気前が良いとはどんな人?特徴や心理!

454571

「あの人、気前良いよね」「君、気前が良いね!」

「気前が良い」という言葉。言われたことありませんか?

友人と食事に行った時や家族で出かけた時などに良く聞く言葉ですね。

言われて悪い気はしないと思います。

でも「気前の良い人」=「浪費家」と思われてしまうことも……。

よかれと思ってやったのに裏目に出てしまうなんてこともあるようです。

これは気を付けたいところです( ;∀;)

そもそも気前が良い人ってどういう意味を持っているのでしょうか?

気前の良い人の特徴や心理状況を見ていきましょう。

Sponsored Link

気前が良い人の特徴とは?

「君、気前が良いね!」

 

「君、もしかして浪費家?」

言われてうれしい言葉はどっちですか?

私は気前が良いねと言われた方が断然うれしいです!

でも「気前が良いの」「浪費家」って何が違うのでしょうか?

「お金を使う」という行動上は一緒な気がしますが(´・ω・`)

この違いは「相手の反応次第」とも言えそうです。

例えば、自分が幹事となって大勢と外で食事したとします。

その時の支払いをどうしますか?

全員で割り勘しますか?

それとも自分だけ少し多めに出しますか?

ここが気前良い人と浪費家の分かれ道です。

もちろん、自分だけ少し多めに出したからと言って気前の良い人と言えません。

自分だけ少し多めに出す場合、自分が払える範囲にすることがポイントです。

ここで浪費家だと周囲や金融機関に借金をしても出そうとします。

それが食事をした人たちに知られたらどうでしょうか?

もう幹事を頼もうと思わないはずです。

これらを見ると

相手を喜ばせるだけの人=気前の良い人

 

自分の収入に合っていないお金を使用する=浪費家

である言えるのではないでしょうか。

 

また、気前の良い人には基準があります。

ここは出す、ここは出さないといった判断が明確にできるのです。

なんでもかんでもお金を出す人、見境なく使ってしまう人は相手のためではなく、自分を良く見せたいという気持ちが前面に出ていることと同じです。

気前の良い人は親しい人やお世話になっている人に目的をもってお金を使用しているので、大きな違いといえるでしょう。

あなたはどちらでしょうか?

Sponsored Link

気前の良い人の心理とは?見返りを求められた際の対処法

気前の良い人の特徴をご紹介しましたが、いかがでしたか?

特徴だけを見ると「良い人」に感じますよね。

でも、気前の良い人の心理を知ってしまうと「良い人」「そうでない人」に分かれそうです。

なぜなら、気前が良い人は2種類の目的に分かれるためです。

・人に喜んでもらうことを目的としている

・見返り(倍以上のものを求める人も)を目的としている

これらの特徴を見てみましょう。

人に喜んでもらうことを目的としているの場合

「今までの感謝を伝えたい」「遠くから来てくれたのでご飯代くらいは出したい」など、相手にしてもらった行動に対するお返しを意識してお金を使用します。

そのお金の使い方も相手が恐縮するような額は出しません。

人に喜んでもらうことを第一に考えるので、相手がどう思うのか意識してお金を使うためです。

ですので、ちょっとしたお菓子や飲み物、2人で会った時のお昼代など相手が気兼ねなく受け取れるものにします。

相手に喜んでもらいたいという心理からくる行動には、見返りを求めるという考えはありません。

受け取った後の関係も考えて渡せる人は、本当に気前の良い人と言えるでしょう。

見返りを目的としている場合

見返りを期待して相手に対して過剰にお金を使ってしまう人もいます。

「こんなに良くしてあげたのに」
「あなたのためを思って」

このような言葉を聞いたことがありませんか?

ちょっと恩着せがましいなぁと思ってしまいますよね。

おごってくれる時は「いいよ!大丈夫!いつもお世話になってるし」とちょっと強引な感じでお金を払ってくれます。

しかし、後から「そういえばあの時おごったよね~」などと言い出すのです。

そこで買わないと裏で「あんな良くしてあげたのに、こんなものもお返ししてくれないの!」と悪口を言われてしまう場合もあります。

好意だと思って受け取ったら、後々大変なことに……。

相手におごられる場合、表面上の付き合いなのか、今後も深く付き合いたい人なのかを考える必要がありそうです。

見返りを求めてくる相手への対処法

倍以上の見返りを求められそうな場面での対処法をご紹介します。

「いつもお世話になってるし」とは言われたが、久しぶりに会った人だった場合。

「へそくりあるから大丈夫だよ~」「今日は○○ちゃんと食事するためにお金持ってきたから自分の分は払うよ」などと言って「自分の分は払う」というアピールをしておきましょう。

後々、裏で悪口を言われて居心地が悪くなってしまうことを考えるとその場できっぱりと断ったほうが無難です。

「この人におごれば良いものが返ってくる」と思われてしまえば、相手の良いように使われてしまいます。

 

もし、これからもお付き合いがありそうな人に見返りを求められたらどうしますか?

相手に喜ばれたい心理なのか、自分が喜びたい心理なのか、最初からはっきりはわかりませんよね(´・ω・`)

これからもお付き合いがありそうな人に知らずにおごってもらい、見返りを求められるような発言をされたら、その1回だけにとどめておくのも大切です。

次からは割り勘をするなど対策をして「相手に借りをつくらないようにする」ようにしましょう。

 

気前の良い人は基本相手のことを考えて行動できます。

相手の喜ぶ顔が「見返り」なのでしょう。

そういう人ってなんだか素敵ですよね(^^

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください