告白して振られた女性がやるべきこと!連絡するとチャンスになる?

111595

片思いの果て思い切って勇気を出して告白をしたら振られてしまった。

そんな苦い経験をする女性は少なくありません。

そして、そんな女性は大体その期間に個人差はあれど、振られた彼のことを引きずります。

私の周囲の女友達においては、ほとんどの女性が次に好きな人ができるまではずっと振られた彼のことを引きずっているようです。

そして引きずっている期間にしつこく連絡をして、また振られているなんていうこともよくあるように見えます。

しかし、ここで朗報です。

実は連絡の仕方次第では逆転勝利も有り得ることがわかりました。

ここではどのような連絡方法が恋愛成就の近道かお伝えしていきます。

Sponsored Link

王道ですが、押してダメなら一旦引くべし

告白して振られてしまったら本当に悲しいですよね。

そんなに悲しいほど、大好きだったのだと彼にその思いを伝えたくなるほどつらかったりします。

しばらくは憎まれ口を彼に伝えてしまうのも悪くはありません。

「どうしてわたしじゃだめなの?」といった感じのメールだとか、LINEをやってすっきりするならやってしまいましょう。

ただし、気が済んだらもう完全に連絡を絶ってください。

そして、ここからが本当のスタートだということを肝に銘じます。

絶対に連絡することは我慢して一定期間置くこと。

少なくとも三か月。理想は半年。

ここで我慢できなかったらまた玉砕決定と思ってください。

この半年という期間を置くことで気持ちがお互いに冷却されます。

そして人間ですから、ある程度のことは忘れてしまいます。

半年前にどんな終わり方をしたのか、どんなところが嫌で振ったのか、なんとなくぼやっとしてくるのです。

そのぼやっとさせるのが狙いです。

彼のあなたとの思い出は半年の間に悪い思い出から、なんだかぼんやりした思い出に代わるのです。

Sponsored Link

忘れたころにまた押しまくるべし

そうして冷却期間を置いたなら、また行動開始です。

「久しぶり!」と明るく連絡をしてみます。

タイミングと状況が合えば、これだけで前よりいい関係が築けることもあります。

例えば、彼が失恋したタイミングだったとか、さみしくて彼女が欲しいタイミングだったという場合に成功しやすいようです。

しかし、これだけでうまくいくことはあまり多くありません。

「久しぶり!」と連絡したところで反応が悪かった、あるいは無視された、なんていうこともあるかもしれません。

それでもだめなら一旦連絡をやめましょう

161948

もしも上記手段でだめならつらいですがもう一度、冷却期間を置いてください。

この冷却期間は半年以上、一年以内くらいを考えてください。

ここで完全に彼の中から消えてしまうイメージです。

この目的は彼に与えた良くない印象を払拭すること。

ですからなるべく長めの期間を開けましょう。

といっても、三年なんて期間を置いてしまうと完全に出会い直すくらいになってしまうのでおすすめできません。

逆に出会い直す勢いが欲しい場合にはお試しください。

Sponsored Link

偶然を装い久しぶりの連絡をすべし

さて、いよいよ本腰を入れていきますよ。

一年ほどの期間をおいて、最初の連絡は偶然を装うのです。

一番自然なのは「LINE等で送信先を間違えてしまった偶然」です。

かつて、メールで連絡を取り合っていた時代はこの「装い偶然」の技は実は出回りすぎて、相手に思惑がバレてしまうことが多かったんですよね。

しかし、LINEなどでの連絡手段が増えた今、自然を装うことは不可能ではないはず。

少し手間がかかりますが、LINEに新たに登録をし直すのです。

登録し直したことによって、友人の登録をし直す手間が生まれますね。

ここがポイントです。

どの友人も新たに登録し直すついでに、彼の分も登録したと見せかけて「LINEアカウント変えました!」という内容のみんなに送っている風のお知らせを彼にも自然に送ってしまえるのです。

あたかも偶然を装って、うっかり送ってしまった感じで。

送ったら今度は多少の無理はあっても友達ノリでトークをしましょう。

しばらく連絡をとっていなかった期間に向こうもあなたとの関係性を忘れかけている可能性があります。

それを利用して、あたかも二人は仲の良い友達だった感を演出するのです。

そうすることによって、彼があなたを警戒しなくなります。

ただし、あからさまな態度は禁物です。

うまくやりましょう。女は女優です。

好きな人ができたかも、と言うべし

そうして友達として仲が良い感じが自然になってきたら、ある日、偽の恋の相談を持ち掛けてください。

「突然なんだけどね、わたし、好きな人ができたんだ」

こう、彼に投げかけてみるのです。

彼はほんの少しだけ違和感を覚えるはずです。

「この子、俺の事好きだったんだよな」ということを少し思い出すようになります。

その思いを利用して、少しずつ、恋の相談を具体化していきましょう。

ここでのポイントは向こうから言い寄られている感が若干強いのを演出することです。

そうすることで、あなたが他の男のものになりそうな感じが急に彼の嫉妬心に火をつける可能性があるというわけです。

そうして忘れてはならないのが、最後の言葉です。

「でも、やっぱり〇〇君のほうが好きかも」

彼の嫉妬心を引き出せたな、と思ったところでこの思わせぶりなセリフを告げることによって、彼はいよいよあなたのことを追いかける側に変わります。

恋愛ってどっちが舵をとるかがすごく大事

上記のように二年近くかけて振られた恋を成就させるべく努力しているうちに、彼が振り向き始めていることに気づきます。

振られたばかりの頃は想像もできなかった展開です。

女性って振られた弱みから、なぜか下手に出てしまいドツボにハマることが多いんです。

でも男性って図に乗る生き物なので、下手に出ていてはどんどん成就への道が遠のくだけです。

少し無理のある展開かなと思っても、逆転勝利のために演出しなければならないことがあることを覚えておいてください。

立場が逆転したことによって、あっという間にこの恋の舵はあなたが握っていることに気づくはず。

いつの間にか告白される側になっていた、なんていうこともあるのです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください