら、温め加減を調節しましょう。

 

粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、上に生クリームをトッピングすれば出来上がりです。

 

時間の関係上、はじめに作っておくと良いかもしれませんね。

 

こちらもインスタ映え十分で、これだけでハロウィンを楽しんでいる雰囲気が伝わってきます!

 

Sponsored Link

 

外食でハロウィン限定メニューを食べる

 

ハロウィンの季節では、レストランなどでハロウィン限定のメニューが揃っています。

 

かぼちゃを使った料理やスイーツ、中にはハロウィン限定のコース料理を出している高級店などもあります。

 

ハロウィンは仮装をしたりして賑やかに過ごすイメージが強いですが、ここは大人な雰囲気で外食をし、ハロウィンメニューに舌鼓をうつのもオススメです。

 

また何も高級店でなくても、アイスクリームやドーナツなど手軽に食べられるものもハロウィン限定メニューはあります。

 

予算的にも外食は厳しいと言う場合には、こうした手軽に食べられる軽食をテイクアウトしていくのも良いですね。

 

街のハロウィンイベントに参加する

 

いろんな地域で街の活性化も見込んでハロウィンイベントをおこなっている自治体は多いです。

 

特に子どもがいる人は、安全に参加しやすいのではないでしょうか。

 

大人向けでハロウィンイベントのために街に繰り出すとなると…どうしてもDJポリスが頭をよぎりますからね。

 

街のハロウィンイベントでは、時間内に受付をおこなってから子どもたちみんなで商店街を周り、お店の人にお菓子をもらうというのが一般的です。

 

また各々可愛い仮装をして、中には親子で気合の入った仮装をしている人もいます。

 

各お店のところでトリックオアトリート!と掛け声を出す子どもたちを見ているだけでも、ハロウィン気分を味わうことができますね。

 

商店街がない場合には、ショッピングモール内でスタンプラリーをおこなっていたり、各お店でお菓子を振舞っているというケースもあります。

 

地域のイベントなどは、ポスティングされるチラシや掲示板などで知ることができるので、ハロウィンが近づいたらチェックしておきましょう。

 

まとめ

 

2017年版・ハロウィンを思いっきり楽しむ方法を5種類ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

ハロウィンは必ずしも人混みに出なくてはならないものではなく、自宅でも十分楽しめるということがわかりましたね。

 

例えばお家で大胆な仮装を楽しんでみたり、ハロウィンにちなんだ映画鑑賞会をしたり、料理を作ったりいろんなことができるのです。

 

また外食でハロウィン限定メニューを食べてまったりするのも、予算がある人は計画してみてくださいね。

 

子どもがいる場合は地域のハロウィンイベントに参加して、今年のハロウィンも思いっきり楽しんじゃいましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: