同棲の挨拶を親にする場合は?内容や服装を紹介!

159006

恋人同士の夢である結婚への一歩といえば、同棲ですよね。

今まではデートをしても「バイバイ」とそれぞれの家へ帰らねばなりませんでしたが、同棲をすれば「バイバイ」という言葉は使わなくなります。

わたしも同棲経験者ですが、本当にこのバイバイが無い生活って嬉しいし幸せなんですよね♪

でも、同棲というのは下手をするとダラダラと中途半端な関係を続けてしまう原因にもなるので気をつけなければなりません。

そこで同棲をするに当たって、必ず事前に彼氏、彼女両方の親御さんにきちんとご挨拶をする必要があります。

今回は、そんな同棲の挨拶をする場合の流れや内容、ふさわしい服装や手土産などを彼氏と彼女それぞれの親御さんに分けて説明していきたいと思います。

Sponsored Link

同棲の挨拶をする場合の流れや内容はどうする?

本格的に同棲をする前に、きちんと将来を見据えた関係なのかどうか、同棲の期間はどのくらいで結婚へ進むのか。

具体的にきちんとお互いの親御さんに話せるようにしておかなければなりませんね。

そこで同棲の挨拶の流れや内容を3つのステップに分けて説明していきたいと思います。

ステップ①自己紹介

それぞれの実家が近ければおそらく初対面ということは少ないでしょうから、その時は自己紹介は省いても大丈夫です。

しかし実家が遠方で初めて親御さんにお目にかかる場合は、まずはじめに自己紹介をきちんとしましょう。

例えば

「はじめまして、〇〇さんとお付き合いをさせていただいております△△と申します」

このようにハッキリ名乗るようにしましょう。

緊張するかもしれませんが、人は第一印象でその人の人間性を判断するものです。

しっかりとはじめの挨拶はおこなうようにしてくださいね。

ステップ②世間話

まずは、相手方の親御さんとの距離が近くなるように簡単な世間話をしてみてください。

例えば仕事の話でもいいですし、幼い頃の話などでも盛り上がると思います。

ここで好印象を持たれることで、次のステップで話す同棲の挨拶がうまくいきやすくなりますよ♪

夕飯に招かれての挨拶などということであれば、お酒が入って緊張を解きほぐしてくれることもあるでしょう。

ただ、飲み過ぎは厳禁です。

たしなむ程度に、リラックス出来るようにお酒の力を借りるくらいの気持ちで飲むことが大切ですよ!

ステップ③本題に入る

場の空気も和やかになってきたところで本題に入ってください。

ポイントは

・結婚を前提に同棲することを約束する

・具体的な入籍予定日を提言する

・期間限定の同棲だということを強調する

この3つが重要です。

入り方としては

「今日は、実はお願いがあってご挨拶に伺いました。〇〇さんと、結婚を前提に同棲したいと考えているのです。△月には籍を入れたいと思っています。それまでの期間、同棲することを許していただけませんか?」

彼氏は、このように切り出すと良いと思いますよ。

Sponsored Link

挨拶にふさわしい服装や手土産などはどうする?

仮に普段遊びに行き慣れているお互いの実家だったとしても、やはり同棲の挨拶ともなれば彼氏はTシャツにジーパンで行くわけにはいかないでしょう。

また彼女は露出の多い派手な服装で行くわけにはいきません。

きちんとTPOに合った服装を心がけることは、信頼感にもつながりますのできちんと大人としてわきまえなくてはいけません。

では彼女の親御さん、彼氏の親御さんそれぞれの挨拶の服装や手土産について順番に見ていきましょう。

彼女の実家に挨拶に行く場合

基本的に結婚の挨拶とはまた違いますので、がっちりスーツで決める必要はありません。

しかし、彼女の情報をきちんと集めた結果厳しそうな親御さんである場合は、やはり大人の正装であるスーツで臨んだ方が無難だと言えるでしょう。

多少堅苦しいと思われても悪い気持ちにはなりませんからね。

それだけ娘を大事に思ってくれて真面目な服装をしてくれているのかなと好印象を抱く可能性もあります。

親御さんが堅苦しいのがニガテ、ということであればせめて襟付きのきちんとしたポロシャツにスラックスのようなきちんとした服装を心がけましょう。

また手土産は、彼女のお父さんが好きなものを持っていくと良いと思います。

例えばお酒好きならお酒。

この時、好きな種類や銘柄もリサーチしておくと良いですね。

ちなみにわたしの場合は、父が大の甘いもの好きということもあり「〇〇のお店のロールケーキが食べたいなぁ」と呟いていたのを覚えていたので、それを彼に伝えて買ってきてもらいました。

手土産で渡したら、父の第一声が「あ!〇〇のロールケーキだ!」でした(笑)

子供かっ!って感じですが、かなりこれで印象アップだったみたいですよ!

ぜひ彼女からリサーチをお忘れなく!

Sponsored Link

彼氏の実家に挨拶に行く場合

彼氏の実家に挨拶に行く時の服装は、普段派手な服を好んで着ていてもしっかりおとなしめのお姉さんスタイルに変身したほうが良さそうです。

パステルカラーのカーディガンに膝丈の清楚なスカート、まさに清純派です。

髪の毛も、きちんと事前に美容院などで暗めのカラーリングに染め直してきちんとした印象を与えたほうが良いと思います。

爪は、ネイルをやっている人は嫌かもしれませんが短く切っておきましょう。

こうすることで、料理もする子なんだと思われて「息子もきちんとしたものを食べさせてもらえる」と考えてくださいます。

後、絶対裸足で家に上がるのは失礼になりますのでやめてくださいね。

ストッキングやタイツを着用しましょう。

そして気になる手土産ですが、彼女の実家に挨拶に行く時はお父さんの好みのものを持っていくようアドバイスしましたね。

しかし逆に彼氏の親御さんにご挨拶に行く時は、お母さんの好みのものを持っていくと良いでしょう。

わたしは、彼のお母さんが洋菓子は食べないけれど和菓子が好きだというのを聞いて、和菓子を手土産に持って行きました。

彼の親御さんにご挨拶に伺った時は、本当に歓迎されていろんな料理を振る舞ってくださいました。

結構そういうお母さんって多いと思うんです。

そのためにも、お腹は空かせて行くのがベストかもしれませんね!

同棲の挨拶、カップルにとっては改めて親に自分たちのことを話すということで緊張したり恥ずかしかったりするかもしれませんが、将来のことも絡む大事な挨拶になります。

ここは大人らしく、しっかり段階を踏んで同棲をスタートしてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください