neta-life【ネターライフ】

中学生が好きな人と付き合う方法!両想いになるにはどうしたらいい?

読了までの目安時間:約 11分

 

中学生になると漠然とした「好き」という感情から、実際に付き合いたいという現実的な考えに変わってきますよね。

 

好きな人と付き合う方法を探したり、両想いになるために友達と協力し合ったり…恋バナにも花が咲く時期です。

 

しかし中学生というと人気のある男子は割と限られているので、競争率が高いという特徴があります。

 

そのため付き合うにも、たくさんの努力や工夫を凝らさないといけないんですね。

 

そこで今回は中学生が好きな人と付き合う方法として、両想いになるにはどうしたらいいのかを詳しくご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

中学生が好きな人と付き合うための3ステップ

 

中学生が好きな人と付き合うためには、主に3つのステップを踏んで着実に進む必要があります。

 

ひとつ目のステップのみでも付き合うことはできますが、その後も付き合いを続けるとなると厳しいのです。

 

中学生は付き合う人も対象に選ばれる人も少ないので、ずっと努力をし続けないといけないシビアな世界なのですね。

 

では中学生が好きな人と付き合うための3つのステップを見ていきましょう。

 

相手と仲良くなる

 

まずは相手と仲良くなることが大前提ですよね?

 

仲良くなって相手のことを知らないと、なかなか付き合うまで関係が発展しません。

 

中学生では同じクラスでもなかなか話さない人が多くなってくるので、好きな人ができたら積極的に絡むようにしましょう。

 

相手と仲良くなればなるほど、自分が好きだという想いをアピールできるので有利になります。

 

中学生ではひとりの人を複数人が狙っているということは珍しくないので、少しでも目立てるように自分の存在をアピールしておきたいですね。

 

相手にとって魅力のある人になる

 

中学生が付き合ってからは、いかに相手にとって魅力のある人になるかがポイントになります。

 

少しでも魅力を感じなくなると、中学生では他の人に目移りしてしまうケースが多いので好きという気持ちが急下降してしまうのですね。

 

そうならないためにも、相手の好みのタイプでい続けられるように努力をしていく必要があります。

 

他のライバルに負けない

 

中学生の恋愛事情は意外とシビアで、他のライバルがたくさんいるという状態が多いのです。

 

気を抜いているとあっという間に他の人に出し抜かれて…というケースも珍しくはないんですね。

 

そのため他のライバルに負けないように輝き続けることが、中学生が長く付き合うのに必要となってきます。

 

他のライバルよりも可愛くいよう、人に優しくしようなど相手がいつまでも付き合っていたいと感じる人になれる努力をしましょう。

 

Sponsored Link

 

中学生が好きな人と付き合える主なイベント

 

中学生は毎日学校で好きな人と会うことができるので、一見いつでも付き合うチャンスはあるんじゃないの?と思われがちです。

 

しかし意外と日常の中では時間だけが過ぎていってしまって、告白をする雰囲気でもないのが現状なんですよね。

 

そこで中学生が好きな人と付き合える主なイベントを挙げてみましたので、見ていきましょう。

 

バレンタイン

 

日本における恋愛イベントの中で、中学生でも気軽に楽しめるのがバレンタインです。

 

クリスマスとなると、なかなか自由な時間が取れない中学生にとってはハードルが高くなるもの。

 

しかしバレンタインなら学校にチョコを持っていけば良いだけなので、校則などで禁止されていなければ付き合うきっかけになるのではないでしょうか?

 

バレンタインは一般的に女子から男子へ告白するイメージが強いですが、逆に男子から告白してしまっても全く問題はありません。

 

お互いの気持ちを改めて伝えるのには、最適なイベントですよね!

 

ホワイトデー

 

バレンタインに付き合うチャンスを逃してしまった人は、1ヶ月後のホワイトデーで挽回すると良いでしょう。

 

ホワイトデーはバレンタインとは逆で男子から女子に告白するイメージですが、もちろんこの日もバレンタインと同じくどちらから告白してもオッケーです。

 

バレンタインにチョコを渡せなかった人もチョコをもらえなかった人も、ホワイトデーに賭けましょう!

 

夏休み

 

夏休みは学校自体はありませんが、夏祭りなど学校外でのイベントが充実しています。

 

また夏休みは日が沈む時間もゆっくりなので、割と遅くまで遊んでいられるのも中学生にとっては嬉しいポイントですよね。

 

普段から学校で仲良くしている相手に限られてしまいますが、ぜひ夏休みは普段の学校での姿と違う一面を見せられたら良いですね!

 

ただシチュエーション的にあまりに開放的になり過ぎるのも逆効果なので、そこだけは気をつけていきましょう。

 

文化祭

 

学校でのイベントの中でも、文化祭を特に楽しみにしている人が多いのではないでしょうか?

 

みんなでひとつのものを作り上げたり、協力しているうちに良い感じになるカップルも多いです。

 

中学生は高校生に比べて文化祭を生徒だけで作り上げることはできないので多少の制約はありますが、それでも放課後に話すチャンスが増えるので嬉しいですよね。

 

ぜひ文化祭を機に距離感を一気に縮めちゃいましょう!

 

冬休み

 

夏休みほどの開放感はありませんが、冬休みもクリスマスやお正月など学校外のイベントが多いので普段仲が良い場合には距離を縮めやすくなっています。

 

ただ冬休みは3年生の場合受験シーズン真っ只中なので、あまり恋愛にうつつを抜かしているわけにはいきません。

 

1年生や2年生のうちは、冬休みも付き合うためのチャンスに代えて楽しむと良いでしょう。

 

Sponsored Link

 

中学生が両想いになるにはどうしたらいいの?

 

中学生同士が両想いになるには、相手に好かれることはもちろんですが自分のためにも頑張らなければならないポイントがたくさんあります。

 

好きな人からずっと好きでいてもらうため、そして他のライバルたちに出し抜かれないようにするために努力すべきことがあるのです。

 

それが普段から意識していきたいこととして

 

・同性からも好かれる人になる

・勉強や運動を頑張る

・部活や委員会など積極的に参加する

 

といったことが挙げられます。

 

これらは両想いになるために自分の魅力をアップさせる行動ですが、今後のためにもとても大切になることなので是非実践していきましょう。

 

好きな人と両想いになれて、さらに成績もアップ!周囲からの評判も良くなれるなんて嬉しいこと尽くしですよね!

 

同性から好かれている人は大概異性にもモテる傾向にあるので、普段から男女分け隔てなく接するようにしたりサッパリしたキャラを貫ぬくようにしましょう。

 

そのまま部活や委員会で活かせば、活躍できること間違いなしです。

 

学内で活躍していると目立ってきて、好きな人からも目に留まりやすくなります。

 

遠回りかもしれませんが、自分を下げることなく魅力を上げ続けて付き合えるのでプラスになることばかりなんです。

 

好きな人のためなら頑張れる!という意気込みで取り組みたいですね。

 

まとめ

中学生が好きな人と付き合う方法として、両想いになるにはどうしたらいいのかを詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

中学生は好きな人が他のライバルと被る確率が高く、なかなかシビアだということがわかりました。

 

そんな中でやはり親しくなるには学校内外のイベントを活用する、そして自分磨きを怠らないことがとても重要なのですね。

 

両想いになるためにも他の人と差をつけて、誰からも好かれるように努力をした者が無事に付き合うことができるというわけです。

 

何事にも全力で取り組んでいる人は輝いて見えるので、中学生の時期はどんどん新しいことにチャレンジしたり今やっていることを極めていくのが良いでしょう。

 

ますます磨きをかけて、好きな人とずっと一緒にいられると良いですね!

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: