冬生まれ 暑さに弱い 寒さに強い

neta-life【ネターライフ】

冬生まれは暑さに弱い、寒さに強いは本当!?冬生まれの特徴!

読了までの目安時間:約 14分

 

「冬生まれは暑さに弱く、寒さに強い」「生まれた季節によって特徴がある」と耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

生まれた季節によって特徴があるというのは、どのようなことが関係しているのか気になりますよね。

 

今回は冬生まれは暑さに弱く寒さに強いというのは本当なのか、また、冬生まれの特徴などについても紹介します。

 

Sponsored Link

 

冬生まれは本当に暑さに弱いの?

 

冬生まれは暑さに弱いと言われてますが、諸説あります。

 

1つ目は、生まれたときの遺伝子によるものです。

 

しかし、医学的には解明されていないようです。

 

2つ目は、生まれてからの環境によるものです。

 

夏生まれの人は、暑さで汗をかきやすいため、汗腺が発達しやすいと言われています。

 

冬生まれの人は、暖房の効いた部屋で冷えないように温められていますので、夏生まれの人に比べて汗腺が少なく、暑さに弱い傾向にあると言われています。

 

また、生まれた季節ではなく、生まれた地域によっても違うのではないかという意見もあります。

 

なお、赤ちゃんには元から免疫力が備わっていますが、生まれて半年ほどで免疫力が弱くなってしまいます。

 

そのため、「半年後=生まれた季節とちょうど反対の時期」となり、免疫力が弱くなった頃(生まれた季節と反対の季節)に体調を崩しやすいという考えもあるようです。

 

一概に「冬生まれは暑さに弱い!」と断言するのは難しいのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

冬生まれは本当に寒さに強いの?

 

「冬生まれは寒さに強い」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

冷暖房が充実していなかった頃は、子どもは皆寒さをしのぎ暑さを耐えて成長してきました。

 

しかし、現在は冷暖房完備の家庭も多く、冬に生まれた子どもは風邪を引かないように、厚着をして暖房やストーブの効いた部屋で育てられることが多くなりました。

 

その結果、冬の寒さを感じることが少なくなりつつあるため、冬生まれが寒さに強いとは言い難いと考えられます。

 

なお、冬生まれでも寒さに弱いという人もいれば、寒さは平気だという人もいます。

 

人それぞれに違いがあるのはもちろん、遺伝子なども影響しているのかもしれませんね。

 

冬生まれの特徴は?

 

冬生まれの特徴にも諸説ありますが、落ち着いた雰囲気で慎重派であると言われています。

 

また、ひらめきやその場の考えではなく、根拠を持って行動する特徴もあります。

 

なお、2016年に放送されたテレビでは誕生月ごとに性格があることが紹介されました。

 

その中では、冬生まれ(1月~3月)は人の心の痛みが分かる優しい子に育つと解説されていたようです。

 

このように、生まれた季節や月ごとに性格や特徴があることが分かります。

 

諸説あるため「こんな性格や特徴を兼ね備えている」とは断言できませんが、「当たっている!」という人もいるのではないでしょうか?

 

Sponsored Link

 

誕生月ごとにかかりやすい病気とかかりにくい病気がある?

 

アメリカのコロンビア大学の調査により、誕生月と病気に関係があることが分かりました。

 

なお、コロンビア大学では170万人を対象として調査を行っています。

 

医学的に証明された訳ではありませんので、参考程度に読んでみてくださいね。

 

ここでは11月~2月生まれののかかりやすい病気とかかりにくい病気を紹介します。

 

11月生まれのかかりやすい病気は「急性扁桃腺炎」「非炎症性の膣疾患」「ADHD」などで、かかりにくい病気は「肺がん」「気管支がん」「慢性心筋虚血」などの心臓・血管の病気です。

 

12月生まれのかかりやすい病気は特になく、アザが残りやすいという調査結果だったようです。

 

なお、かかりにくい病気も特にありません。

 

1月生まれのかかりやすい病気は「高血圧」や「心筋症」、かかりにくい病気は「中耳炎」「喘息」などです。

 

2月生まれのかかりやすい病気は「肺がん」「気管支がん」などで、かかりにくい病気は「胃の機能障害」「発作」「視覚不良」などです。

 

ただし、170万人を対象とした調査結果によるものですので、信ぴょう性は定かではありません。

 

誕生月ごとにかかりやすい病気とかかりにくい病気があるのはびっくりですね。

 

冬生まれの赤ちゃんのために準備しておきたいもの

ここでは、冬生まれの赤ちゃんのために準備しておきたいものを紹介します。

 

出産を控えている人や生まれて間もない赤ちゃんがいる家庭、小さい子どもがいる人もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

肌着や胴着

 

準備しておきたいもの1つ目は「肌着」です。

 

赤ちゃんにとって大事な肌着ですが、汗を吸収するための「短肌着」と保湿のための「コンビ肌着」

は必要不可欠です。

 

 

 

なお、体温調節しやすい「胴着」も準備しておくと良いでしょう。

 

 

 

防寒対策グッズ

 

準備しておきたいもの2つ目は、「防寒対策グッズ」です。

 

寒さは赤ちゃんにとっても大敵です。

 

風邪を引かないためにも、しっかりと防寒対策をしてあげましょう。

 

なお、暖房を使用するのも良いですが、空気が乾燥しやすくなります。

 

そのため、加湿器や空気清浄機も準備しておくのがおすすめです。

 

電気を使わないエコ加湿器(気化式)もありますので、加湿器を購入する余裕がないという人も手軽に購入できますよ。

 

 

 

防寒対策では、ミトンや帽子、防寒ウェア、厚手の靴下を準備しておくといいかもしれませんね。

 

室内であれば厚着をさせる必要はありませんが、外出するときにはなるべく外気に触れないように温かい服装を選びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

また、冬でも室内と外の温度差で汗をかきますし、赤ちゃんは汗っかきでもあります。

肌着は多めに準備しておくことをおすすめします。

 

おすすめの加湿器・空気清浄機1選

冬生まれの赤ちゃんのために準備しておきたい加湿器・空気清浄機ですが、ここではそれぞれおすすめの商品を紹介します。

 

おすすめの加湿器は、シャープの加湿空気清浄機です。

 

 

 

加湿と空気清浄機両方の機能が備わっている他、静電気を除去しながらほこりを集めてくれます。

 

さらに、PM2.5も逃さずキャッチしてくれます。

 

音も大きくないため、寝ている赤ちゃんを起こしてしまう心配もありません。

 

価格は17,712円(税込・送料無料)で購入できます。

 

高く感じる人もいるかもしれませんが、加湿器と空気清浄機の機能が備わっており、長年使えると考えるとコストパフォーマンスの良い商品だと言えます。

 

5年間使用すると仮定した場合、毎月約300円で使用できる計算になります。

 

おすすめの空気清浄機は、シャープのプラズマクラスター空気清浄機です。

 

 

 

高濃度プラズマクラスター7000搭載の商品で、清浄時間は8畳の部屋で約12分間です。

 

適用床面積の目安は約14畳となっていますので、リビングや赤ちゃんの部屋に置いておくと良いでしょう。

 

口コミでも人気を集めている商品で、電気代も1時間当たり約1円とエコ仕様となっています。

 

1日12時間稼働しても1か月の電気代は約360円ですので、家計への負担も少なくおすすめです。

 

各メーカーが色々な空気清浄機や加湿器を販売していますが、中でもシャープの製品が人気を集めているようです。

 

消費者から、メーカー保証や機能性、価格が適正であると判断されているのかもしれませんね。

 

 

冬生まれの特徴やおすすめの商品はいかがでしたか?

 

生まれた月や季節によって、色々な特徴があることが分かりました。

 

冬生まれの人の性格にも諸説ありますが、該当する部分はありましたか?

 

また、冬生まれの赤ちゃんのために準備しておきたいアイテムもいくつか紹介させて頂きました。

 

これから出産を控えているというご家庭は、参考にしてみてくださいね。

 

つわりがひどくて外出もままならない人や、身体が重くて動きづらいという人も、インターネットで手軽に購入できますので、ぜほ調べてみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: