仮面夫婦が修復するきっかけ!離婚を防ぐ方法!

188212

結婚当時は周囲があきれるほどアツアツだったのに、いつのまにか隙間風が吹くように。

一緒にいても一切口をきかず、寝室はもちろん別。

でも、子どもの前では最低限の会話をこなしている。

そんな、仮面夫婦になっている人はいませんか?

仮面夫婦は離婚危機!とも言われています。

もしかしたら、うちも仮面夫婦かも?と思っている人は意外と多いです。

今回は仮面夫婦の特徴と修復するにはどうすれば良いのかを見ていきましょう。

Sponsored Link

仮面夫婦はお互いに関心がない?

仮面夫婦の大きな特徴として「顔を合わせるとイライラしてしまうので、極力合わせないようにしている」ことが挙げられます。

イライラすることが無駄と考えている人が多いようです。

仮面夫婦の大きな特徴をいくつかご紹介します。

・相手に対して興味・関心がない
・お互いが空気になっている
・面倒なことをしたくない
・必要最低限の会話で過ごしている
・恋愛は外で楽しむものと割り切っている
・離婚によって社会的地位が下がるおそれがある
・不満はあるが離婚すると経済難になってしまう

こういったもの主な特徴になります。

仮面夫婦かも?と思っている方は当てはまっている方もいるのではないでしょうか?

元々、夫婦は血の繋がっていない他人です。

育った環境が異なり、別の考えを互いに持つ人間です。

「自分がわかっていることは相手もわかっている」という考えが大きくなればなるほど、仮面夫婦になりやすいとも言われています。

相手に期待しすぎるあまり「~してくれなかった」「あの時大変だったのに」と不満が募り、心が離れてしまうのです。

なんだか悲しいですね(´・ω・`)

両方が仮面をかぶっている場合、外では仲良しさんを演じています。

「あそこの夫婦はとても仲が良い」という印象を周囲には与えているのですが、家に帰って周囲の目がなくなれば笑顔もなくなります。

お互い、世間体を気にしている、見栄っ張りな性格だと演技に磨きがかかるようです。

家に帰ればお互い知らない人のようにふるまっているケースも存在します。

また、片方が仮面をかぶっている場合、いくらもう片方の人が修復を持ちかけても何も変わりません。

仮面をかぶっている人は自分にしか興味がないためです。

一種の独身時代気分に浸っている人が多いのではないでしょうか?

「あのころが一番よかった」と、強く過去にとらわれていると自分にしか関心がいかなくなってしまうのです。

お互い仮面夫婦なのに、不仲を他人に知られたくないという理由で離婚を選択しない夫婦もいます。

また、子どもが理由になっていることケースもありますね。

ですので、仮面夫婦=別居というのは成り立ちません。

もちろん、別居している夫婦もいますが、お互いが仮面夫婦の場合だと特に別居もせずに同じ家で過ごしていることが多いです。

仮面夫婦には、1日でなってしまうわけではありません。

毎日の生活の積み重ねで築き上げれらるのです。

Sponsored Link

仮面夫婦になったらもう修復できないの?

そんな毎日の積み重ねで起こってしまった、仮面夫婦。

修復は可能なのでしょうか?

仮面夫婦だと自覚している人なら修復は可能です。

しかし、自分たちが仮面夫婦だと気付いている人は3割程度といわれています。

夫婦両方が気づいているのはその半分も満たない数字です。

まずは仮面夫婦だと自覚することが先決といえるでしょう。

仮面夫婦の特徴を知ると自覚できます。

「自分は違う!」ではなく、改善するために認める行為も必要です。

相手に求めすぎない

なんでもかんでも相手のせいにする癖がついていませんか?

やってくれて当たり前、ミスなんてありえない。

そんな気持ちが大きくなると感謝の気持ちは薄らぎます。

「ありがたい」という感情が薄れると相手に対して不満ばかり感じてしまいます。

不満を募らせるのは仮面夫婦への入口。

自分がしてるから相手もして当たり前という考えを捨て、相手の価値観を尊重させることが先決です。

相手が変わる確率より、自分が変わる確率の方が断然高いです。

自分の価値観を押し殺せということではありません。

自分の価値観、相手の価値観を話し合う時間を設け、お互い別の人間であることを再確認してみましょう。

そこで、コミュニケーションもとれるはずです。

Sponsored Link

相手に寄り添う

「自分を鏡だと思え」という言葉を聞いたことはありませんか?

笑顔になれば相手も笑顔を返してくれる。

イライラすれば相手もイライラする。

このように自分を鏡だと思ってみると新鮮な気持ちで相手に寄り添えます。

お互い納得するまで話し合うという方法もありですが、ヒートアップして話し合いができない状態になることは少なくありません。

まずはどちらかが冷静になる必要があります。

相手あっての自分だと自覚してみましょう。

子どもの気持ちを考えてみる

もし自分の両親が仮面夫婦だったらどう思いますか?

そういう環境で育ったらどんな気持ちになりますか?

家族は仲が良いものであると子どもは思っています。

理想の家族とは仲の良い温かいものと学んでいる子どもは多いです。

ですので「うちの親は仮面夫婦なんだ」というのを必死に周囲へ隠そうとします。

隠すのに必死になり、友達を作るのが苦手になったり、勉強に集中できなかったりと、子どもに対して悪影響を与えてしまうのです。

幼少期から仮面夫婦を見ていると、その子どもも仮面夫婦になってしまうことも。

子どもの気持ちを考えて冷静に家族会議をする必要がありそうですね。

 

仮面夫婦を修復させる行為は1人で頑張るものではありません。

時には第3者を交えた話し合いも必要でしょう。

夫婦二人三脚で頑張っていくためにも、相手の気持ちを考えた修復方法を試してください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.