好きじゃないのに結婚

neta-life【ネターライフ】

好きじゃないのに結婚!妥協した結婚は幸せになれる?

読了までの目安時間:約 7分

 

019271

 

結婚は二番目に好きな人とするのが幸せだ、という話を聞いたことがありますか?

 

恋愛体質の人からすれば、それはとても考えられないことかもしれません。

 

ところが世の中には、二番目どころか好きじゃない人と結婚をする道を選ぶ人も多くいます。

 

理由は経済的な事情や家庭の事情など様々です。ちなみに、昔は恋愛結婚のほうが珍しかったそうですよ。

 

しかし、現代社会は恋愛結婚がほとんどです。

 

それでも、いろいろな理由から、妥協した結婚をせざるを得ない人もいるのが現実です。

 

ここでは、一番好きな人ではない相手との結婚や、あまり好きではない相手との結婚でも、幸せになれるかどうかについて考えてみたいと思います。

 

Sponsored Link

 

女は愛される方が幸せって本当?

結婚相手のことを自分はそんなに好きじゃなくても、相手は自分のことをとても愛してくれているケースというのがあります。

 

いわゆる、二番目(あるいはそれ以降)の相手との結婚がこれに当たります。この結婚は、究極の選択を余儀なくされた結果のことが多いようです。

 

この結婚の直前に大恋愛の末に失恋をしたという過去を持つ女性が多いのです。

 

どういうことかと言いますと、結婚をする前に本当に大好きな相手とお付き合いをしていたか片思いをしていて、その相手がなかなかひどい男性で、いつも泣かされ苦しんでいた女性。

 

そんな女性のことをいつも見守っていてくれる男性がいました。

 

その人こそが結婚相手です。

 

その男性は、外見はもしかしたら好みではなかったかもしれません。

 

優しさだけが取り柄のような人で、男性としての魅力には欠けているかもしれません。

 

苦しい恋に傷ついていた女性は、いつも自分のことを気にかけてくれるその男性の方が、幸せにしてくれるのではないか、といつの頃からか思うようになります。

 

彼氏にひどい振られ方をしたりしたら、その男性の方を頼ってしまうでしょう。

 

そうして選んだ相手は、もともとタイプの人ではないのですが、自分の弱さなども含めて愛してくれる安心感が大きく、このことに幸せを感じて結婚生活を送り続けることは可能だと言えるでしょう。

 

Sponsored Link

 

他に好きな人がいる状況では不幸になるかも

しかしながら、二番目の男性と結婚して幸せになれないケースもあります。

 

それは、他に一番好きな相手が現在進行形でいる場合です。

 

そういう場合は、結婚生活をしていく上で問題が起こるたびに、その人を思い出してしまい、夫と比較してしまい、大きなトラブルへとつながってしまう恐れがあります。

 

二番目の相手と結婚をする場合は、気持ちの整理や過去の恋の清算をきちんとしてからでないと、かなり危険な選択となってしまいそうです。

 

後悔しない選択をすることが何より大事

019085

結婚は人生最大の決断と言えます。

 

そんな決断を下すのですから、この相手で本当にいいのだろうかとか、一番好きな相手ではない人なのに、妥協して結婚していいのだろうかという不安は誰にでも生まれるものでしょう。

 

その不安は、ゼロにはできないかもしれませんが、できる限り取り除く必要はあるでしょう。

 

結婚生活において、後悔の感情というのは、時に信じられないほどのトラブルの引き金となることがあることを覚えておいて損はないです。

 

では、後悔しない選択はどうすればできるのでしょうか。

 

それは、目の前のことや相手から逃げないことです。

 

例えばすごく好きな人がいたとして、その人に思いを告げずに諦めて二番目の人と結婚したら、それは後悔が残ります。

 

ですが、きちんと告白をして玉砕して思い切り傷ついてから二番目の人と結婚したらどうでしょうか。

 

それは逃げずに前を向いて生きて行こうとした選択と言えますから、後悔にはつながらないはずです。

 

こうして二番目の相手と結婚した場合は、幸せになれる可能性が高いでしょう。

 

Sponsored Link

 

長い目で見れば、結婚は恋愛とは別物になり得る

さて、ここまでは恋愛感情中心に述べてきましたが、結婚生活って実は長い目で見ると、恋愛とは別のものに変化するってご存知ですか?

 

自分の両親や親せきなどを見ていても、長続きしているご夫婦にはなんらかの共通点があるように見えます。

 

それは、お互いに友人関係のような、あるいは仲の良い兄妹のような雰囲気を持っているということです。

 

もちろん、中にはいつまでもラブラブな夫婦もいて、それはそれですごく素敵なのですが、友人関係や兄妹のような夫婦というのは、長い時間をかけて、お互いに一緒に生きていく人生のパートナーとしての意識が強くなった結果、そういう雰囲気が自然と染み出てきたのかもしれません。

 

基本的に恋愛感情は三年で消滅すると言われます。

 

その後に残る物、信頼関係や尊敬の念といったものが、長い結婚生活を豊かにする上では最も大切になってくるのではないでしょうか。

 

そういう意味において、恋愛感情がない相手や二番目に好きな相手と結婚しても、恋愛以外の感情を大切にして絆を強くすることで、もしかしたら恋愛結婚をした人以上に幸せになれるかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: