neta-life【ネターライフ】

不倫をしても離婚しない男の特徴!離婚すると言ってしない男!

読了までの目安時間:約 11分

 

不倫をしている男が口にする常套句として「妻とは離婚するから!」というセリフがありますよね?

 

するする詐欺、という言葉がありますが…まさにその言葉を地でいっているのが不倫していて離婚すると言いつつ全くしない男なのです!

 

奥さんと別れてくれるなら…と女性は相手に期待をしてしまいますが、何度確認してもはぐらかされてしまいます。

 

モヤモヤする気持ちを心に抱えつつも、男性を信じて待つ彼女…本当に腹立たしいですよね!

 

そこで今回は不倫していても離婚しない男に振り回されている人に向けて、離婚すると言ってしない男の特徴を詳しくご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

不倫していても離婚しない男の特徴とは?

 

不倫していても離婚しない不誠実な男の特徴は、総じて自分本位であることがほとんどです。

 

このような男性にひっかかると人生における大切な時間を無駄にするだけでなく、奥さんにバレるかもしれないというリスクが常にまといます。

 

では具体的にどんな男が不倫していても離婚しないのか、3つの特徴を見ていきましょう。

 

遊び慣れている

 

不倫のようなドキドキした恋愛が大好きで、遊び慣れているタイプは不倫相手に対して本気にはならないので離婚はまずしません。

 

離婚してまで一緒になるつもりはなく、あくまで寂しい時や人恋しい時に関係を持てれば満足してしまうんですね。

 

遊び慣れていて絶対に離婚しないタイプは、連絡なども全て男性側のペースに振り回されることが多いです。

 

このような男性に対しては、不倫をしてしまったとしても本気にならないようにしましょう。

 

社会的にマイナス評価になるのを恐れている

 

離婚は今の世の中かなり増えてきてはいますが、やはり不倫のせいで離婚したことが世間に知れると心象は悪いですよね?

 

会社の中でも不倫して離婚したなんてことがバレたら、出世にも響くかもしれませんし上司の叱責を受けることもあります。

 

不倫は人としてだけでなく立派な法律違反になるので、社会的にマイナス評価になるのは目に見えています。

 

そのため不倫による離婚だけは避けたいというのが、男性としての本音なのです。

 

不倫とは別に家族を大事にしている

 

不倫は置いておいて、とにかく第一は家族!というタイプも矛盾しているようですがいるのですね。

 

家族と愛人両方を大事にしてバレないようにそつなくこなすマメなタイプですが、この場合は奥さんだけでなく子どもがいることが多いようです。

 

不倫相手も好きだけど子どもとは離れるなんて考えられない!と多くの人が思っているみたいですね。

 

そう考えると、この特徴に当てはまる人が一番厄介かもしれません。

 

まず離婚はしてくれないと考えた方が良いでしょう。

 

Sponsored Link

 

不倫していても離婚しないのは理由があった!

 

不倫していて奥さんと別れて欲しいと懇願しても、なかなか離婚してくれない…それには男性が考える理由があったのです。

 

どれも不誠実な内容ですが、この理由を聞いてしまうと不倫を続けるかどうか少し悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

 

主に4つの離婚しない理由を見ていきましょう。

 

そもそも最初から遊び目的だったため

 

そもそも不倫自体を最初から火遊び程度にしか考えられておらず、結婚生活をそのまま続けた上で不倫をしたい人はまず離婚することはありません。

 

不倫はあくまで自分のストレスや欲求を満たすためのものであり、そこに延長した結婚生活を夢見ることはないからです。

 

不倫相手の女性からしてみれば辛い話ではありますが、このように軽く考えている男性も多いので気をつけなければなりませんね。

 

子供のためを思うと離婚できない

 

結婚して子どもがいる人の場合は、奥さんより子どものためを思うと離婚したくてもできない場合が多いです。

 

というのも子どもと離れたくないという心理的なものもありますが、最大の理由は子どもがいて離婚すると養育費を子どもが大人になるまで支払い続けなくてはならないからです。

 

これはものすごい額になるので、やはり金銭的なことを考えても子どもがいる場合は離婚に応じてくれないことが多いでしょう。

 

なんだかんだで奥さんと離れたくない

 

不倫をしてはいても、なんだかんだで奥さんのことも好きだった場合には離婚を渋る理由になります。

 

不倫相手とも奥さんとも関係を切りたくない!そんな二兎を追っている人は…両方逃してしまう結果になることが多いのです。

 

どっちつかずの状態で不倫相手に愛想をつかされ、さらに奥さんにもバレて最終的に離婚することになるパターンがほとんど。

 

このような優柔不断な状態での不倫は、タチが悪いですよね。

 

世間体を気にしている

 

不倫をして離婚となると、やはり世間的には冷たい目線を浴びることになります。

 

また会社などでは人物としての評価も下がってしまい、出世に響くことも…!

 

男性は夫婦や家族仲が良くて、家庭円満なイメージを維持したいものなのです。

 

それを不倫によって壊されるのはリスクが大きすぎるため、あまり好んでは離婚という選択肢を選ぶことはないでしょう。

 

Sponsored Link

 

不倫していても離婚してもらえない場合はどうしたらいい?

 

不倫しているのに離婚をしてもらえない場合は、一体どのような行動を起こせば良いのでしょうか?

 

この場合は関係を解消するか気にせず続けるか、結論はどちらかひとつになります。

 

そこは彼を信じるのか、見限るのか…判断が委ねられますので冷静に考えていきましょう。

 

きっぱり別れる

 

離婚してもらえないのなら今の状態から変化はなく未来もないので、早いうちに関係を解消してきっぱり別れるのが今後のことを考えても一番良いと思います。

 

ただきっぱり別れると口で言うのは簡単ですが、なかなか気持ちの整理をするのが難しいこともあるでしょう。

 

気の許せる友人などに相談してみて、本当にこの選択で良いのか客観的な意見をもらえると良いかもしれませんね。

 

距離を置く

 

別れるか付き合い続けるかイマイチ決めかねる時には、一度距離を置いてみるのが良いと思います。

 

距離を置いている間に冷静に考えてみて不倫はやめようと決意したら関係を解消して、相手への気持ちが強い場合には付き合い続けるのも自己責任です。

 

しかし不倫は自分達だけの問題ではなく、相手の家族も巻き込んでいることを認識しておこなう必要があります。

 

気にせず付き合う

 

離婚してくれなくても仕方ない、ただ側にいられれば良いと開き直れるタイプならば気にせず付き合うのも良いでしょう。

 

しかしこの場合は奧さんから慰謝料を請求されても文句は言えませんし、誰かを不幸にしていることは間違いありません。

 

それでも構わないと言える強い精神力と経済力があるならば、不倫を続けるのは自己責任なので仕方ないでしょう。

 

ただ、万が一修羅場になった時の想定はしておいた方がいいかもしれませんね…。

 

 

以上です!不倫していても離婚しない男に振り回されている人に向けて、離婚すると言ってしない男の特徴を詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

不倫していても離婚しない男は、とにかく自分勝手で相手のことはあまり考えていないことが多いです。

 

家族のことが大事だったりただの遊びだったり理由はたくさんありますが、やはり自分の都合の良い様にしているだけなのですね。

 

付き合いを解消するか続けるかは自由なのですが、確実に誰かを不幸にしていることを自覚して冷静な判断をして欲しいなと思います。

 

基本的に不倫していても離婚しない男は、ロクな人がいないということですね!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: