人を見下す心を治す!人を見下してしまうのをやめたい人必見です!

あからさまに人を見下すことはなくても、その言葉尻から意識しなくても人を見下しているケースは結構多いですよね?

人を見下すなんて悪いことだとわかってはいても、どうしても自分より「下」だと思った人に対してはそのような態度を取ってしまいます。

でも、できるなら人を見下すのはやめたいと思う人が多いのではないでしょうか?

そこで今回は人を見下す心を治したいと真剣に考えている人に向けて、人を見下してしまうのをやめたい人へのアドバイスをご紹介していきます。

Sponsored Link

人を見下す人はどんな人に多い?

人を見下す傾向にある人は、どんなタイプの人に多いのでしょうか?

人のことを自分よりも下に見る人は、高慢になりすぎているか自己卑下が強いかどちらかであることが多いのです。

では人を見下す人はどんな人に多いのか、4つの傾向を見ていきましょう。

自分に自信が持てない

人を見下す様子を見ているとどうしても自信家などのイメージが強いですが、実は自分に自信が持てないタイプも多いのです。

自分をこれ以上惨めにしないための自己防衛として、他人を見下すことで優越感を得ているのですね。

「自分はこの人よりはマシだ」と自分に思い込ませることで、ギリギリのプライドを守っているのです。

プライドが異様に高い

プライドが異様に高い人も、人のことを見下して自分を正当化しようとします。

一般的に性格が悪いと言われるタイプですが、この場合は見下しながら悪口を言ったりとにかくコテンパンにすることが多い傾向にあります。

プライドが高い人は自分より上に行こうとする人が許せないので、徹底的に叩こうとするのです。

情緒不安定な毎日を送っている

情緒不安定な毎日を送っている人は、人間関係がうまくいっていないことが多いですよね。

ほんの少しのことが気になって鼻についたり、欠点ばかりが見えて人を見下す行動に出るのです。

心の状態が落ち着かないと他人との良い距離感を取れなくなるので、悪口を言ったりしてストレスを発散してしまう傾向にあります。

根拠のない自信がありすぎる

根拠のない自信がありすぎて、自分は特別な人間だと思っている人も他人を見下すことが非常に多いです。

なにしろ自分以外の人間は全て凡人以下だと考えているので、見下すことしかできなくなるのですね。

このタイプはいわゆる中二病をこじらせてしまった人に多く、ほとんどの人が手に負えない場合が多い厄介な存在です。

Sponsored Link

人を見下す時の心理状態とは?

人を見下すというのは見ていて気持ちの良いものではありませんが、その時の心理状態はどのようになっているのでしょうか?

そこには歪んだ心理状態が隠されているので、人とのコミュニケーションがうまく取れないことがよくわかります。

では人を見下す時の心理状態を4つご紹介していきましょう。

自分を過信しすぎてしまっている

自分のことを過信しすぎている場合は、他人をひどく不出来に思える代わりに自分が優れた人間であると思い込みます。

これが人を見下す行動に拍車をかけていて、さらにそのことを悪いことではなく当然のことだと思ってしまうんですね。

自分を過信している人は失敗をした時に立ち直れなかったりすることが多いので、その時に初めて人を見下したことを後悔するでしょう。

他人に対して羨ましいという気持ちがある

人を見下すような悪口を頻繁に言う人は、内心その人のことを羨ましくて仕方ない心理状態があります。

羨ましいから見下すことで無理やり自分の方が上だと思い込んで、満足感を得ようとするのですね。

例えばマイホームを購入した知人に対して「あんな狭小住宅じゃ陽当たりも悪いでしょ、我が家のマンションの方が住みやすいと思う」などと言うと…勘の鋭い人なら羨ましいのかな?と感じると思います。

今までの生い立ちから劣等感が強い

今までの生い立ちや経験から、劣等感が強く悲観的な場合は人を見下しやすくなります。

自分の劣等感をかき消したいために、他人を下に見ることでなんとか自分の位置を保っているという感じですね。

日頃から自分の中では自己卑下をしているけれど、他人にそれを悟られたくないために見下す行動に出るのです。

他人を下に見て快感を覚えている

人を見下すことで自分自身を奮い立たせたり快感を得ている人もいて、単に性格が悪い場合も多いです。

特に理由がなくても難癖をつけたがったり、人のアラばかりを探す人は密かに快感を楽しんでいる心理があります。

このような人は普段から周りにも一線置かれている場合が多いので、余計に卑屈になって人を傷つけてしまう傾向にあるのです。

Sponsored Link

人を見下すのを治すにはどうしたらいい?

人を見下すのを特に悪いと思っていなくて、むしろ自身のストレスが解消できるのであればいいじゃないか!と開き直っている人もいます。

しかし中には人を見下してしまうけど、その後に罪悪感を抱いたり治したいと思っている人もいるのではないでしょうか?

癖みたいになってしまっている場合は人を見下すのをやめるのはそう簡単ではありませんが、具体的にどのようなことをしていけば良いのでしょうか?

自分第一主義を脱する

人を見下すのは自分が一番だと思っている人が多く、自己愛の強さから他者を下に見てしまう傾向にあります。

そのため自分のことだけではなく、一呼吸おいて相手の立場になって物事を考える訓練も必要になってきます。

例えば狭小住宅のマイホームを持った知人に対して見下した感情を抱きそうになった時は

・それでも将来はローン完済したら自分のものになる

 

・リフォームも好きなようにおこなうことができる

などと相手の立場になって考えれば、たくさんポジティブなことが思いつきますよね。

自分だけからの視点で物事を考えると、どうしても自分より劣った部分のみをピックアップしてしまうのです。

そうならないように相手の視点から物事を考えられるようになれれば、じきに見下してしまうのを治すことができるでしょう。

みんなが自分と同じ価値観だと思わない

人を見下している人は価値観が違う人を集中攻撃する傾向にあり、とことん自分との差を思い知らせようとします。

しかし人間は十人十色なので、価値観が全く同じということはあり得ないのです。

それは長年連れ添った仲良し夫婦でも、家族でも価値観というのは人それぞれになります。

そのため自分の価値観が全てだと思っていると、どんどん周りから孤立して、最終的には敵しかいなくなってしまいます。

そうならないためには自分と違う意見が出たとしても、それをひとつの参考意見として受け入れることです。

・そういう考え方もあるのか。

 

・面白い考え方をする人だなぁ。

 

・そんなこと思ったことすらなかった。

このように感心する方が「でも」「だって」から始まる否定形ので見下すよりも、人間の面白さを追求できると思いませんか?

人間は様々な種類のタイプがいると心得ている方が、見下してばかりよりもストレスが溜まらないと思いますよ!

まとめ

人を見下すのは自分に自信が持てない劣等感が強い人やプライドが高い人に多く、その心理として劣等感を隠すために相手を下げて自分を無理やり上げるという行動に出ていることがわかりました。

単に人を見下して快感を得ている場合もありますが、罪悪感が少しでもあるなら治していくことも簡単ではありませんが可能です。

自分本位ではなく相手の立場になって考える、そしてみんなが自分と同じ価値観だと思わないなど日頃から考え方を改めていきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.