ハロウィンは日本にいつから定着した?日本のはおかしいの?

ハロウィンというと、多くの日本人の中ではここ最近急にフィーチャーされるようになってきたイベントのように思えます。

毎年ハロウィンの夜は仮装をした大人が繁華街で、何かしらの問題を起こしていてむしろ迷惑だと思っている人もいるのではないでしょうか?

しかしハロウィンは本来、子どもたちが中心のとても楽しいイベントです。

そもそも日本にハロウィンが定着してきたのは一体いつぐらいからなのでしょうか?

そこで今回はハロウィンは日本にいつから定着したのか、そして日本のハロウィンはおかしいのか、徹底解説していきます。

Sponsored Link

ハロウィンは日本にいつから定着したの?

きっと今の大人たちが子どもの頃は、おそらくハロウィンなんて全くフィーチャーされていなかったイベントではないではないかなと思います。

そういえば秋にある、かぼちゃを飾ったりするイベントだっけ?くらいの印象でしたよね。

しかし最近ではハロウィンのおよそ1ヶ月前くらいから、街の至る所で「ハロウィン」の文字を見かけるようになりました。

でも、ハロウィンは日本にいつから定着したのでしょうか?

一応2000年を過ぎてしばらく経ってから、徐々に日本でもハロウィンが定着するようになってきました。

日本におけるハロウィンイベントの火付け役となったのは、東京ディズニーランドのイベントです。

東京ディズニーランドといえば、各季節ごとにイベントをおこなっていますよね。

日本ではまだ馴染みのないイースターなどのイベントも積極的におこなっています。

ディズニーランドでは1997年に初めてハロウィンイベントを開催しましたが、当時はハロウィンの日に当たる10月31日のみの限定イベントでした。

しかし徐々に人気が高まり、2年後の1999年にハロウィンの大規模パレードを開催したのです。

来場者も仮装を楽しんで、2001年以降は毎年ハロウィンイベントを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

現にディズニーランドで一番混雑するイベントは、ハロウィンなのだそうですよ!

ここまでハロウィンを世に知らしめて広ませたのは、やはりさすがディズニーと言ったところですね。

Sponsored Link

日本で最初のハロウィンイベントとは?

では日本で最初にハロウィンイベントがおこなわれたのはいつなのでしょうか?

実はハロウィンの火付け役である東京ディズニーランドができた年の1983年に、原宿にあるキディランドでおこなわれたのが最初だと言われています。

まさか私が産まれるよりも前からハロウィンイベントをおこなっていたとは、さすが流行の最先端、原宿ですね!

キディランドではハロウィンに関連する商品を販促するために、イベントがおこなわれたのだそうです。

キディランドといえば思い浮かぶのはサンリオですが、現在でもサンリオキャラクターがハロウィンとコラボして仮装をしている

グッズなどが販売されていますよね?

ディズニーほど目立たずとも、他に先駆けてブームを牽引しているのは素晴らしいと思います。

ハロウィンを利用した商業戦略が過熱!

ハロウィンといえば、私たち日本人にとっては「子どもたちがお菓子をもらいに家をまわる」というよりは「ハロウィン限定の様々なものをゲットする」ほうがしっくりくるのではないでしょうか?

2000年代後半に突入すると、各業界もこぞってハロウィンイベントを利用し始めます。

食品業界では、ハロウィン限定のかぼちゃスイーツやお菓子などが一斉に販売されます。

衣料業界では、ハロウィンに向けて仮装のための衣装が子ども向けから大人向けまでたくさん並びます。

外食するにも、カップル向けのハロウィン限定メニューがあったりと各業界が商業戦略にハロウィンを利用しています。

現代ではハロウィンは、クリスマスに次ぐ盛り上がり方なのではないかと思います。

かぼちゃのスイーツは万人ウケしやすいのも、ハロウィンの商業戦略が食品業界を中心に広がった理由でもありますね。

かくいう私も、ハロウィンにはかぼちゃのケーキを毎年ケーキ屋さんで購入するくらい楽しんでいます。

イベント盛りだくさんな夏休みを過ぎてから、冬のクリスマスまでの箸休め的な感じでも、時期的にハロウィンはちょうど良いのかもしれないですね。

Sponsored Link

海外から見たら日本のハロウィンはおかしい?

ハロウィンは元々、古代ケルトの風習であった11月1日に死者の魂を鎮めるための前夜祭のようなものです。

死者の魂を鎮めるためのソウルケーキというものが、ハロウィンで子どもたちが求めるお菓子と重なったのですね。

しかし海外から見ると、近年の日本でおこなわれているハロウィンには少し疑問を抱いているようで…。

本来子どもたちが各家庭にトリックオアトリート!と掛け声をかけてお菓子をもらう流れであるにもかかわらず、日本のハロウィンは完全に大人が主流です。

深夜の繁華街で酔いつぶれながらどんちゃん騒ぎをする仮装をした奇妙な大人たちは、やはり海外の人から見たら「おかしい」と思うでしょう。

ましてやみんなが楽しくなるようなイベントなのに警察沙汰になったり、大人同士のトラブルや事件もよく聞きます。

そしてハロウィンの翌日は道路に散らばったゴミが大量に出てきます…。

これではハロウィンの意味がなくなってしまいますよね。

日本人はハロウィンのことを一から勉強し直して、今一度イベントの在り方を考えた方が良さそうです。

ハロウィンがクリスマスと違って外国人に受け入れられない理由

クリスマスに関して言うと外国との温度差をそこまで感じないのですが、どうしてハロウィンはここまで温度差を感じるのでしょうか?

本場のハロウィンでは、お菓子をもらいにくる子どもたちを家に迎え入れると言うことを前提にしています。

そのため、大人たちは自宅をハロウィン仕様にしていたり様々な工夫を凝らしています。

街全体が子どもも大人も楽しめるように工夫をしているのですね。

クリスマスの場合でも、日本においても家にイルミネーションを点けたり工夫している人も多くなっています。

しかしハロウィンはというと…滅多に見かけることはありません。

日本におけるハロウィンは、全国的な仮装大会の延長のような感じになってしまっているのです。

ここが一番、外国人が日本のハロウィンを受け入れられない理由と言えるでしょう。

また日本人は海外に比べて「隣人愛」が薄いので、なかなか見ず知らずの子どもがお菓子をねだって訪問してこられても迷惑だと思ってしまうのです。

それに比べて家族で過ごしたり、カップルで過ごすクリスマスの方が「ツリーに飾り付けをする、クリスマスケーキを食べる」などの穏やかなものなので受け入れられやすいのかもしれないですね。

まとめ

 

全国でハロウィンイベントがおこなわれるようになった火付け役は、今や大人気の東京ディズニーランドのイベントです。

しかしこれより前に、実は原宿のキディランドで日本初のハロウィンイベントをおこなっていたことがわかりました。

そこから2000年代後半になり、各業界がハロウィンイベントを商業戦略のひとつとして加えていきます。

また日本のハロウィンはみんなが楽しむというよりも、大人だけが騒いで楽しむというイメージが定着してしまい、海外から見ると少しおかしいと感じるようです。

子どもも大人もみんなが楽しめるように、ゴミ捨てなどのマナーも大切にしながらハロウィンを満喫したいですよね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA