同棲 理由

neta-life【ネターライフ】

同棲をする理由!メリットとデメリットは何?

読了までの目安時間:約 6分

416478

 

男女が付き合っている段階で、何かしら話が出るであろう同棲のこと。

 

確かに、お互いに好きな者同士いつでも一緒にいられる同棲はカップルの憧れでもあります。

 

でも同棲は人によって賛否両論あることで、もちろんデメリットなども存在するわけなのです。

 

そこで今回は、同棲は果たしてしたほうがいいのか?それともしないほうがいいのか?

メリットとデメリットを男女それぞれの目線からご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

同棲をしたほうがいい理由としないほうがいい理由!

同棲に関しては、人によって「絶対したほうがいいよ!」という人と「同棲なんて絶対やめたほうがいいよ!」という人と意見が真っ二つな割れるのが特徴ですよね。

 

でも同棲をおすすめする人は何故したほうがいいと考えるのか、また同棲をやめさせようとする人は何故しないほうがいいと考えるのか、それぞれ見ていきましょう。

 

同棲をしたほうがいい理由

わたしはどちらかというとこちらの意見に近いのですが…やはり闇雲に同棲するのではなく、きちんと段取りを考えてそれぞれの両親の承諾を得てから入籍日を決めて、それまでの間同棲するなら良いと思います。

 

友人で、いきなり結婚して共同生活を送ったら彼が家事などを全く手伝わない人だと知って、そのだらしなさに冷めて結婚して一年足らずで離婚した子がいました。

 

友人はその彼と10年近く付き合っていたのに、一緒に住んだ途端に100年の恋も冷めてしまったというわけなんです。

 

やはり相手の生活リズムや暮らしぶりなどに慣れる意味もあるので、結婚に向けての同棲はとても有意義だと思います。

 

同棲をしないほうがいい理由

おそらく同棲にネガティヴなイメージを持つ人は「結婚もしないでズルズルと付き合っている中途半端なカップルがするもの」と考えているのではないでしょうか。

 

例えば学生などで一人暮らしを始めて程なくしてできた彼と成り行きで同棲してしまったとか、交際期間と同棲期間が長すぎて、まだ結婚もしていないのに長年連れ添った夫婦のような状態になっているなどの場合は、やはり誰もが「うーん」と首をかしげてしまいますよね。

 

お互いに将来を見据えていない状態での同棲は危険だというのは、とってもよくわかります。

 

また同棲が長くなると、お互いにどうしても力が抜けてしまってだらしなくなったり、相手を思いやれなくなってしまうことが多々あります。

 

こうなってしまうと、かつて相手に抱いていた恋人としての魅力が失われて「好き」という気持ちよりも「情」で付き合っている状態となってしまうのです。

 

これが続くと残念ながら同棲解消、破局という流れに乗ってしまうので、いつまでも自分を磨くことは怠らないようにしておきたいですね!

 

Sponsored Link

 

同棲のメリット、デメリットを男女別にご紹介!

 

それでは同棲のメリットやデメリットを、男性サイドと女性サイドそれぞれからの視点でご紹介したいと思います。

 

男性の場合

●メリット

やはり好きな相手と一緒にいられることが第一ですよね。

 

でも、それと同時に男性にとって同棲は結婚とは違い法律で縛られていないので責任を持たなくても良いというダークサイドからのメリットもあります。

 

もちろん、同棲の後すぐ結婚する段取りが決まっていれば問題ないですけどね♪

 

 

●デメリット

男性の方が顕著なのですが、独りになれる時間があまり持てないことが多く挙げられています。

 

特にワンルームでの同棲は、男性にとっては逃げ場がないので結構辛いみたいですね。

 

また家事などは分担しなければならないとなると、今まで実家暮らしだった場合などは辛く感じることもあるかもしれません。

 

女性の場合

●メリット

やはり大好きな相手と一緒にいられてデートでもバイバイしなくていいというところですね。

特に夜に彼と一緒に同じ場所に帰ることができるというのは、とても心強いと思います。

 

 

●デメリット

家事全般がどうしても女性に重心が傾いてしまうことです。

 

後はスッピンを晒さなければならないことも最初は結構ハードル高いんですよね。

 

実際わたしは同棲してしばらくは、彼が寝てからメイクを落として彼よりも早く起きてメイクしてました(笑)

 

 

いろいろご紹介してきましたが、やはり同棲というのは夢もいっぱいですが危険も隣り合わせだということがわかりましたね!

 

やはり同棲は、きちんとした段取りをつけてから始めるのが一番だと思います。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: