お化けが怖い 克服

neta-life【ネターライフ】

お化けが怖い克服法と心理!即効で怖くなくなる方法!

読了までの目安時間:約 11分

 

502250

学生時代、肝試しをしに夜の学校に行った経験はありますか?

 

夏になると、肝試しが様々な場所で行われていますよね。

 

私は行ったことがありません!

 

なぜなら、お化けが怖いからです(´・ω・`)

 

急に出てくる系のお化け。

 

透けてる系のお化け。

 

呪われる系のお化け。

 

全てNGです( ;∀;)

 

だって、怖くないですか?

 

私なんて、この歳になってやっとディズニーランドのホーンテッドマンションに乗れるようになったんです。

 

そのくらい、怖いものがダメなんです……。

 

でも、友達付き合いで行かないといけないときってありますよね。

 

どうやってお化けと向き合えば良いのでしょうか?

 

克服方法と、お化けを怖がる心理について見てきましょう。

 

Sponsored Link

 

お化けを怖いと思ってしまう原因と心理

だって、怖いものは怖い、心臓に悪いし……。

 

でも、お化けを怖いと言う理由は単に幽霊が怖いとかそれだけではないのです。

 

ちゃんとした理由があります。

 

・周囲の影響で、昔から「お化けは怖いもの」と刷り込まされてきた
・暗闇への恐怖が大きい
・「死」への恐怖が心の奥に存在する
・お化けが未知の生き物に思えて怯える
・ストレス

 

一番多い原因は、やはり小さい頃から「お化けは怖い」と言われてきたことではないでしょうか?

 

鳥のヒナは、最初に見たものを親と認識するといわれています。

 

「お化けは怖い」はその原理と近いものがあり、人間も最初に言われたことを強く信じる傾向にあるのです。

 

そうやって刷り込まされたら「お化けは怖いもの」「自分に危害を加えるもの」と認識してもおかしくありません。

 

むしろ、自然なことだと感じます。

 

そして「お化けは夜出てくる」「暗闇を好む」という情報により「暗闇への恐怖」と「未知の生き物への恐怖」が合わさり余計怖さを感じるのかもしれません。

 

また、ストレスも大きな原因のひとつとされています。

 

ストレスは緊張や悩みによって起こる心理状態のひとつ。

 

精神的な余裕がなかったり、著しく変化する環境についていけなかったりすると心理的に悪い方向にいってしまいます。

 

大人になっても、お化けを極度に怖がるようになったらストレスを疑ってみても良いかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

お化け怖いは克服する事ができる?克服方法は?

では、お化けが怖いという心理をを克服することはできるのでしょうか?

 

人に聞いても「神経質になりすぎ!」「気にしないのが一番だよ」と言われてしまいます。

 

でも、怖い人にはわかると思いますが「そうじゃないんだよ!」なんですよね。

 

気にしないようにするためにどうすれば良いのか、神経質になってしまう原因を取り除けば克服できそうです。

 

以下の方法を私は試してみました。

 

お化けより怖いものを連想する

 

効果はありませんでした。

 

むしろ、怖いものが増えました。

 

「お化けより、無差別殺人者や自然災害のが怖い」

 

「お化けより、台所に湧く無数の虫のが怖い」

 

「お化けより、次のボーナスのが怖い」

 

全く効果はありませんので、おすすめしません( ;∀;)

 

ホラー映画を見まくる

 

途中で断念しました。

 

5本レンタルしたのですが、1本目の途中で断念。

 

布団にくるまって、部屋を明るくしてイヤホンを付けながら鑑賞していたのですが、背筋が凍りました。

 

そもそも、レンタルするDVDを選んでいる時点で「なにしてるんだろう……」という気持ちになってしまい。

 

余計、恐怖を植え付けられました。

 

同様、ホラーゲームも断念。

 

ゲーム実況も、受け付けず。

 

 

重症でした( ;∀;)

 

視力の悪さを活用する

 

これは、視力が極端に悪い人におすすめします。

 

暗闇への恐怖、未知の生物に対する恐怖。

 

その恐怖を忘れることができました。

 

やり方は簡単。

 

メガネやコンタクトレンズを付けないで生活するだけ。

 

はっきりと見える状態だから「あの木陰が今顔に見えた」「今、一瞬あの辺が動いた」などと考えてしまうのです。

 

人間は視力に頼りすぎているという性質があるため、視力をぼやかすことによって「ぼやけているためお化けかどうか判断しにくい」という状況がつくれます。

 

暴言を頭の中で呟いてみる

 

これも、効果的でした。

 

「今出てきたら承知しねーぞ!!」

 

「やんのかコラ|д゚)」

 

「ふざけんなよ!」

 

なんでも良いので、自分が考える暴言をつぶやいてみましょう。

 

そうすることで、心理的にも前向きになり、「恐怖心」が薄らぎます。

 

暴言が気合いになり、不安がなくなるのです。

 

しかし、習慣にしてしまうと、外でうっかり口に出てしまうことも。

 

変人扱いされてしまう場合もあるので、心の中だけにとどめておきましょう。

 

Sponsored Link

 

お化け屋敷を怖がらずに入る方法

 

お化け屋敷?

 

絶 対 無 理 で す !

 

どうしても行かないといけないなら、付き添いをつけてアイマスクと耳栓の使用を許可してください!

 

そんな私が1人でお化け屋敷に入れた方法をご紹介します。

 

まず、ポイントになるのが「1人で」というところです。

 

お化け屋敷に数人で入ると、必ず1人は脅かして喜ぶ人がいます。

 

この人が意外とやっかいなのです。

 

機械ではなく、生身の人間がお化け役をしているお化け屋敷だと、騒いでくれる人に合わせて怖がらせにかかります。

 

それを一緒に入った「脅かして喜ぶ」人は知っています。

 

ですので、1人で恐怖に耐えながら入った方が、脅かし役の人も手加減してくれます。

 

たまに、それでも脅かしにかかるお化け役もいるので、気合いで乗り越えましょう( ;∀;)

 

次に意識する部分は、先ほどから使用している「お化け役」という言葉。

 

そうです、お化け屋敷にいるお化けは「お化け役」なのです。

 

演じているだけ。

 

「頑張って練習したんだろうな」

 

「どんなマニュアルで動いているのかな」

 

など、現実的なことを考えると、恐怖が一気に去ります。

 

機械のお化けに対しても

 

「これはただの機械」

 

「こういう風に動くようプログラミングされているだけ」

 

と、思えば怖くありません。

 

むしろ、

 

「どうやって動く仕組みなのだろうか」

 

「なんの素材が使用されているのだろうか」

 

「掃除の頻度は」

 

といった、現実的な考えで頭をいっぱいにしちゃえば良いのです!

 

・1人で入る

 

・「お化け役」なんだと理解し、現実的な考えをする

 

この2点を意識するだけで、お化け屋敷を怖がらなくなります。

 

数人で、お化け屋敷に入らないといけなくなる前に、まずは1人で予習がてら入るのをおすすめします(^^

 

一緒に克服していきましょう!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: