虫苦手を克服!虫を触れない男はダメ?

452839

女性の希望としてはやはり虫が出たときには慌てず騒がずササっと退治してくれる…というのが理想ですよね。

しかし、最近の男性は「嫌いなもの=虫」という人が結構多いようで…いざという時にあまり役に立たずに女性たちをガッカリさせてしまうという場合が多いようです。

でも、嫌いなものを克服するというのは並大抵なことではありませんよね。

そこで今回は虫が苦手な男性についてそのことで起こる弊害や対処法などをご紹介します。

Sponsored Link

虫が苦手な男性は増えている!

女性は無意識のうちに「男性から守ってもらいたい」という願望を持っているものです。

その守ってもらうシーンとして日常の中で一番多い機会が、虫が出てしまったときではないでしょうか。

それは本当に突然の出来事なので虫が苦手な人はうろたえるしかありません。

そんなときに男性が黙って虫を退治してくれると女性はさらに惚れ直して、よりその男性への恋心が燃えるというものです。

しかし…虫が出たときに女性よりも先にサーっと逃げてしまったり、キャーッと女の子みたいな叫び声をあげたりした場合はやっぱり女性から見れば「え?」となってしまいます。

でも、よく考えたら男性も女性も人間ですから、平等に考えたら虫が平気な人もいれば苦手な人もいるわけです。

男性だから虫は大丈夫というのは女性の男性に対する理想像を押し付けていることにもなりかねないのですね。

最近では昔のように子どもの頃から外を駆け回って虫を捕まえるなどして遊ぶよりかは、ゲームを少人数で集まって遊ぶ世代になってきているので、虫に触れる機会というのが絶対的に少なくなってきているのです。

また、空調の設備が整っていることからあまり窓を開けることもなくなり、虫が家に浸入することも少なくなってきたかなと思います。

こういったことから、男性でも虫に触ることができなかったり見るだけでも嫌だったりして、拒否反応を起こす人は増えているのです。

Sponsored Link

男性が虫に触れないとどうなる?

男性が虫に触れないと、例えば同棲や結婚生活などで一緒に暮らしたときにどういった弊害が出てきてしまうのでしょうか。

女性が退治しなければならないことも!

実はわたしは毛虫などの形状の虫以外なら、ビックリはしますが特にうろたえるようなことはないので大丈夫なのですが…

男性が虫を怖がって退治できないとなると、もう女性がなんとかするしかないですよね。

放置をしてそのまま生活する方が個人的には拷問のようなものだと思います。

もし女性も大の虫嫌いで存在すらも受け付けないという場合には…どちらかが虫嫌いを克服するなどしないと共同生活は厳しいと思います。

女性から幻滅される

虫が嫌いな女性ほど男性に守ってもらいたい願望が強く、虫を退治してもらえることを期待しています。

そんなときに、男性が女性と同じように悲鳴をあげながら逃げ惑っていたら…

百年の恋も冷める…ではないですが、少なくとも少し幻滅してしまうのではないでしょうか。

虫が嫌い=なんだか情けない男性という図式がまかり通っているので、やはり男ポイントは急落することは間違いありません。

男の子が生まれたときに大変!

もし結婚後に男の子が生まれたとしたら、幼稚園から小学校あたりで必ずといっていいほどカブトムシなどの虫に興味を持ち始めます。

学校でも実際に飼育したり、昆虫採集を課外授業でしたりすることがありますからね。

そんなときに父親が虫嫌いだと、子どもと一緒に昆虫採集に出かけることもできませんし、キャンプなどのイベントもこなすことが難しくなります。

大の虫嫌いの男友達の子どもは女の子なのですが、本当に良かったとシミジミ語っておりました(笑)

Sponsored Link

嫌いなものは嫌い!責めないことが大切!

486177

女性としてはやはり男性に虫から守ってもらいたいので虫嫌いを克服してほしいと思いますよね。

でもよく考えてみると、自分は虫嫌いのままなのに男性にだけ克服を望むのはなんだかフェアではないのかなと思いませんか?

男性もひとりの人間なので嫌いなものは嫌いで仕方ないところがあります。

そこはお互いに助け合って虫が出たときの対処法を事前に考えておくなど、協力して乗り越えていくしかありません。

もし、どうしても虫嫌いのままでは困る!ということであれば付き合い自体を考え直してみるのも良いかもしれませんね。

最近は男性の虫嫌いも多いとは話しましたが、もちろん虫が大丈夫な人もいます。

できれば、友達付き合いをしている段階から「虫とかって大丈夫?」とさりげなく聞いてみるのも手ですね。

大切なのは虫が嫌いで女性と一緒に怖がってしまったとしても決して責めないことです。

苦手なものは男女関係なく、やはり接したくないものなのです。

それよりも将来のことを考えて虫が出たときの対処法をふたりで話し合ったりする方が良いと思いますよ!

・タワーマンションのような高層階に住む
・定期的に虫除けを使う
・業者(便利屋さんなど)に頼む

などなど、対処法は何かしらありますから、しっかり話し合ってみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.