neta-life【ネターライフ】

ぶりっ子がうざい!そんな時のイライラしない対象方法!

読了までの目安時間:約 7分

357331

 

会社やサークル、合コン、どこにでも一人はいそうな「ぶりっこ」女子。

 

自分もぶりっこであればまだしも、そうでなければ体外イライラするーという人が大半ですよね。

 

人にもよりますが、ぶりっこが一人いるだけで、その場全体がピリピリしたり、自分も嫌な気分になったり、「あいつのせいで私の日常が・・・」なんてむかついて、平常に過ごせないことも多いと思います。泣笑

 

しかし、毎日イライラするのは結局自分にとって大損!こんな時、どんな風にマインドチェンジして過ごせばいいのでしょうか。

 

ここでは、ぶりっこ女子が身近にいた際の、イライラしない対象方法について伝授していきます。

 

Sponsored Link

 

なぜぶりっこになってしまったのか背景を理解することが大事

はい、最初に結論から申し上げますと、ぶりっこに限らず、ちょっと癖のある人は、なぜ今その人がそういう性格なのかの背景を知ることが重要。

 

バックに潜む理由を知ると、誰しも共感できるところや理解を示せる部分があり、穏やかに接することができるようになりますよ。

 

それでは、ぶりっこ女子がぶりっこになる理由と考えられることを、下記に挙げていきますね。

 

その①自分に自信がない

 

これ、当てはまる人多いかもしれませんね。

 

大抵女の子のぶりっこの対象は、男子に向けられていることが多いと思いますが、(まれにそうではない人もいるにはいるのですが)例えば自分の容姿に自信がなく、今のままだと誰からも相手にされない!という危機感からぶりっこ化してしまう人は多いと考えます。

 

「いやでも、かわいいけどぶりっこもいるじゃん!」というそこのあなた、荒ぶるのはちょっと待ってください。

 

そういう美人なのにぶりっこ女子は案外自分の内面に課題を抱えている場合があります、例えば勉強が苦手だったり、そもそもの知性に自信がなかったりすると、男性と対等に話ができないので、可愛い方面に逃げる=ぶりっこになりやすいです。

 

こういうタイプの女の子は本当の意味での自信というものを自覚したことがないので、表面的ではなく、その人の内面的な美しさに目を向けて、魅力的だと伝えてあげると、ぶりっこが治るかもしれません。

 

その②十分な愛情を注がれずに育っている

 

このタイプもいます。

 

たとえば幼少期、家庭内でいつも兄弟と比較され、自分の方は両親からもあまり見向きもされずに育った・・・というようなかわいそうな人である場合、ぶりっこ化することもあります。

 

または両親間が仲悪くて自分にかまってもらえなくて、、、という人も、愛情に飢えているのでその反動でぶりっこになりやすいです。

 

こういう背景があるぶりっこさんには、きちんと、あなたのこと見てるよ、大切に思っているよ、という姿勢を見せてあげると、ぶりっこがなくなることもあります。

 

その③人間関係に苦労している

 

昔からあまり友達に恵まれず、いつも本心を口に出せなかった、というようなタイプの人もぶりっこになったりします。

 

ぶりっこ=いつもニコニコしていて女子からも男子からも愛される という印象があるからなのか、そうしていればまず周りとは極端なトラブルにはならないだろう、などと考えているからなのでしょう。

 

こういうタイプの人も、自分から心を開いてあげると、ぶりっこが治ったりもするので、ぶりっこだとむやみに避けず、自分をまずオープンにしながら、相手の本心に目をむけてあげると良いと思います。

 

Sponsored Link

 

まとめ

ぶりっこだって好きでぶりっこやってるわけじゃない!自分も相手をそうさせている一部という自覚を持つことが大切!

 

ここまで、ぶりっこさんになってしまう背景について説明してきました。

 

どうでしょう。

 

結構共感できるというか、むしろなんだかかわいそうだなぁと思ってしまうこと、多々ありませんでしたか?

 

前提なのですが、ぶりっこ女子の大抵は自分がぶりっこであることを自覚しています。

対男性ならともかく、同性に対しぶりっこが不人気なこともわかっていたりします。

 

それでも何かを隠そうと必死で、ぶりっこをしてしまうのです。

 

これはぶりっこに限ったことではないのですが、人は環境に影響されやすい生き物なので(特に日本人はそうだと思います)、周りの環境次第で良くも悪くも変わっていきます。

 

また、その環境の一部は自分です。

 

自分がその人の本心に気づき、プラスに接してあげると変わることもあると思っています。

 

ですので、ぶりっこ=いらつく!と避けるのではなく、その人の本心に目を向けて、理解してあげることが大事だと思います。

 

またこの時ポイントなのが、相手の価値観を受け入れるのではなく、受け止めることです。

 

完全に同調するのではなく、それも一理あるな、と思えが自分も楽に接することができます。

 

ぶりっこ女子への気持ちの持ち方、見直してみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: