ジェットコースター 怖い

neta-life【ネターライフ】

ジェットコースターが怖い!即効で怖くなくなる方法!

読了までの目安時間:約 7分

039530

 

大学のサークルや職場の同僚等、複数でワイワイ楽しく騒ぐなら、やっぱり遊園地!ですよね。

 

ただ、遊園地に行くと決まったら、ちょっぴり不安に思う人もいるはず。。。

 

そう、絶叫マシン

 

わかりますよその気持ち。私も苦手なので。

 

しかし遊園地にはジェットコースターなどの絶叫マシーンがつきもの。

 

とはいえ、一人だけ乗るのを断ったりしたら、ノリが悪いと思われて場が白ける可能性もあり。

 

なんとかして克服したいですよね。
でも楽しくなる方法なんて果たしてあるのでしょうか。

 

あるのです、それが!!!

 

ここでは、苦手なジェットコースターも楽しくなるコツをお伝えしていきますね。

 

Sponsored Link

 

そもそも、なぜジェットコースターに乗ると怖いと感じるのか

ジェットコースターって怖いから乗りたくないと感じる人と、その怖さを楽しみ、ハマってしまう人とにわかれますよね。

 

これは何が違うのでしょう。

 

一番の関係しているのは心理的な差が大きいです。

 

そもそも、高いところから落下するという行為は普段の生活の中でほとんどないはず。

 

その慣れていない行為に対し、楽しい!ワクワクする!と考える人と、なんだか怖い!と思う人とで差が表れるようです。

 

このような心配性の人にとっては、特に怖いと感じられるジェットコースターですが、また、想像力も関係していそうです

 

怖いと感じる人はたいてい「もしも車輪が外れて落下してしまったら・・・」などと考える傾向があります。

 

これは、ドラマや映画に影響されている部分もありますが、落下する場合のシーンを頭の中で想像できているからなのです。

 

なので、ある意味想像力豊かともいえますよね。

 

また他にも、筋力の差からも違いが表れる場合があります。

 

落下時は胃がふわりと浮きあがりますが、筋力のある人はこの浮き具合が弱くなります。

 

そのため、筋力のない人に比べて恐怖を感じることも少なくなるのです。

 

Sponsored Link

 

怖くなくなる方法①自分が操縦者だと思い込む

 

上記で、怖いと感じるのは心理的な原因が大きいと説明しましたね。

 

ですので、まずは怖いと感じるのをやめる、安全なものだと考えるのが重要です。

 

この方法として例えば自分がマシーンの操縦者だと考えることが効果的です。

 

自動車の運転でも操縦者が酔うことはほとんどありませんよね。

 

これと一緒で、絶叫マシーンを自分が操縦していると考えれば、酔ったり、恐怖を感じることも少なくなります。

 

怖くなくなる方法②姿勢に気を付け、目を閉じない

 

怖いと感じるのは、胃が浮いたときにおこる現象なので、まずは胃が浮くのを極力防ぐのが必要です。

 

方法としては、顎を引き、正しい姿勢で乗ること。

 

こうすることで、お腹に力が入れやすく、胃が浮きにくくなります。

 

できればバーからも手を離し、両手を上に上げて乗るようにしましょう。

 

バーにしがみついていると、姿勢が悪くなるばかりか、恐怖感も倍増する恐れがありますが、両手を上に上げて落下することで、気持ち的にも前向きになり、怖いと感じにくくなります。

 

また、目を閉じるのは絶対NG

 

何が起こっているかわからない恐怖感を感じるだけでなく、酔いやすくなりますので、必ず目を開いて乗るようにしましょう。

 

怖くなくなる方法③一番後ろの席に座らない

 

絶叫マシンを怖いと感じる理由の一つに、速度がありますよね。

 

実はジェットコースターの場合、後ろの席になればなるほど落下時のスピードが速くなるのです。

 

極力スピードが緩くなる、前の方に座ると良いと思います。

 

ただ、乗り物に乗る順番は並んでいる順番通りなことが多いので、何も意思表示しなければ、後ろの席に回される可能性があります。

 

これを防ぐためには、係員の人に乗り物酔いしやすいなどと伝え、極力前の席にしてもらうように伝えてみると良いでしょう。

 

場合によっては、調整してくれることもあるかもしれません。

 

怖くなくなる方法④ 筋力を鍛える

 

先ほど筋力がある人とない人では、ある人の方が臓器が浮きにくく、恐怖に感じにくいとお伝えしましたよね。

 

ですので、筋肉量の少ない人は、腹筋などで筋力をつけることも、怖く感じなくする方法としては効果的!

 

ランニングや筋トレなどで筋肉をつけるようにしてください。

 

一番大切なのは継続なので、自分が無理なく続けられるペースを考えて、日々の生活の中に組み込むようにしてみてくださいね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

苦手な絶叫マシーン、上記に書いてあることを参考にしてみたら、ちょっとは楽に乗れるかもしれませんよ。

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: