バレンタインに告白!

neta-life【ネターライフ】

バレンタインに告白!中学、高校生の成功率をあげる渡し方!

読了までの目安時間:約 11分

 

バレンタインに勇気を出して告白をしよう!と心に決めている恋する女子達も多いのではないでしょうか?

 

何と言ってもバレンタインはクリスマスに次ぐ、冬のラブイベントですからね!

 

でも、やはり中学、高校生というとこの告白が人生で初めて…という場合も少なくありません。

 

緊張はしますが、やはり告白するからには成功率を少しでも上げていきたいですよね?

 

そこで今回はバレンタインに告白したい中学、高校生の成功率をあげるチョコの渡し方をご紹介します。

 

Sponsored Link

 

バレンタインに告白する中学、高校生の成功率はどのくらい?

 

バレンタインというと、他の日に比べて特別な日なので告白するタイミングとしては適していますよね?

 

この日に意中の人に想いを伝える中学、高校生も多いのではないでしょうか。

 

しかし、その告白の成功率は果たしてどのくらいなのかというと…実は39.1%と4割にも満たないのです。

 

なかなか狭き門ではありますが、一方で4割の女子達が幸せを手にしているのですから、ここは悲観的にならないようにしましょう。

 

バレンタインに告白する際は手作りか市販のチョコ(あるいは代わりになるようなお菓子)を渡すと思います。

 

その時に一体どちらが男子ウケが良かったかというと、実は手作りチョコの方が告白の成功率が高かったのです!

 

やはり手作りは男心をグッとつかむこと間違いなしですね。

 

4割という中に入るためにも、早い段階からお菓子作りの練習をしておいたほうが良さそうです。

 

Sponsored Link

 

バレンタインに告白する目的2パターン

 

そもそも世の中の中学、高校生たちがバレンタインを狙って告白をするのは、どのような目的があるのでしょうか?

 

バレンタインに告白する目的は大きく分けて2パターンありますので、順番に見ていきましょう。

 

①まずは友達から仲良くなってください!

 

相手とマトモに話をしたことがなかったり、相手が自分の存在を知らない場合には、いきなり付き合ってくださいと言われても成

 

功率は限りなくゼロに近いものです。

 

そのため、バレンタインの告白をキッカケにまずはお友達からという状態にもっていくことを目的としています。

 

この場合は余程のことがなければ、友達になりたい気持ちを無下にする人はいないと思うので成功率は高いでしょう。

 

②本気です!恋人として付き合ってください!

 

これは、もうすでに知り合い以上の関係になっている相手に対して有効な告白です。

 

ガチに付き合ってください!という恋人になりたい告白ですね。

 

この場合は相手の気持ちもなかなか揺らぎますので、両想いでない場合には返事を保留にされることもあります。

 

ただ、あなたの気持ちに対して真剣に考えてくれている証拠でもあるので、結果がどちらにしてもきちんと受け止めましょう。

 

バレンタインに意中の相手と距離を縮めるための4ステップ

 

バレンタインをキッカケに意中の人に自分の存在をアピールしたい、少しでもお近づきになりたい!

 

そんなときには、以下の4つのステップを踏んで告白に臨みましょう。

 

①チョコとともにメッセージカードを用意する

 

バレンタインにチョコだけポンと渡されても、そこにあなたの気持ちは残りません。

 

大事なのは、チョコとともに手書きのメッセージカードを付けることです。

 

手書きはその人の気持ちがよく伝わるので、仲良くなりたいという考えを相手にわかってもらいやすくなります。

 

文章は長くなりすぎず、簡潔にまとめるのがおすすめです。

 

②自分の連絡先は必ず明記すること

 

手書きのメッセージカードには、必ず明記しておきたい項目があります。

 

それは自分の連絡先です。

 

電話番号でもLINEのIDでも、載せておくことで相手が返事を返しやすくなります。

 

③バレンタインのチョコは高価なものはNG!

 

意中の相手と仲良くなりたいと思ってバレンタインにチョコをあげるとき、あまりに高価なものは遠慮されてしまう場合があるので避けましょう。

 

付き合った時に、高級志向だからお金がかかりそうな人だな…というイメージを植え付けることにもなりかねません。

 

チョコは手作りか、高くても2,000円以内におさめましょう。

 

④あとは相手からの連絡を待つのみ!

 

連絡先を書いたメッセージカードとともにチョコを渡したら、あとは相手からの出方を見るのみとなります。

 

ここで下手に催促をしたりすると、悪い印象を持たれてしまう可能性があるので注意です。

 

1ヶ月(ホワイトデーが目安)しても彼から連絡がなかった時には、残念ですが諦めて次の人を見つけましょう…。

 

ホワイトデーにお返しをもらえた場合には、そこから少しずつ友達として付き合いをしていくと良いと思います。

 

Sponsored Link

 

バレンタインにガチで告白する際に成功率を上げる4ステップ!

 

バレンタインにガチで告白をする際は、やはり少しでも成功率を上げていきたいものですよね?

 

そのためには、以下の4つのステップで準備をすることが重要になります。

 

①メッセージカードは非常に重要です!

 

バレンタインでガチ告白をして勝負をする!という場合には、よりメッセージカードに気持ちを書く必要があります。

 

またメッセージカードのデザインもセンスが良いと思われるようなものを選び、相手の心を引き寄せましょう。

 

文が長くなる便箋などはNGで、やはり1枚以内に内容はおさえておきたいところですね。

 

②チョコは自信があれば手作りもアリ!

 

お菓子作りに自信があって、見た目などにも気をつけて作り上げることができる場合は迷わず手作りチョコをプレゼントしましょう!

 

やはり統計でもバレンタインの告白は手作り派の方が成功率が高いことがわかっています。

 

しかし、あまりにお菓子作りが苦手…という場合には市販のものが無難ですね。

 

男子はそこまでブランドなどに興味はないので、百貨店などで綺麗に包装されているものを選びましょう。

 

③好き、という気持ちと連絡先は必ず明記!

 

メッセージカードにはまず「あなたのことが好きだ」という気持ちと、相手が知らない場合は自分の連絡先は必ず明記する必要があります。

 

このふたつがないと、なぜチョコを渡したのか目的がわからなくなってしまいます。

 

男子は長い文章を読むのが嫌な場合が多いので、好きという気持ちは簡潔にまとめて1枚以内におさめましょう。

 

④あとは相手からの返事を待つのみ…!

 

チョコとメッセージカードを渡したら、後はもう相手の返事を待つのみです。

 

もちろんその場で返事をもらえればとてもスッキリするのですが、やはり多くの場合は返事保留となるようです。

 

ここは悪あがきをせず、静かに相手の動向を見守りましょう。

 

ホワイトデーまでとりあえずは待って、そこで何のアクションもないようなら、残念ながら脈ナシと考えて良さそうです…。

 

相手もこちらのことを思っていたら、遅くても1週間以内には連絡が来るか直接返事をもらえるでしょう。

 

まとめ

バレンタインに告白を考えている中学、高校生のために成功率を上げる方法についてご紹介してきました。

 

バレンタインの告白の成功率を上げるにはできれば手作り、そして手書きのメッセージなど心がこもったものを届けることが重要です。

 

またバレンタインの告白もまずはお友達から仲良くなりたい、あるいはガチで付き合うために頑張るケースがあります。

 

ふたつのケースとも、やはり鍵は心のこもったメッセージです。

 

顔見知りでもない場合は連絡先を書くのを忘れずに、落ち着いて気持ちを伝えてみてくださいね!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: