貧乏ゆすり 心理

neta-life【ネターライフ】

貧乏ゆすりの心理!実は健康にも効果があるらしい!

読了までの目安時間:約 8分

 

 

137770

貧乏ゆすり=下品というイメージを持つ人が多いかと思います。

 

私も子どもの頃、貧乏ゆすりをしていると、よく親から「品がないからやめなさい!」と注意を受けて育ったので、おのずと人前でやると下品なものという認識を持っています。

 

ただ、そういった指摘を受けていないか受けたのかはわかりませんが、時々大人でも、貧乏ゆすりをしている人がいますよね。

 

しかし、貧乏ゆすりをしたいと思う心理や体調状態等、どんなことが影響しているか考えたことありますか。

 

それらを知ることで、貧乏ゆすりがやめられない人、またはやめさせたいと思う人、両方にとってメリットがあるかもしれません!

 

ここでは、貧乏ゆすりをしたくなる心理や体調状態、することによる意外な効果についてお伝えしていきますね。

 

Sponsored Link

 

なぜ貧乏ゆすりをしたくなるのか

まず、貧乏ゆすりをするのには心理的な要因だけではなく、肉体的な要因が密接に関わっています。

 

実は貧乏ゆすり等の小刻みな上下運動をすることにより、血行の流れが改善され、健康的になります。

 

つまり、貧乏ゆすりをしたいなーと無意識にも思うときには、血流が悪くなっている可能性が高いのです。

 

精神的な心理と肉体的な要因をいくつか挙げてみますね。

 

精神的に不安定

貧乏揺すりをする人は基本的になんかしら、精神状態が不安定な事が状態である場合が多いです。

 

様々なストレス、仕事、恋愛、人間関係などが体に現れている可能性があります。

 

貧乏揺すりをしている人は何か悩みは不満を抱えている事がありませんか?

 

自分の場合だったら、心当たりがないか自分を見つめなおし、他の人の場合は悩みや不満がないか聞いてあげましょう。

 

これらの問題を解決する事で貧乏揺すりを解消することも十分あります。

 

ストレスがたまっている

 

これも上の精神的に不安定につながりますが、ストレスを抱えることで、身体に必要以上に力が入ってしまい、血流がうまくいかず、身体が固くなって痛く感じたり、頭がうまく回らなくなったりします。

 

なので、貧乏ゆすりをすることにより、血の巡りを良くなっていき、それが快感となってしまい癖になることがあるんです。

 

この場合、貧乏ゆすりをやめるには、極端な緊張状態に置かれる状況を避けることや、気の持ち方を変えることがまず大前提必要となります。

 

自分にとって、何がストレスに繋がっているのかを、自分の考え方による要因と、周りの環境による要因とでわけて考え、楽にいられる状況へと改善してください。

 

自分ひとりで考えると、意固地になることもあるので、周りと相談するのがよいですよ。

 

また、同時にストレッチをするなどし、身体を柔らかく保つようにしてください。

 

そうすることで、血の巡りを改善することができます。

 

身体が固くなってしまっている

 

ストレスによるものとは別に、例えば飛行機などで長時間同じ姿勢を取っていたりすると、血の巡りが悪くなり、貧乏ゆすりをしたくなります。

 

この場合、防ぐには、頻繁に身体の向きを変えたり、運動をするなどしてみてください。

 

また、一日の終わりに温かいお風呂につかって身体を温めたり、寝る前にマッサージをしてください。

 

こうすることで、血行改善につながります。

 

他にも、水を小まめに取るようにするなど、いろいろな改善策がありますよ。

 

癖になってしまっている

 

特にストレスがある、血行が乱れている、などと意識しているわけではないが、昔から癖でやってしまっているという人もいます

 

こういう人は、なかなかやめるのが難しいです。

 

習慣化しているからです。

 

とはいえ、貧乏ゆすり=下品という印象が一般的には強いので、極力やめるように努力していくことが重要です。

 

身近な人に相談して、気づいたら注意してもらうようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

実は健康効果もある・・・

以上、貧乏ゆすりをする心理について説明してきましたが、「血行改善のために無意識にしてしまう」と説明したように、実は健康効果も見られるんです。

 

具体的な健康効果としては、以下のようなものが考えられます。

 

冷え性解消
むくみ改善
集中力UP
ストレス発散

 

思っていたよりも多くの効果が期待できそうですよね。

 

ですので、一概に絶対NGというものでもなく、状況を見てやるには、身体への影響としては良いものがもたらされそうです。

 

一目につくところでやってしまうと、どうしても品がないという印象を持たれ、交友関係や社会的評価への影響も考えられるので、極力一目につかない自宅などでやるようにしましょう。

 

とはいえ、貧乏ゆすりは癖になってしまいがちなので、時間や場を区切って行うのが難しい!と感じる方は、他の健康法を取り入れた方が得策かもしれませんね。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

貧乏ゆすりをやめられない人は、上記の心理状態などを把握しながら、やめるための特訓をしてみると良いでしょう。

 

また、貧乏ゆすりをしている人が目につく!という方は、している人の心理を把握して、非難するだけでなく、一緒に対策を打つことができるかもしれませんね。

 

とはいえ、健康的な要素もありそうなので、一概に否定せずに、うまく付き合っていく方法を考えてみるとよいと思います!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: