簡単に泣く方法!すぐに泣ける演技を身につけるには?

女にとって涙は武器のひとつ!

泣きたいなと思ったときにすぐに泣ける演技を身につければ、何かと便利なことがあるんです。

でも名子役の芦田愛菜ちゃんでもない限り、なかなか簡単に泣くというのは難しいのが現実ですよね?

でも日頃からトレーニングしていれば、すぐに泣ける演技を身につけることができるんです。

そこで今回は簡単に泣く方法を知りたい人のために、すぐに泣ける演技を身につける方法をご紹介します。

Sponsored Link

簡単に泣いて演技派になるメリット4戦

簡単に泣けるようになりたいという人は割といますが、演技派になることでどんなメリットがあるのでしょうか?

今話題の涙活と照らし合わせて、泣く演技をする良いところを4つご紹介していきます。

①ストレス発散になる

多くの人が泣きたいときに泣けなくて、なんだかモヤモヤした気持ちを抱くことがあるのではないでしょうか?

でも泣きたいときに泣けると、感情を爆発させることができるのでストレス発散になります。

泣くことはストレスを涙と一緒に流してくれる働きがあるので、とても良いことなんですよ。

辛いときに思いっきり泣くと、とてもスッキリした気持ちになりますよね?

これは心の中のモヤモヤが消えていった証拠なので、泣きたいときに思いっきり泣くスキルを身につけていきたいですね。

②涙を武器として使う

パートナーと喧嘩した時など、涙をすぐに見せられれば相手を怯ませることもできますよね!

涙は女の武器になりますので、すぐに泣けるというのは強みです。

喧嘩をしているときは感情が昂ぶっているので、普段よりも意識せずとも簡単に泣きやすい状態にあります。

ここぞというときに涙をチラリと見せれば、多くの男性は戦意を喪失する可能性が高いのです。

このシーンでは大泣きをするのではなく、あくまで涙をチラつかせる程度でオッケーです!

涙の量をコントロールするにも、訓練が必要なので自分の感情を抑えられるようにしていきましょう。

③感情をコントロールすることができる

涙は不意に出てくるものであって、なかなか「出そう」と意識して出るものではありませんよね?

しかし感情のコントロールやイメージトレーニングで、簡単に泣くことができるようになってくるのです。

逆に泣きたくないのに涙が出そうになった時も、グッと堪えられるようになってきます。

泣く演技を身につけるということは、自身の感情のコントロール術なのですね。

④自律神経のバランスを整える

自分で望んで泣くという涙活は、ストレスを解消するだけでなく自律神経のバランスを整えて心を穏やかにする働きがあります。

思いっきり泣いた後は、心も体も軽くなるような感覚になりますよね?

自律神経のバランスが整うことで感情のコントロールがしやすくなり、ついカッとなったりイライラしたりすることが少なくなります。

また自律神経が乱れると様々な体調不良を引き起こしやすくなるので、定期的に泣くのは体にとってもとても良いことなんですよ!

心身の安定のためにも、たくさん泣いて自律神経のバランスを整えていきましょう。

Sponsored Link

今すぐ簡単に泣く方法4選

今すぐ簡単に泣きたい!というときに自然と涙が出てくるようにするには、やはりある程度のテクニックが必要になります。

涙というのは、はいどうぞと言われてすぐに出てくるものではないのですね。

では今すぐ泣けるようにするには、どうしたら良いのでしょうか?主に4つの方法があるので、順番に見ていきましょう。

①感動して涙が出るツボを押さえる

人によって感動するツボは異なりますよね?

ある人は動物のドキュメンタリーで泣く人もいれば、ドラマの感動シーンで泣く人もいます。

そのドラマの中でも誰かが死んでしまったシーンだったり感動の再会だったり、はたまた親子の会話で泣けてくる人もいて様々です。

そんな中から自分はどんなことで涙が出てくるのか、ツボを押さえることが大切なのです。

このツボを押さえることができたら、パッとその涙を誘うシーンが頭に浮かんで泣くことができるようになります。

そのためにもまずはいろんなドラマや映画など、感動の要素を取り入れていくことが大切ですね。

②神経を集中させる

すぐに泣くといっても、今まで笑っていた人がすぐにコロッと感情を切り替えて涙を流せるかと言われると…なかなか厳しいですよね?

泣くことは意外にも神経を使うことなので、集中力が必要になります。

泣こうと思ったときに意識を集中させて頭の中を悲しい、あるいは感動するようなことでいっぱいにしていくのです。

禅の修行と同じように雑念があっては、なかなか涙は流れてこないんですね。

まず簡単に泣きたいと思ったら、泣くという感情以外に雑念は持たないよう神経統一をさせましょう。

これは日頃から訓練をしていないと、いきなりでは厳しいかもしれません。

涙を出すための修行として、1日に数回は心を無にして泣くことに集中する時間をつくりたいですね。

③普段から様々なものに触れて感受性を高める

泣くというのは普段隠れている感情を爆発させるということにつながるので、普段から心を豊かにしておかないと難しくなります。

様々なことに触れてほんの些細なことでも感動できるようになれば、もうすぐ簡単に泣くことができるようになるでしょう。

例えば空の色や様子も毎日異なりますよね?

そんな人が普段気にも留めないことに意識を向けて、感動をする…そんなことの積み重ねがすぐに泣く能力を高めていくのです。

もちろん感受性が豊かになると、それだけストレスも溜まりやすくなる傾向にあります。

そんなときには思いっきり涙とともにストレス物質を洗い流して、涙活をしていきましょう。

④いざという時は目薬!

いくら頑張っても涙の一滴も出てこない…どうしても精神が集中できずに、泣くことができない…。

そんなことは、もちろん人間ですから数多くありますよね?

このようにいざというときに泣けない場合、役に立つのがズバリ!目薬です。

もちろん相手がいる場合はバレないようにささなければなりませんが、ササっと目薬がさせる人はいかにも泣いているような見た目を作ることができます。

また目薬をさすと目への刺激で自然と瞳が潤んでくるので、その後は自然と涙目になることができるのですね。

自分で泣いてストレス発散をする涙活には使えませんが、パートナーとの喧嘩などで相手を怯ませたいときには是非とも目薬を秘密道具として使って欲しいですね!

Sponsored Link

泣き過ぎて目が腫れるのが心配なときはどうする?

思いっきり泣いて涙活をすることは心身にとっても良いことなのですが、ここで気になるのが泣き過ぎたときに目が腫れてしまうということです。

特に夜寝る前に泣いてしまうと、翌朝お岩さんのように目が腫れて見るも無残な姿になってしまうんですよね。

二重まぶたの人は重たい一重まぶたになって、人相が変わって外出自体したくなくなります。

実際夜に泣いてまぶたがとんでもないことになって、会社や学校を休んだことがある人もいるのではないでしょうか?

ここで泣くときに意識したいポイントをご紹介していきたいと思いますので、安心して夜に泣けるようにしていきましょう。

まずは涙が流れてきても、絶対に目をこすらないことです。

目を触るとまぶたの細い血管が刺激されて膨張して、余計に腫れがひどくなるのです。

涙は基本的に垂れ流しでオッケーで、頬やあごに流れてきた涙を拭うくらいにとどめておきましょう。

また泣いた後は結構を促すために温めたタオルと冷やしたタオルを交互に目に当てたり、お風呂でシャワーを優しく当てるようにします。

これで泣いた翌日に大変なことになる事態は防げますので、気をつけてくださいね。

まとめ

簡単に泣く方法を知りたい人のためにすぐに泣ける演技を身につける方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

自分で望んで泣くことを涙活といい、ストレス発散など良い効果がたくさんあることがわかりました。

しかし簡単に泣くことは難しく、普段から感受性を豊かにしたり感動のツボを押さえておくことが大切です。

泣いた後のまぶたの腫れが気になる人は、泣いているときに目をこすったりせずに血行を促進していきましょう。

涙は心身ともに健康にするエッセンスであり、いざというときに使える女の武器でもあります。

うまく感情をコントロールして、泣く演技を極めていきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.