母の日 カーネーション 由来

neta-life【ネターライフ】

母の日に贈るカーネーションの由来!色別の花言葉や管理方法も!

読了までの目安時間:約 6分

Print
桜が散って、春もある程度進んでいる5月。
そんな5月といえば、世のお母さんたちにとって大切なイベントがありますね。

 

それは母の日です。

 

普段は親になんか無関心だった子供が母の日だけはちょっぴり優しくしてくれるようななんとなくほっこりするイベントです。

 

そんな母の日ですが、贈る花がカーネーションと言うのは基本です。

でもなんでカーネーションなのか気になりませんか?

 

今回はそんな母の日に送るカーネーションの意味や花言葉などを紹介します。

Sponsored Link

母の日に送るのがカーネーションになぜカーネーションを贈るの?

 

母の日と聞いて真っ先に思い浮かぶものといえば"カーネーション"だと思いますが、なぜ母の日にカーネーションを贈るのか知っていますか?

 

母親に感謝する気持ちは古代ギリシャの時代からあったようですが、現代のようにカーネーションを贈るようになったのは20世紀のアメリカでの出来事からです。

 

当時、アンナという女性がなくなったお母さんの祭壇に白いカーネーションを贈りました。

そのことがきっかけで、やがてキリスト教徒を中心にカーネーションを贈るようになったようです。

 

そして1914年ウイルソン大統領の時代に5月の第2日曜日を国民の祝日と定めました。

 

日本では大正時代になってから伝わり、キリスト教の団体を中心に母の日をお祝いすることが広まりました。

 

昭和の初めから戦後までは3月6日が母の日と定められていましたが、戦後になりアメリカと同じ5月の第2日曜日に決められました。

 

Sponsored Link

カーネーションは色によって意味が違う?

 

カーネーションの色によって花言葉が違うのご存じでしたか?
あなたのお母さんへの思いが伝わる色のカーネーションを選んでください。

 

  • 赤・・・母の愛情
  • ピンク・・・美しい仕草、熱愛
  • 白・・・私の愛情は生きている
  • 黄色・・・軽蔑、嫉妬

もらったカーネーションの管理方法


0312-hahaonohi_haha

カーネーションを鉢植えで贈っても管理方法が悪ければ枯れてしまいます。

 

でも、こつさえつかめば、毎年きれいな花を咲かせてくれます。
管理方法をまとめてみました。

 

1.きれいでもったいないけど、ラッピングは外しましょう。
風通しをよくしてください。

 

 

2.配達時は最小限の水しかあげていません。
風通しをよくしてください。

 

 

3.咲き終わった花や傷んだ葉は取り除く
そのままにしておくと、カーネーションの株そのものを弱らせてしまいます。
咲かないつぼみも摘み取ります。軽く押して中が空洞だったり、米粒大のつぼみは摘み取ります。

 

 

4.日光を好むので日当たりのよい場所においてください。

 

 

5.風通しのよい場所においてください。
室内で育てる場合は、窓を開けて風通しをよくするか、週に何度か戸外に出した方がよいようです。

 

 

6.土の表面が乾いたなと思った時に花に水がかからないよう根元からたっぷりと水を与えてください。
夏は朝と夕方、冬は暖かい日の午前中がいいと思います。

 

 

7.花が一通り終わった6月半ば前後に切り戻しを行います。
根元から全体の半分ほどの高さで茎を切ります。
切り戻しをすることで新たな茎が伸びて、秋に開花することがあります。

 

 

8.植え替えをするならば、6月半ばです。
二つ方法があります。
一つは地植え。
この場合は日がよく当たる場所に植えます。

 

もう一つは一回り大きな鉢に植え替えます。
植え替え後は風通しのよい戸外におきます。

 

 

9.害虫対策も、市販の殺虫スプレーで行います。
特に梅雨の季節が要注意です。

 

 

10.肥料も忘れずに。カーネーションは肥料を好みます。
真夏を除いた春から秋にかけて固形肥料ならば月1回、液体肥料ならば一週間に一回程度あげます。

 

 

いかかがだったでしょうか?

せっかく送ったカーネーションを大事にしてもらうためにもしっかりと注意点を教えてあげましょう。

 

綺麗なカーネーションには出来るだけ長くお母さんへ感謝の思いを表してもらいましょうね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: