本当に優しい人の特徴!強い人の痛みが分かる人になろう!

あなたはどんな性格の人を優しい人だと感じますか?

「心配してくれる」「困っているときに本気で助けてくれる」「何かあったら手を差し伸べてくれる」など、「優しい人だ」と感じる気持ちは人それぞれ異なります。

また、優しい人だと感じたとしても、相手は自分のことしか考えていない場合があるのも事実です。

では本当に優しい人とはどんな人なのでしょうか?

今回は、本当に優しい人の特徴や、人に優しくなるためにはどうしたらいいのかをご紹介します。

Sponsored Link

本当に優しい人の特徴7つ

それでは本当に優しい人の特徴をいくつかご紹介します。

どういう人が本当の意味で優しい人なのか見ていきましょう。

自分にも優しいこと

自分の心に余裕がないときに、相手に対してきつい態度を取ってしまったという経験はありませんか?

心に余裕がないときは自分のことで精一杯になっていることが多く、周りが見えなくなってしまいます。

一方で本当に優しい人は自分にも優しく、自分の中のわがままも受け入れています。

例えば、会社の同僚から急にやりたくない仕事を頼まれたとします。

自分に厳しい人は、やりたくなくても「自分のわがままで断ってはいけない!」と考えて仕事を引き受けてしまいます。

その反面、自分に優しい人はやりたくないというわがままを受け入れ、「出来ない」とハッキリ断ります。

やりたくない気持ちを受け入れ、精神的な負担を増やさないことによって、心の余裕を保っています。

もちろん全てのわがままを通すことが正しいわけではありません。

本当に優しい人は自分に負担をかけ過ぎず、適度にわがままを受け入れることに長けているのです。

自分が受けた優しさを参考にするところ

「自分がしてあげたことは忘れても、自分がしてもらったことは忘れてはいけない」という言葉を聞いたことはありませんか?

人間とは不思議なもので、相手にしてあげたことはいつまでも覚えているのに対し、相手にしてもらったことはすぐに忘れがちです。

本当に優しい人は、相手にしてもらって嬉しかったことや相手から受けた親切を覚えています。

そして覚えているだけでなく、自分が嬉しいと感じたことを参考にして、ほかの人が困っているときに手を差し伸べます。

Sponsored Link

他人に過度に期待しないところ

”常識”という言葉、一度は耳にしたことがありますよね。

常識とは、一般人が共通に持っている(持つべき)知識や思慮のことを言います。

しかし、何を常識とするかはその人が生きてきた中で培われたものが大半を占めていると考えられます。

例えば、あなたは「挨拶をされたら挨拶を返すのが常識」だという考えを持っているとします。

つまり、言い方を変えると、「あなたが挨拶をしたら相手は必ず挨拶を返して”くれる”」と期待しているということです。

この場合、挨拶をしても返事が返ってこないと「どうして挨拶を返さないの?」「常識がなってない!」と思ってしまいますよね。

本当に優しい人は、「自分がすれば相手から同様のことが返ってくる」とは考えていません。

前述の例であれば、もし相手から挨拶が返ってこなくても、「聞こえなかったのかな」「挨拶をしない人なんだろうな」程度にしか考えないため心が乱れることがありません。

相手に対して期待をしていないため、相手がどんな行動をとっても臨機応変に対応できるのです。

傷ついた経験があること

本当に優しい人の中には、自分が傷ついた経験があるという人がとても多くいます。

そのため、「自分がされて嫌なことは他人にしない」という考えが身に着いているのです。

そして、過去に傷ついた経験がある人は、その経験がどれだけ辛いものだったかを覚えています。

さらに、その経験を乗り越えた強さも兼ね備えているのです。

他人の痛みが分かる人は、自然と他人に優しくできるのかもしれませんね。

相手のことを想って叱ることができる点

友人であれ彼氏(彼女)であれ、自分の大切な人を叱るというのはなかなか出来ないもの。

ましてや大して仲良くもない相手に叱るとなると、「反感を買うのでは・・・」という考えが先走ってしまいますよね。

本当に優しい人は、自分が反感を買うか否かではなく、相手の間違いを正したいという気持ちで叱ります。

感情的に上から怒鳴るようなことはせず、冷静な口調で説明します。

そのため、たとえ反感を買ってしまったとしても、正しいことを伝えただけだからとさほど気にしません。

一方で、建前の優しさを演じている人は、反感を買われたくがないために大事な場面で他人に決定権をゆだねたり、人と違う意見を発言することを嫌います。

裏切らないこと

いくつになってもどんな場面でも、裏切りは付いてくるものです。

信頼していた人から裏切られたときの気持ちは、例えようがありません。

しかし、人間は誰もが「自分が一番」という考えを根本に持っています。

自分が一番だという考えが行き過ぎると、周りの人を裏切ってでも自分が得をするように行動してしまいます。

その反面、本当に優しい人は自分の大切な人を本当に大切にします。

いくら自分が得をするとしても、友達であれ家族であれ恋人であれ、大切な人を裏切るようなことはできないのです。

そもそも自分が得をするか損をするかで人を見ていないため、裏切るという行為自体が思い浮かばないという人が多いと考えられます。

平等に接すること

人は無意識のうちに周りの人を差別化する傾向があります。

自分より年下だからと格下に見たり、上司に媚びを売ったり、周りが悪口を言っている人に対して冷たく接したり・・・。

人によってころころ態度を変える八方美人は、上辺の優しさだけで人と接していることが多いです。

そして表ではニコニコ笑って優しい人を演じ、裏では「あの人嫌い!」「〇〇してあげたのにお礼の一言も言わないんだから!」等と陰口をたたきます。

これでは本当に優しいなんて言えたものではありませんよね。

本当に優しい人は、裏表がなく誰にでも平等に接します。

上司には敬語でしっかりとした口調でしゃべり、友達とは和気あいあい楽しみます。

これは周りの人によって態度を変えているのではなく、周りの人と対等な関係を築くために自然と身に着いている常識なのです。

そのため相手が年下や後輩であっても格下に見るのではなく、ひとりの人間として接します。

人と平等に接する人に悪い人はいません。

Sponsored Link

人に優しくなるにはどうしたらいい?

人に優しくなるには、上辺だけの優しさではなく本当の優しさに触れる機会を増やすことが大切です。

上辺だけの優しさは所詮その場限り。

簡単に裏切られてしまうことが多々あります。

そして、裏切られたときの辛さから、相手に対して心の壁を作ってしまいがちです。

人に優しくなるには、自分の経験した辛さを乗り越えて、他人の痛みに共感できるようになりましょう。

また、「自分がこれだけ辛い思いをしたんだから、相手にも味わわせてやろう!」という復讐心を持ってはいけません。

「自分が辛い経験をしたからこそ、周りの人には同じ経験をしてほしくない」という気持ちを持って人と接することで、本当の優しさを知ることができるはずです。

「相手を助けてあげたい」「相手の支えになりたい」というあなたの”純粋な気持ち”が、周りの人への優しさに変わるのです。

痛みが分かる人になりましょう

本当に優しい人の特徴をご紹介しましたが、いかがでしたか?

他人の痛みが分かる人は、自然と相手に優しく接することができます。

本当に優しい人になりたいと思っても、簡単になれるものではありません。

周りの人との接し方や接するときの気持ちが、本当の優しさにつながっていくのです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください