初節句 お祝い

neta-life【ネターライフ】

初節句のお祝い方法!食事や祝い金の相場は!

読了までの目安時間:約 5分

0191-125302
赤ちゃんがこの世に生れてきてくれただけで家族は嬉しい気持ちがいっぱい!
とはいえ、お七夜から始まり、お宮参り、お食い初めなど、はじめてパパママにとっては行事の多さに驚くかもしれません。


でも、赤ちゃんの健やかな成長と健康を願うための行事はしっかり押さえておきたいですよね。
今回は、そんな行事の中でも1年に1回訪れる日本古来からの行事「初節句」についてご紹介します。
男の子と女の子で違う「初節句」についてポイントを押さえて、赤ちゃんの幸せを願う一日を迎えてくださいね。

Sponsored Link

初節句とは?

初節句とは赤ちゃんが生まれてから最初に訪れる節句のことを言います。

 

男の子は5月5日の端午(たんご)の節句、女の子は3月3日の上巳(じょうし)の節句のことを指します。

 

節句とは一年の節目となる日に神様にお供え物をし、無病息災を願う日のことです。(節句のしきたりについては、地域によって異なる場合があるので、両親にもご相談してみてください)

 

端午の節句は菖蒲の節句とも言われ、菖蒲と異口同音の尚武と勝負をかけて、昔は武士の男子の成長や立身出世を願って鎧や兜、鯉のぼりを飾ってお祝いしたことで、男の子の節句とされているそうです。
鎧・兜などの五月人形や菖蒲の花を飾ってお祝いするのが、今でも一般的ですね。

 

上巳の節句は桃の節句とも言われ、元々は「流し雛」の自分の災厄を代わりに引き受けさせて川に流した紙人形から発展し、雛段を飾ってお祝いした女の子の節句とされているそうです。

 

雛人形や桃の花を飾ってお祝いするのが一般的ですが、今はマンション住まいの人も多くなり、市松人形を飾る家も多いようです。

 

どちらも赤ちゃんの健やかな成長を願ったものです。

 

ただし、生後まもない赤ちゃんの場合には初節句のお祝いを次の年に延ばすことも多いようです。
出産してすぐのママの身体は休ませるのが一番ですし、家族みんなでお祝いできるように目安として生後1カ月以内であれば翌年にするようおじいちゃん・おばあちゃんとも相談してください。

 

Sponsored Link

お祝いの食事

 

初節句は一般的には親族のみで行い、赤ちゃんの両親が両家の祖父母を招いて行うことが多いと言われます。

 

お祝いをいただいた親戚などを招いて祝い膳などで食事をします。
祝い膳は縁起物の食材が入ったメニューが多く、尾頭付きの魚・ちらし寿司・煮物(エビ・豆・蓮根など)が定番です。

 

端午の節句では、柏餅やちまき、桃の節句では、菱餅や雛あられを用意するのもいいですね。
来てくださった方への手土産にもなります。

 

とはいっても、初節句のメニューは赤ちゃんが食べられないものばかりなので、離乳食を赤ちゃん用に作る人も増えてきているようです。

 

また、やはり小さな赤ちゃんがいる中での初節句のお食事作りは結構大変です。
私は娘の初節句のときにはまぐりのお吸い物を作るためにはまぐりを義父に探し求めてもらいました…。

 

ですので、レストランでの食事会にするなど、両家の両親とも相談してやりやすいようにしてくださいね。

お祝い金の相場など

基本 CMYK

 

またご自身ではなく、親族に赤ちゃんが誕生してからの初節句の場合には、お祝いしたい気持ちをお祝い金として贈りたいですよね。

 

現金を贈る場合の目安としては、親族は5000円〜1万円程度。
知人・友人なら3000円〜5000円程度です。

 

のし袋は紅白の蝶結びのものを選んでくださいね。

 

祖父母から人形を贈る場合、一般的には母方の実家から贈るのが習わしとされていましたが、今では負担の面からも両家で実費を折半したり、話し合って決めることも多くなっているようですので、後々ゴタゴタにならないように、事前に相談しておきましょう。

 

準備もいろいろ大変なこともありますが、一生に一度の初節句のお祝いですので、子どもの健やかな成長を願って家族みんなが笑顔で過ごせるようにしたいものですね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: